マルチメディアカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マルチメディアカード(Multi Media Card)とは、メモリーカードの規格である[1]。MMCと略される。

概要[編集]

マルチメディアカード

サンディスクシーメンスインフィニオン・テクノロジーズ)が共同開発し、1997年11月に発表した規格[2]が元となって1998年10月に設立されたMultiMediaCard Associationが規格の開発維持を行っている。

サイズは 32mm×24mm×1.4mm、重さは2g未満である。 インタフェースは7ピン・シリアルで、クロックは最大20Mbps、書き込み速度は最大2MB/s程である。 SPIモードがあり、低速で良ければSPIバスでの複数デバイスの接続を簡単にできる。

記憶容量は当初の4MBから順次増加し、最大4GB(2005年)までのメディアが存在する。 高速化した HS-MMC(52MB/s, 13ピン)やミニサイズの RS(Reduced Size)-MMC(24x18x1.4mm)、さらに小型のMMC Micro、コンテンツ保護機能があるSecureMMC(UDAC-MB方式)などのバリエーションがある。

このように高速化が進んだ結果、端子数の少ない高速インタフェースとしてSIMカードの高速化や、超小型ハードディスクドライブ用にATAコマンドへ対応し低消費電力インタフェースとしてなど、応用範囲が広がりつつある。

SDメモリーカードとはカードのサイズ・読み書きの方法で後方互換があるため、SDメモリーカードを使用している機器でもマルチメディアカードも利用できることが多い。

日本国外では携帯電話シェアトップのノキアがRS-MMCを外部メディアとして採用していたために需要も大きかったが、近年ではそのノキアもMicroSDカードにシフトしている。日本では、もともとマイナーだったことに加え上位互換性のあるSDメモリーカードの急速な普及によりほとんど見かけなくなり、過去の規格と見られていた。

2004年12月に発売されたノキア製携帯電話Vodafone 702NK (Nokia 6630)のヒットにより同端末に採用されているRS-MMCの取り扱いを始めるメーカーやショップが現れるなど、一時注目を集めた。加えて、FreeBSDではSDメモリーカードの特許問題を回避するためSDメモリーカードを「マルチメディアカードの例外的な実装」として認識し「SDメモリーカードではない」と主張、実装が進められている。またMMC microというさらに小型のカードも発売され、また新たにカシオキヤノンデジタルカメラにMMCplusも対応している。

各MMC規格メモリーカードの比較
MMC HS-MMC MMCplus RS-MMC DV RS-MMC MMCmobile MMCmicro
24mm 24mm 24mm 24mm 24mm 24mm 12mm
長さ 32mm 32mm 32mm 18mm 18mm 18mm 14mm
厚み 1.4mm 1.4mm 1.4mm 1.4mm 1.4mm 1.4mm 1.1mm
体積 1,075.2mm³ 1,075.2mm³ 1,075.2mm³ 604.8mm³ 604.8mm³ 604.8mm³ 184.8mm³
動作電圧 2.7V~3.6V 2.7V~3.6V 1.65V~1.95V
2.7V~3.6V
2.7V~3.6V 1.65V~1.95V
2.7V~3.6V
1.65V~1.95V
2.7V~3.6V
1.65V~1.95V
2.7V~3.6V
端子数 7ピン 13ピン 13ピン 7ピン 7ピン 13ピン 10ピン
バス幅 1ビット 1・4・8ビット 1・4・8ビット 1ビット 1ビット 1・4・8ビット 1・4ビット
クロック 20Mbps 20・26・52Mbps 20・26・52Mbps 20Mbps 20・26Mbps 20・26・52Mbps 20・26・52Mbps
速度 2.5MB/s 52MB/s 52MB/s 2.5MB/s 3.25MB/s 52MB/s 26MB/s

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ コンテンツ記録用メモリカードに関する技術動向調査 (PDF)”. 特許庁技術調査課. 2014年3月8日閲覧。
  2. ^ 1997 Wescon”. IEEE (1997年). 2014年3月7日閲覧。

外部リンク[編集]