DATA01

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DATA01
キャリア au
製造 日立製作所
発売年 2010年6月29日
概要
通信方式 3.9G: +WiMAX
(モバイルWiMAX)
(IEEE 802.16e-2005)
(2.5GHz)
3.5GCDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xEV-DO Rev.A)
(800MHz/新800MHz/2GHz)
通信速度 下り/上り(モバイルWiMAX):40Mbps/10Mbps
下り/上り
(CDMA 1X WIN):3.1Mbps/1.8Mbps
形状 USBドングル型
サイズ 82 × 28 × 12.3 mm
質量 約32 g
対応OS Windows 7
Windows Vista(Service Pack 1以降)
Windows XP(Professional Service Pack 2以降)(Home Edition Service Pack 2以降)
Mac OS X 10.5(32bit)/10.6(32bit)
備考 Windows 8に非対応[1]
メインディスプレイ
無線LAN
メインカメラ
画素数・方式 {{{メインカメラ画素数・方式}}}
機能 {{{メインカメラ機能}}}
サブカメラ
画素数・方式 {{{サブカメラ画素数・方式}}}
機能 {{{サブカメラ機能}}}
カラーバリエーション
 
シルバー
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

DATA01 (でーた ぜろいち)は、日立製作所によって開発された、auブランドを展開するKDDI、および沖縄セルラー電話によるUSBドングル型としては初の第3.9世代移動通信システムモバイルWiMAXおよびCDMA 1X WINのデュアルモード通信に対応したデータ通信端末である。

概要[編集]

DATA02のUSBドングルモデルに当たる。製造型番はHID01(えいちあいでぃー ぜろいち)。

当時、日立ブランドの端末はカシオ日立モバイルコミュニケーションズ(現・NECカシオ モバイルコミュニケーションズ)製として発売されているが、データ端末については日立本体が製造元となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]