CDMA2000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

CDMA2000(しーでぃーえむえーにせん)は、Wideband cdmaOneとも呼ばれるFDD-CDMA技術を応用した第3世代移動通信システムの通信方式の一つ。

概要[編集]

ITUIMT-2000規格では、IMT-MC(Multi Carrier)と呼ばれる。米クアルコムが開発し、主に、日本北米南米韓国中国香港などで採用されている。

技術[編集]

cdmaOneの設備に最小限の改修を行うことでサービス開始が可能であり、cdmaOne端末電話機)の使用も可能である。ANSI-41を基地局制御や端末の位置登録に使用する。

基地局間の同期・搬送波間のガードバンドが共に必要である。Walsh code(128)をチャネル間分離に使用し、拡散符号M系列のLong PNとshort PNとを組み合わせて使用する。電力制御は上下とも800回/秒である。チップレートは1.25MHz帯域で1.2288Mcpsで複数搬送波を使用する。音声符号化方式は、EVRC, SMV, VMR-WBを使用する。規格上は、1.25MHzのバンドを3本使うCDMA2000 3xも存在するが、現時点でCDMA2000 3xのサービスは、行われていない。

収容数[編集]

1xの場合は以下のとおりである。

59加入/キャリア(理論)
25加入/キャリア(実際)

周波数帯[編集]

使用される周波数帯には3GPP2によって、16のバンドクラス(Band Class)が規定されている。

3GPP2の仕様書にて規定されているCDMA2000の周波数は以下の通り。なお、Band Class中、上りと下りの周波数が重複している場合は、Subclassレベルで上下の周波数が分離される形で対応している。

バンド
クラス
(BC)
上り
(MHz)
下り
(MHz)
間隔
(MHz)
帯域幅
(MHz)
地域・オペレータ
0[1] 800 815-849 860-894 45 34×2 KDDI/沖縄セルラー電話(新800MHz帯[2]
セルラーバンド(US)
1 PCS1900 1850-1910 1930-1990 80 60×2 PCSバンド(US)
2 TACS800 872~915 917~960 45 43×2
3 JTACS800 887-925 832-870 -55 38×2 KDDI/沖縄セルラー電話(旧800MHz帯)
※現在は使用を終了
4 1800 1750~1780 1840~1870 90 30×2 韓・LGテレコム
5[3] 450 452.5-483.475 462.5-493.475 10 30.975×2
6 2100 1920~1980 2110~2170 190 60×2 KDDI/沖縄セルラー電話(2GHz帯
7 700 776-794 746-764 -30 18×2
8 1800 1710-1785 1805-1880 95 75×2
9 900 880-915 925-960 45 35×2
10[4] 800 806-901 851-940 45 95×2
(上りのみ)+1
11[5] 400 411.675-483.475 421.675-493.475 10 71.8×2
12[6] 800 870-876 915-921 45 6×2
13 2500 2500-2570 2620-2690 120 70×2
14 PCS1900-2nd 1850-1915 1930-1995 80 65×2
15 AWS1721 1710-1755 2110-2155 400 45×2

なお、subclass(SC)レベルの帯域については次のとおり。

バンドクラス(BC)-
subclass(SC)
上り
(MHz)
下り
(MHz)
間隔
(MHz)
帯域幅
(MHz)
地域・オペレータ
0-0 800 824~846 869~891 45 22×2 セルラーバンド(US)
0-1 800 824~849 869~894 45 25×2
0-2 800 825~830 870~875 45 5×2 KDDI/沖縄セルラー電話(新800MHz帯)
0-3 800 815~830 860~875 45 15×2 [2]
5-0 10 ×2
5-1 10 ×2
5-2 10 ×2
5-3 10 ×2
5-4 10 ×2
5-5 10 ×2
5-6 10 ×2
5-7 10 ×2
5-8 10 ×2
5-9 10 ×2
5-10 10 ×2
10-0 45 ×2
10-1 45 ×2
10-2 45 ×2
10-3 45 ×2
10-4 45 ×2
11-0 10 ×2
11-1 10 ×2
11-2 10 ×2
11-3 10 ×2
11-4 10 ×2
11-5 10 ×2
11-6 10 ×2
11-7 10 ×2
11-8 10 ×2
11-9 10 ×2
11-10 10 ×2
12-0 45 ×2
12-1 45 ×2
12-2 45 ×2

日本の状況[編集]

オペレータ毎の利用バンド
オペレータ バンドクラス(枝番はsubclass)
0-0 0-1 0-2 0-3 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
KDDI/沖縄セルラー電話 [2]

日本では、2002年4月1日よりKDDIおよび沖縄セルラー電話auブランドがCDMA2000 1xのサービス[7]を開始した(Band Class3)。2003年には2GHz帯(Band Class6)、2006年には新800MHz帯(Band Class0 Subclass2)でのサービスが開始された。

なお、Band Class3は、第2世代移動通信システム向けの周波数帯(いわゆる旧800MHz帯、転用を前提に3GPP2によって策定)を転用したものであったため、2012年7月22日を以って停波した。

現在は第3世代移動通信システム用に割り当てられた、Band Class6(2GHz帯)とBand Class0 Subclass2(新800MHz帯上下各5MHz幅分)で展開している。ちなみに、新800MHz帯のうち再編後に新たに使える帯域(上下各10MHz幅分)と1.5GHz帯、2GHz帯の一部、および新規割り当てが認められた700MHz帯はLTEで利用するとしている。

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ subclassが、0~3あり。
  2. ^ a b c KDDI/OCT連合は、このうちsubclass2の帯域を使用。800MHz帯再編後は、subclass3に拡張されたが、残りの10MHz幅分はLTEでの利用を予定。
  3. ^ subclassが、0~10あり。
  4. ^ subclassが、0~4あり。
  5. ^ subclassが、0~10あり。
  6. ^ subclassが、0~2あり。
  7. ^ ちなみにサービス開始当初は「CDMA2000 1x」ではなく、これまで通り「cdmaOne」の名称をそのまま使用していた。