SoftBank 003Z

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソフトバンクモバイル Libero 003Z
Gthumb.svg
画像募集中
キャリア ソフトバンクモバイル
製造 ZTE(中興通訊)
発売日 2010年12月24日
概要
OS Android 2.2
CPU Qualcomm MSM7227-1 600MHz
音声通信方式 SoftBank 3GW-CDMA
GSM
(900/2100MHz(W-CDMA)
900/1800/1900MHz(GSM))
データ通信方式 HSDPA
GPRS
EDGE
IEEE 802.11b/g(Wi-Fi)
形状 ストレート・タッチパネル
サイズ 57×114×12.5
質量 115 g
連続通話時間 W-CDMA網:約390分
GSM網:約370分
連続待受時間 W-CDMA網:約420時間
GSM網:約310時間
充電時間 約180分
外部メモリ microSDHC 16GBまで対応
日本語入力 iWnn Ver 2.0
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth あり
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 WVGA
(800×480ドット
サイズ 3.5インチ
表示色数 65,536色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 500万画素CMOS
機能 オートフォーカス

QRコード認識

サブカメラ
なし
カラーバリエーション
チタンブラック
ホワイト
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

Libero SoftBank 003Z(リベロ SoftBank ぜろぜろさんズィー)はZTE(中興通訊)が開発しソフトバンクモバイルが販売するW-CDMA及びGSM通信方式に対応するAndroidOSに搭載したスマートフォン2010年12月24日発売。

概要[編集]

  • ZTE初のAndroidスマートフォンである。
  • 海外で販売されているZTE Bladeの日本向けローカライズモデルだが、液晶が有機ELからTFTに変更されているなど海外向けのモデルとはスペックが異なっている部分もある。
  • 重さは115gで、2010年-2011年冬春モデルで発表されたソフトバンクのスマートフォンの中では最軽量である。
  • 日・英・中三ヶ国語対応。

歴史[編集]

  • 2010年11月4日 - ソフトバンクモバイルより発表。
  • 2010年12月24日 - 発売。
  • 2011年3月6日 - ホワイト発売。
  • 2011年12月3日 - WX01NXとの抱き合わせ販売の形で、WILLCOM CORE 3G契約で利用する形により、ウィルコムより発売開始(ただし、003Zがブラックの場合、WX01NXのカラーはダークブルー・ディープピンクのいずれか、003Zがホワイトの場合、WX01NXのカラーはライトブルー・ホワイト・ライトピンクのいずれかの組み合わせとなる)。オンラインショップから購入の場合、WX350Kとの抱き合わせ販売(こちらは、いずれもブラックの組み合わせかいずれもホワイトの組み合わせかを選択する形となり、これ以外の組み合わせは不可)も同日より開始。

対応サービス・機能[編集]

  • Android 2.2搭載
    • ただし、Flash Player 10.1についてはCPUがARMv6アーキテクチャ採用のものであるため非対応。
主な対応サービス
S!一斉トーク S!ともだち状況 Twitter
S!ループ S!タウン S!速報ニュース
PCサイトダイレクト 電子コミック S!アプリ
着うたフル着うた デコレメール(受信のみ) S!電話帳バックアップ
S!FeliCa ミュージックプレイヤー GPS
コンテンツおすすめメール TVコール 世界対応ケータイ
ワンセグ 3G ハイスピード
(下り最大7.2Mbps)
S!おなじみ操作

関連項目[編集]

参照[編集]


外部リンク[編集]