パンテック&キュリテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パンテック&キュリテルPantech & Curitel)は、韓国携帯電話専業メーカー。韓国ではサムスン電子LGエレクトロニクスとならぶ3大携帯電話メーカー[1]であり、韓国内でのシェアはLGエレクトロニクスと第2位の座を争う(2011年シェアはパンテック2位、LG3位)。

世界の携帯電話メーカーの中では第7位のシェアを持ち、「Pantech」のブランドで世界各地にCDMAcdmaOne1x EV-DOを含むCDMA2000HSDPAを含むW-CDMA)、GSM形式の携帯電話端末を供給している。

日本での知名度はあまり高くないが、2005年からは日本市場に参入し、KDDI沖縄セルラー電話連合(以下、各au)に携帯電話端末を供給しているものの、2012年11月発売のVEGA PTL21を最後に、暫く供給されていない状態が続いている。韓国紙の日本向けニュースサイトなどでは韓国語の発音から「ペンテック」とも表記されていた事があったが、日本法人のパンテック・ワイヤレス・ジャパン株式会社Pantech Wireless Japan Inc.)は表記に「パンテック」を採用している。当初より「キュリテル」という名称は一切使用しておらず、パンテックPantech Co.,LTD)が正式社名、および正式名称となる。

沿革[編集]

主にモトローラ等に海外向け携帯端末のOEM供給をおこなう。
小が大を呑む合併と評される[1]。これにより韓国市場に本格参入を果たす。
同年冬、日本市場に参入。
  • 2006年12月 - パンテックグループの資金難が表面化し、債権団の管理下に入る。
  • 2011年12月 - ワークアウト終了。債権団の管理下より外れる。
  • 2014年3月 - 2014年7月の期間で2度目の銀行などが構成する債権団が主導する企業再建プログラムのワークアウトを適用される。
  • 2014年8月 - 3度目のワークアウト入り。
  • 2014年8月12日 - 法廷管理手続き開始の申し立てを決定[2][3]。2014年1-3月期(第1四半期)時点の負債総額は9907億ウォン(約985億円)と、資産の2倍近くに上っていた[2]
  • 2014年8月20日 - ソウル地裁がパンテックの再建手続きを開始[4]

概要[編集]

買収したメーカーのブランドを生かしたセグメント化をおこなっている。

  • Pantech - OEM時代のパンテック社の流れをくむ海外向け端末。
  • Curitel - 旧・現代キュリテルのブランド名。主として韓国内向けの端末。ちなみにCuritelとはMaria Curie(キュリー夫人)とtelecommunicationからの造語。
  • SKY - 旧・SKテレテックのブランド名。主として韓国内向けの端末。ちなみにSKYとはSKテレテック時代の親会社、SKテレコムとKYOCERA(京セラ)にちなむ。

日本で発表および発売された機種[編集]

2014年現在、日本で発表および発売されたパンテックの機種は以下の通り。全てau向けである。


後発の1X WIN対応機を除きVIAテレコム社製の廉価なCDMAベースバンドチップと、ルネサス テクノロジ製のSH-MobileVを使った適度なアプリケーションを売りにしており、特に2モデル目となったA1406PTは簡単ケータイの位置づけで同社のベストセラー商品となっていた。3モデル目のA1407PTは前述のA1406PTをベースに背面に骨伝導スピーカーを搭載しているのが特徴であり、簡単ケータイシリーズの1モデルとして、幅広いユーザー向けに販売された。

auの端末としての位置づけについては、auの端末を供給しているメーカーの、同社の項を参照。

脚注[編集]

外部リンク[編集]