A1405PT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
au A1405PT
A1405PT(スカイグレー)
A1405PT(スカイグレー)
キャリア au
製造 パンテック&キュリテル
発売日 2005年12月9日
概要
OS REX OS
CPU ARM7+VSH7300
音声通信方式 CDMA 1X(CDMA2000 1xMC)
(800MHz)
形状 折りたたみ型
サイズ 93 × 47 × 20 mm
質量 98 g
連続通話時間 150分
連続待受時間 240時間
外部メモリ 非対応
日本語入力 ATOK for au+AI推測変換APOT
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
備考 原産国:韓国の旗 韓国
メインディスプレイ
方式 透過型TFT液晶ディスプレイ
解像度 QVGA
(240×320ドット
サイズ 2.0インチ
表示色数 65535色
サブディスプレイ
方式 パッシブ方式有機ELディスプレイ
解像度 180×18ドット
サイズ 1.57インチ
表示色数 モノクロ
メインカメラ
画素数・方式 33万画素画素CMOS
機能 単焦点、光量補助用白色発光ダイオード、10段階4倍デジタルズーム
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
スカイグレー
(Sky Gray)
シルキーピンク
(Silky Pink)
ロイヤルブルー
(Royal Blue)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

A1405PT(えーいちよんまるごーぴーてぃー)は、パンテック&キュリテルが開発し、KDDIおよび沖縄セルラー電話auブランドで発売した携帯電話である。

概要[編集]

韓・パンテック&キュリテルにとっては初めての日本市場向け携帯電話。

特徴[編集]

  • 2005年12月8日当時最小最軽量の3世代折りたたみ型携帯電話
  • 解像度はQCIF迄となるが自分で用意した携帯動画変換君を使ってエンコードしたXvidコーデックのファイルも再生可能
  • ベースバンドLSIとしてモデムに特化したVIAテクノロジーのチップを使用。そのためマルチメディア処理用にルネサス テクノロジSH-Mobileを採用している。
  • 3GPPコンテナに記録した128KBpsのステレオAACを再生可能
  • ジャストシステムATOKと連想変換のAPOTを搭載し、効率の高い変換が可能(関西弁対応)
  • ヤマハの音源LSIであるYMU765「MA-5」を搭載し、最大64音同時発声の高音質サラウンド、SMAFによる150KBまでのえせ着うたに対応
  • アンテナを内蔵し、突起のないデザインを実現
  • 非常ブザー機能搭載
  • Javaをベースとした専用ゲームアプリ(ブロック崩し)をプリセット
  • ASYNC通信に対応していた遺恨はあるがASYNC通信には対応しない

対応サービス[編集]

付属品・オプション[編集]

付属品[編集]

  • 卓上ホルダ - 1405PUA
  • 電池パック(3.7V 770mAh) - 1405UAA

オプション[編集]

  • 共通ACアダプタ01 - 0202PQA
  • 共通DCアダプタ01 - 0201PEA
  • USBケーブルC - C020HRA
  • 平型スイッチ付イヤホンマイク - 0201QLA
  • 平型ステレオイヤホンマイク - 0201QMA
  • auキャリングケースDグレー - 0103FCA

歴史[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]