キー配列

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キー配列(キーはいれつ、キーボード配列、鍵盤配列、キーボードレイアウト、: Keyboard layout)は、タイプライターテレタイプ端末鍵盤や、コンピュータキーボードの文字の並びである。

鍵盤の『鍵』の字が常用漢字外のためJIS用語集では「けん盤配列」(けんばんはいれつ)だが、当記事では通称の「キー配列」を使用する。

概要[編集]

キー配列は、キーボード上にどういう位置関係でキーを設置するかという「物理配列」と、設定された物理配列に対してどの文字(機能キーなどを含む)をどのような順序で配列するかという「論理配列」とに大別される。

論理配列は、アルファベットカナ共に様々なものが存在するが、英字ではQWERTY配列ドイツ語圏・チェコ語圏ではQWERTZ配列フランス語圏ではAZERTY (ASERTY) 配列、カナではJIS配列が一般的となっている。同様に、中国語における漢字入力(繁体字における倉頡法の配列など)、朝鮮語におけるハングル入力(2ボル式の配列が標準的)の配列があり、いずれもQWERTY配列である。そのためQWERTY配列は「キー配列のデファクトスタンダード」と呼ばれることがある。

QWERTY配列がどのように成立したかについて、「初期の機械式タイプライターでは、あまり高速に打鍵しすぎると印字ハンマーが絡まってしまうために、よく連続打鍵される文字をあえて左右の離れた位置に配置した」という説がオーガスト・ドヴォラックポール・アラン・デービッドなどによって流布されたが、異論もあり、現時[いつ?]点での定説はない[1]

物理配列では、主にコンピュータではApple IIなどの流れを汲むMacintoshや各社UNIX端末でのキー配列と、IBMPC/AT後期にメインフレーム端末の操作性を持ち込んだ101キーボード系に大別される。

101キーボード系の主なものには以下がある。

  • 101キーボード(主に米国圏用)
  • 102キーボード(多国語用とも呼ばれる、主に欧文圏用、101キーボードに文字キーを1キー追加)
  • 106キーボード(主に日本語向け、英字はQWERTY配列、カナはJIS配列、101キーボードに日本語変換用の5キーを追加)

上記にMicrosoft Windows用の3キーを追加したものは、それぞれ104キーボード、105キーボード、109キーボードとも呼ばれる。更に電源・音量などの3キーを追加したものは、それぞれ107キーボード、108キーボード、112キーボードとも呼ばれる。これらの101などの数字は本来はキートップの数であるが、実際は各メーカーにより数と配置は異なり、あくまでも基本的な配列に対する呼称である。このため、実際には104個や107個やそれ以上でも、現在でも「101キーボード」と呼ばれる場合は多い。

また、Windows用キーボードでSunやHPのUNIXのようなキー配列をエミュレートするためのWindows用ソフトウェアなどが知られている。

主な配列一覧[編集]

物理配列[編集]

PC用[編集]

PC用とはIBM PC系の配列である。上述のように、USでは101/104英語キーボード、ヨーロッパでは102/105多国語 (Multi Language) キーボード、日本では106/109日本語キーボードが主流である。ただし実際のキー数やキートップ上の表記は、メーカーやモデルや言語によって、14インチ以下のノートPCは通常テンキーがない、電源・音量・アプリケーション起動関係のキーなど多少の相違がある。

83キーボード[編集]
オリジナルのIBM PCの83キーボード

オリジナルのIBM PCおよびPC/XTで採用された[2]。後のATキーボードとの対比でXTキーボードとも呼ばれる。基本的な配列はIBM PC登場以前の各社配列と大差はないが、テンキーとカーソル移動キー等が兼用されており、NumLockキーで切り替えるのが大きな特徴である。

  • キーの内訳
    • メインキーテンキー一体化73キー(メインキー文字キー47キー、テンキー文字キー14キー、その他12キー)
    • ファンクションキー部分10キー
84キーボード[編集]

IBM PC/ATで採用されたため、ATキーボードとも呼ばれる。83 (XT) キーボードとの外見上の差異は「メインキー部とテンキー部が分割された」「SysReqキーが増えた」の2点。接続端子の形状と電気的な仕様は83 (XT) キーボードと同一だが、スキャンコードが変更されているため、(スキャンコードを切り替え可能な一部の製品を除いて)83 (XT) キーボードとの互換性はない。

  • キーの内訳
    • メインキー部分56キー(文字キー47キー、その他9キー)
    • テンキー部分18キー(文字キー14キー、その他4キー)
    • ファンクションキー部分10キー
101キーボード[編集]

「IBM 101拡張 (Enhanced) キーボード」。IBM PC/AT後期より採用され、同時にPC/XTにも発売された[3]。横一文字のEnterキーが特徴。以後のPC/AT互換機の主流となった。後述の104英語キーボード、102/105多国語キーボード、106/109日本語キーボードなどのベースでもある。

  • キーの内訳
    • メインキー部分58キー(文字キー47キー、その他11キー)
    • テンキー部分17キー(文字キー15キー、その他2キー)
    • ファンクションキー部分12キー
    • その他14キー
  • 備考
    • 修飾キー (Shift、Alt、Ctrl) を左右に設定。
    • IBM 3270IBM 5250など、メインフレームミッドレンジ端末の操作性を兼ねて以下が行われた。
      • ファンクションキーの追加。3270/5250の12/24キーと合わせ、10キーから12キーへ。
      • Escキーの位置ホームポジションから離れた場所に移動。3270/5250では存在しなかった。しかしPCの伝統的な多くのワープロソフトテキストエディタでは多用していたため、議論となった。
      • コントロールキーの位置をホームポジションから離れた場所に移動し、更に右下のコントロールキーにはメインフレームで入力完了後の伝送用の実行キーであるEnterキーの役割を兼ねた。3270/5250では離れた位置にあった。しかしPCでは伝統的にショートカットキーなどで多用していたため、議論となった。
      • SysRqScrLkPrtScなど、3270/5250で存在し使用されるキーの追加。
    • 現在の「101拡張 (Enhanced) キーボード」の「拡張」の語源は、以下の2説がある。
      • 「PC/AT前期の84キーボードに対して、101キーボードに拡張された」
      • 「PC/AT後期の101キーボードに対して、PS/2以降の101キーボードで一部スキャンコードが変更された」
    • 日本語入力に使用する場合、「半角/全角」キーの代用として「Alt」+「~(チルダ)」で対応する(OADGによる標準化)
102キーボード[編集]

多国語用に、101キーボードをベースにして101キーボードにおける左Shiftと「Z」の間にキーを1つ追加したもの。Enterキーは逆L字型。細部は各言語用で異なる。イギリス、カナダ、フランス、イタリアなどで用いられる。ただしこれら地域でも101キーボードで済ましてしまうことも多い。

  • キーの内訳
    • メインキー部分59キー(文字キー48キー、その他11キー)
    • テンキー部分17キー(文字キー15キー、その他2キー)
    • ファンクションキー部分12キー
    • その他14キー。
→ 各言語用のメインキー部分は Keyboard Layout (英語)を参照
104キーボード[編集]

101キーボードをベースに、Windowsキー2個とメニューキーを追加したもの。

104キーボード(ブラジルABNT)[編集]

ブラジル規格協会 (ABNT) ・NBR 10346 variant 2(メインキー部)および10347(テンキー部)で規格化されている、ブラジルポルトガル語用キーボードの配列。102キーボードをベースに、右シフトキーの左隣に“/”(シフト時は“?”)キーを追加し、さらにテンキーの“+”キーを上下に分割したことで2つキーが増えたもの。テンキーにコンマとピリオドがあるのが特徴。

テンキー部は“+”キーが上下に分割されて上が“+”、下が“.”となり、“0”の右隣のキーは“.”ではなく“,”(NumLock解除時は他キーボード同様“Del”)となっている。

“/”キーがなく、両シフトキー間のキー数が11(フルキーボードの総キー数が103)となる、NBR 10346 variant 1という規格も存在する。この配列の場合、“/”はAltGr+Q、“?”はAltGr+Wで入力する。

  • キーの内訳
    • メインキー部分59/60キー(文字キー48/49キー、その他11キー)
    • テンキー部分18キー(文字キー16キー、その他2キー)
    • ファンクションキー部分12キー
    • その他14キー
105キーボード[編集]

102キーボードをベースに、Windowsキー2個とメニューキーを追加したもの。

106キーボード[編集]

「日本語106キーボード」「OADG 106キーボード」などと呼ばれる。101キーボードをベースに、日本語入力(JIS配列)で必要な「変換」「無変換」「カタカナ/ひらがな」などのキーを追加したもの。Enterキーは逆L字型であり、正確には102キーボードがベースともいえる。日本IBMのPS/55シリーズ用に追加された5576-A01キーボードの配列が、OADGにも採用され、DOS/VおよびPC/AT互換機の普及とともに日本で事実上の標準となったもの。

  • キーの内訳
    • メインキー部分63キー(文字キー48キー、その他15キー)
    • テンキー部分17キー(文字キー15キー、その他2キー)
    • ファンクションキー部分12キー
    • その他14キー。

102キーボードと拡張された文字キーの数は同じだが、スキャンコードが違うためソフト的に配列を入れ替えても同じように入力することはできない。101キーボードに追加されたキーは「変換」「無変換」「カタカナ/ひらがな」「半角/全角」そして「゛(濁点に@とグレイヴ・アクセントを足したキー)」と推測される。

109キーボード[編集]

106キーボードをベースに、Windowsキー2個とメニューキーを追加したもの。現在はこれが主流。OADGで標準化されている[4]。右Windowsキーを省略した108キーも存在する。

その他[編集]

Macintosh用[編集]

Apple Keyboard(英語)参照

速記用ワープロ用[編集]

ステノワードキーボード[編集]

キヤノンのキヤノワードα370(1991年5月発売)で初めて採用された[5]。日本語入力のできる速記用ワープロ、スピードワープロ用に開発されたキーボード。

1991年10月16日に学校法人川口学園早稲田速記ワープロ事業部から「ステノワード」が発売される。システムの開発者は学校法人川口学園、早稲田速記ワープロ事業部門の柴田邦博。よく用いられる文句のパターンをコマンド入力したり、文章同士を組み合わせることで適切な文句を一括入力することも可能。

アルファベット[編集]

アルファベットの配列は、タイプライターの伝統もあり、国・言語によってきわめて多種多様である。また、入力の効率化のため特に工夫されたものも存在する。ここでは主なもののみを示す。

記号類[編集]

国内で簡単に手に入るキーボードでは、欧文記号類の配列は大きく分けて次の2種類に分類できる。アルファベット部分はどちらもQWERTY配列である。

  • タイプライターペアリング(タイプライタ配列、US配列、米国配列、英語配列)
  • ロジカルペアリング(テレタイプ配列、JIS配列、JP配列、日本語配列、英国168配列)
    • 現在[いつ?]、日本でもっとも普及している配列。シフトした「2」が「"」になるのはこのタイプ。
      Kl logical pairing.png
      Kl logical pairing shifted.png

ロジカルペアリングは、シフトキーによってASCIIコードの下位4ビットが変化しないという特徴があり、タイプライタペアリングを文字コード順に並べ直したような設計になっている。

なお、これは大きく分けた分類であり、実際にはそれぞれいくつかのバリエーションがある。

最近[いつ?]は、タイプライターペアリングは英文用ということでカナが配列されておらず、ロジカルペアリングにはカナもJIS配列されていることが多い(JISキーボード)。しかし、1990年代の初めぐらいまでに発売されていたMacintoshは、記号類がタイプライターペアリングでカナがJIS配列という折衷型が標準だった。古いUNIXワークステーションも記号類はタイプライターペアリングのものが多い。いずれも現在[いつ?]標準で売られているものは記号類もロジカルペアリングになっているが、当時からこれらの機種を使っていた人にはタイプライターペアリングのキーボードを好む人が多い。

なお、タイプライターペアリングのことを、ASCII配列と呼ぶことがある。これは、タイプライターペアリングを規定した最初の規格であるANSI X4.14-1971が、『American National Standard Alphanumeric Keyboard Arrangements Accommodating the Character Sets of ASCII and ASCSOCR』というタイトルだったからである。ただし、この規格を改訂したANSI X4.23-1982(のちにANSI X3.154-1988を経て、現ANSI INCITS 154-1988)のタイトルに「ASCII」は含まれていない。

  • タイプライターの配列(手動タイプライター、機械式タイプライター)
    • アンティークな英文タイプライターの配列。シフトした「2」が「"」になる。
      Kl typewriter layout.png
      Kl typewriter layout shifted.png

日本語入力用配列[編集]

カナ系[編集]

カナ系は、基本的に1打鍵で1つのカナを入力する方式。キーが足りない分はシフトで補う。

2打鍵系・行段系[編集]

2打鍵系は、いくつかに分類可能である。

  • 子音母音の2打鍵で1つのカナを入力する方式。→ローマ字型、ローマ字規則拡張型、左右分離型
  • 子音と母音ではなく、他の手がかりを持っている、もしくは手がかりが存在しない方式。→行段カナ系型(ポケベル入力など)、漢字直接入力

いずれの方式においても、常に二打鍵で入力することを保証しているわけではない。

ローマ字型
ローマ字型は、英語用の配列を用いてローマ字として入力する方式。QWERTY配列Dvorak配列など。
左右分離型
左右分離型は、子音と母音が右手と左手に分かれているものをいう。Dvorak配列も左右分離型に含まれる。ローマ字型に分類していないが、実質的にはローマ字入力がほとんどである。

テンキー[編集]

電卓型と電話型に大別される。なお、電卓型のキー配列は、1913年グスタフ・デイビッド・サンドストランドが発明した手動卓上計算機(アメリカ特許第1198487号)が起源であり、電話型のキー配列は、1960年リチャード・デイニンジャーが発表した論文[6]が基となっている。

電卓型では電卓で使用頻度の高い「0」や「1」を手前に配置したもので、これは国際標準化機構 (ISO) によって規格化された[7]。これに対して、電話型は初期のパルス式の電話においてキーの数字に対応した個数のパルスが割り振られ、「0」には10が割り振られたために左上から順に1から数字が並べられ、これは国際電気通信連合 (ITU) によって規格化された[7]

電卓型[編集]

Numpad calc.png

電話型[編集]

Numpad telephone.png

歴史的配列[編集]

  • JIS X 6001(印刷電信機のけん盤配列)
  • JIS B 9509カナローマ字タイプライタのケン盤配列1)
    • 大正時代に作られた、カタカナ横書きタイプライターからの流れを継ぐ配列。事務機器用にローマ字との混在規格が分裂したため、2種類にまとめる形で規格化された。1種類2個のシフトキーの一般的な英文タイプライターの活字を入れ替えた、カナとローマ字が使えるタイプライターの配列である。
      Kl jis b 9509 kana.png
      Kl jis b 9509 alphabet.png
  • カナタイプ 山下スチックネー 第2案(42キー)
    • 大正時代に山下芳太郎とバーナム・クース・スティックニーによって作られた、カタカナ横書きタイプライターの配列。1種類2個のシフトキーの一般的な英文タイプライターの活字を入れ替えたカナタイプ用の配列である。
      Kl stickney 42.png
      Kl stickney 42 shifted.png
  • カナタイプ 山下・スチックネー 第2案(30キー)
    • 大正時代に山下芳太郎とバーナム・クース・スティックニーによって作られた、カタカナ横書きタイプライターの配列。2種類4個のシフトキーの携帯英文タイプライターの活字を入れ替えた携帯カナタイプ用の配列である。
      Stickney 30.png
      Stickney 30 shifted 1.png
      Stickney 30 shifted 2.png
    • 両方に使われている小さな「」・「」は、歴史的仮名遣では母音を伸ばす長音の表記に「フ」・「ホ」と書かれていた、現代仮名遣いでは「ウ」・「オ」に書き換えられた表記を表すためのもので、カタカナ表記化への試行錯誤の歴史が窺える部分である。

キー配列と著作権[編集]

キー配列には、著作権が認められないという議論がある。

キー配列を切り替える方法[編集]

Linux[編集]

loadkeys us loadkeys jp106 など

FreeBSD[編集]

JIS 配列のキーボードをUS配列として使うには /etc/rc.conf に keymap="us.iso" を追記して再起動する。

さらに CtrlCaps を入れ替えるには /usr/share/syscons/keymaps中の 029 を 058 に 058 を 029 に 書き替えて、

  1. kbdcontrol -l us.iso

をrootで実行するか、もしくは再起動する。

NetBSD[編集]

/etc/rc.conf に wscons=YES を追加する。

/etc/wscons.conf に encoding jp.swapctrlcaps 等を記述することによってJISキーボード配列でControlとCapsLockを入れ替えることができる。

X Window System[編集]

setxkbmap jp setxkbmap us dvorak など。

Windows 2000/XP[編集]

以下のようにしてキー配列の追加・切り替えができる。

「コントロールパネル」→「地域と言語のオプション」→「言語」→「詳細」→「設定」

また、キー配列の切り替えは、言語バーから選択したり、Alt+Shiftを押すことによっても可能。

ただし、この場合は配列とともにIMEもセットで変わってしまう、例えば 101 配列上で MS-IME を使うということはできない。このような目的の場合はドライバを交換するしかない。

デバイスマネージャなどでキーボードのプロパティー >ドライバの更新(P)... > このデバイスの既知のドライバを表示して、その一覧から選択する(D) >このデバイスクラスのハードウェアを全て表示(A)

ここで適切なドライバを選ぶ。不適切なドライバを選ぶと操作できなくなる。またこのドライバはマウスのドライバも兼ねているので不適切なドライバを選ぶとマウスが使えなくなることもある。

フックをかけることで擬似的に切替えたり、切替えのできるドライバに交換することによって目的を達成しようとするものはいくつか存在する。

Macintosh[編集]

Mac OS 9までなら「キーボード配列」、Mac OS XではKeyboardLayoutsやKEXTで行う。システム環境設定の言語環境ペインを選び、入力メニュータブの一覧のチェックを入れる (Mac OS X)。言語環境ペインは入力メニューの一番下にある「“言語環境”を開く」からすぐにアクセスできる。配列は Tiger:同一覧にある「キーボードビューア」のチェックを入れる、Tiger以前:アプリケーションフォルダ以下、ユーティリティフォルダ内の「キーボード配列 (KeyCaps)」で確認できる。

また、上記の方法以外に、入力プログラムのローマ字ルールをカスタマイズすることでも疑似的に実現できる。

キー配列を切り替えるソフト[編集]

  • ZeniSynth 汎用キーカスタマイザ。Windows Vista,7に対応。設定ファイルをLuaで記述する。
  • AutoHotkey Remap機能を使用。
  • Xmodmap - X Window System用。

参考文献[編集]

  1. ^ 安岡孝一、安岡素子『キーボード配列 QWERTYの謎』、東京、NTT出版、2008年3月、ISBN 978-4-7571-4176-6
  2. ^ IBM Personal Computer - IBM PC/XTの鍵盤について
  3. ^ 101 Key no LED (1390120) - IBM PC/XTの鍵盤について101 Key (1390131) - IBM PC/XTの鍵盤について
  4. ^ OADG 109Aキーボード(テクニカルリファレンス抜粋)
  5. ^ 写真で見る速記(ステノワード)
  6. ^ R. L. Deininger: "Human Factors Engineering Studies of the Design and Use of Pushbutton Telephone Sets", The Bell System Technical Journal, Vol.39, No.4 (1960年7月), pp.995-1012.
  7. ^ a b 平川陽一編『今さら誰にも聞けない500の常識』廣済堂文庫 p.294 2003年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]