Nokia E71

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Nokia E71
Nokia E71 and Blackberry Curve.jpg
左:Nokia E71/右:BlackBerry Curve
製造 ノキア
発売日 2008年7月
概要
OS Symbian OS S60 3.1
CPU ARM11 369MHz
音声通信方式 3G:W-CDMA 2GGSM
(W-CDMA:2100MHz
GSM:850/900/1800/1900MHz
データ通信方式 HSDPA、 EDGE、GPRS
Wi-Fi (b/g)
形状 ストレート式
サイズ 114 × 57 × 10 mm
質量 127 g
連続通話時間 約270分(W-CDMA)
約630分(GSM)
連続待受時間 約480時間(W-CDMA)
約408時間(GSM)
内部メモリ Mobile DDR SDRAM 110MB
外部メモリ microSDHCメモリカード(8GBまで)
日本語入力 あり
FeliCa なし
赤外線通信機能 あり
Bluetooth Ver2.0
放送受信機能 FMラジオ
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 240×320ドット
サイズ 2.36インチ
表示色数 約1600万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約320万画素CMOS
機能 AF
サブカメラ
画素数・方式 約30万画素CMOS
カラーバリエーション
グレースティール
ホワイトスティール
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

Nokia E71(ノキア イー なないち)はノキアが開発した、第3世代携帯電話W-CDMA)方式のスマートフォンである。

概要[編集]

Nokia E61の後継モデル。ステンレスのストレート型ボディで、QWERTYキーボードを搭載する薄型コンパクトなスマートフォンである。2.8インチだったE61よりも小さな2.36インチの液晶画面を搭載し、小型化されている。AF対応約320万画素CMOSカメラが追加されている。

仕事用とプライベート用を場面に応じて切り替えられる「ライフモード」を搭載。スマートフォンであるが、絵文字入力、YouTube動画再生にも対応している。また、日本ではナビタイム、海外ではNokia Mapsによる地図案内が可能である。

GSMクワッドバンドにも対応しており、世界の幅広い地域で使用可能である。

日本での発売[編集]

ソフトバンクモバイル2008年10月30日に日本での発売を発表し、12月中旬以降に発売を、同じくNTTドコモも同年11月5日に日本での発売を発表し、翌2009年1月以降に発売を、それぞれ予定していたが、ノキアが日本市場から撤退を2008年11月27日に発表したのを受け、ドコモは12月1日に、ソフトバンクは12月5日に発売の中止を発表した。

歴史[編集]

日本語表記のE71[編集]

E71はNTTドコモ、ソフトバンクモバイルでの販売は中止となったが、イギリスドイツなどで日本語対応携帯のMVNO事業者であるa2network社のベリーモバイルでは、日本語表記のE71を取り扱っている。[1] ただし、実際にはE71に搭載のS60 3rd Edition,Feature Pack 1に対応した日本語表示プラグイン「+J for S60」(管理工学研究所)のOEM版がセットアップされているに過ぎない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


脚注[編集]

  1. ^ Nokia E71 日本語バージョン ベリーモバイル仕様