P601es

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NTTドコモ らくらくホン P601es
キャリア NTTドコモ
製造 松下通信工業
発売日 1999年10月27日
概要
音声通信方式 movaPDC
形状 フリップ式
サイズ 130 × 43 × 19 mm
質量 90 g
連続通話時間 約120分
連続待受時間 約330時間
外部メモリ なし
FeliCa なし
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
備考 SAR: 0.742 W/kg
メインディスプレイ
方式
解像度
サイズ
表示色数
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
なし
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
なし
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

らくらくホンは、松下通信工業(現パナソニック モバイルコミュニケーションズ)製のNTTドコモ第二世代携帯電話(mova)端末、mova P601es(ムーバ・ピー ろく まる いち・イー エス)のブランド名である。 らくらくホンシリーズ初の製品にしてパナソニック唯一のらくらくホン。型番末尾の eseasy style の略である。

形状はスライド型のフリップ式、P207にスライドフリップをつけたような構造で、カメラは搭載せず、iモードiアプリにも対応していない。 着信音も聞きやすく分かりやすい音を採用し、フリップに短縮ダイヤルボタンを設け3件まで素早くかけることが出来る。

歴史[編集]

関連項目[編集]