ラリー・エリソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラリー・エリソン
Larry Ellison(2009年10月)
生誕 ローレンス・ジョセフ・エリソン
1944年8月17日(69歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク マンハッタン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 オラクル創業者CEO
給料 100万ドル(2009年)[1]
純資産 増加430億ドル(2012年)[2]
配偶者 Adda Quinn(1967年-1974年)
Nancy Wheeler Jenkins(1977年-1978年)
Barbara Boothe(1983年-1986年)
Melanie Craft(2003年-)
子供 3人
公式サイト
Ellison at Oracle.com

ローレンス・ジョセフ・エリソンLawrence Joseph Ellison1944年8月17日 - )は、データベースソフトをはじめとする大手ビジネスソフトウェア企業オラクル・コーポレーション共同設立者であり、CEOである。3度の離婚歴を含む私生活や、幾多の訴訟や買収ビル・ゲイツとのライバル関係など、様々な話題に事欠かない。また、自宅を和風建築にするほどの親日家としても知られている[3][4][5][6]。近年では、中堅中小規模向けSaaS型ビジネスアプリケーション企業のNetSuite社設立メンバーの一人としても知られる。2010年現在の総資産は280億ドルで、世界で6番目の富豪である[2]フィランソロピー活動でも有名である。

経歴[編集]

ニューヨーク出身。アシュケナジム・ユダヤ人の母親のフローレンス・スペルマン(Florence Spellman)は出産当時未婚の19歳で、生後9ヶ月のラリーをシカゴに住む叔母リリアン・エリソンとその夫である義理の叔父ルイス・エリソンに養子として引き取ってもらった。ラリーは実の母の名も知らず育ったが、48歳の時に初めて対面した。

エリソンの育った2LDKのアパートシカゴの中の下クラスのユダヤ人の多い地区にあった。後にエリソンは、母は愛情深かったが、父は非常に厳しかったと語っている。なお、養父ルイス・エリソンはクリミア出身のロシア系ユダヤ人で、エリス島からアメリカ合衆国に入国したことからエリソンを名乗ったという。ルイスは普通の公務員としてシカゴで不動産を購入したが、世界恐慌の際にそれを失ってしまった。

高校時代は秀才だが、無愛想な生徒だった。イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校に二年生まで通っていたが、リリアンの死後まもなく退学。カリフォルニア州北部で夏を過ごした後、シカゴ大学で学ぶために実家に戻ったものの三ヶ月でまたも退学し、カリフォルニアへ移住。この頃、コンピュータに触れ始めている。

1970年代、エリソンはアンペックスで働いた。彼の関わったプロジェクトのひとつにCIA向けデータベース開発があり、彼はそれに「オラクル (Oracle)」と名づけた。

エリソンはエドガー・F・コッドリレーショナルデータベースシステムに関する論文 A Relational Model of Data for Large Shared Data Banks に触発され、1977年、自己資金1400ドルでオラクルを設立した。当初の名称は Software Development Laboratories (SDL) である。1979年Relational Software Inc.に改称し、主要製品Oracle Databaseを出荷後はOracleに改称した。彼はIBMSystem Rデータベースがコッドの理論に基づいたものであると聞き、Oracleもこれと互換性のある製品にしたかったのだが、IBMはエラーコードを秘密にすることによって互換製品が出てくるのを防いでいた。オラクルの最初の製品はOracle 2であり、Oracle 1は存在しない。このリリース番号は、それ以前のバージョンのバグが全て解決されていることを暗示しようとして付けられた。

2013年2月27日、エリソンが98%の土地を個人所有しているハワイ州ラナイ島下記当該記事参照)にも定期便を運航している航空会社アイランドエアーを買収したことが発表された[7]

収入[編集]

2005年、オラクルはエリソンに給料として97万5千ドル、ボーナスとして650万ドル、その他手当てとして95万5100ドルを支払った[8]。2009年のオラクルからの総収入は8450万1759ドルで、内訳は基本給100万ドル、ボーナス358万6813ドル、ストックオプション7842万1000ドルだった[9][10][11]

2009年8月22日、エリソンは2010年度の自身の基本給を1ドルにすると発表した[1]

2013現在、フォーブス誌の世界長者番付によれば、エリソンは世界第5位の富豪である。アメリカでは3位、その総資産はおよそ430億ドル[12]=約4兆850億円と見積もられている[2]

2000年の一時期には、エリソンが世界一の富豪だったこともある[13]。また2006年にはフォーブス誌がエリソンをカリフォルニアで一番の富豪にランク付けした[2]

私生活[編集]

エリソンは4度結婚している[14]。3度はいずれも離婚している。3人目の妻 Barbara Boothe との間には息子のデヴィッドと娘のミーガンをもうけ、どちらも映画プロデューサーとなった。

エリソンは2003年12月18日恋愛小説家メラニー・クラフトと結婚した。結婚式では友人のスティーブ・ジョブズがカメラマンを務めた[15]

ヨットレース[編集]

エリソンはオラクル・チームUSAのメインスポンサーである。オラクル社はこのチームに資金を提供しているわけではないが、ロゴとブランド名の使用を認めている。

まず2003年の第31回大会にOracle BMW Racingを結成して出場。アメリカスカップへの挑戦者を決定するルイヴィトンカップの決勝まで勝ち進んだが、ここで敗退した。続く2007年の第32回大会には BMW Oracle Racing(BMW からの出資が増えたため改称)を率いて挑戦したが、同じくルイヴィトンカップの準決勝で敗退した。

第33回アメリカスカップは色々と紆余曲折があったが、BMW Oracle Racing がカップ保持者に挑戦する形となり、BMW Oracle Racingが勝利した。

2013年の第34回大会では1勝8敗の崖っぷちから8連勝し、防衛に成功した。

自家用ジェット機[編集]

エリソンは航空機パイロットの免許を持っており、複数の航空機を所有している。エリソンは彼のジェット機の騒音について、何度かノーマン・Y・ミネタ・サンノゼ国際空港と口論になっている。サンノゼ当局は75,000ポンド(34トン)以上の重量の飛行機での深夜の離着陸を制限しており、エリソンは度々これに違反している。2000年1月、エリソンは空港の規則の解釈について訴えを起こした。

エリソンが所有するジェット機は、メーカーが7万5000ポンドと9万ポンドの2種類の重量での運行が可能としている(9万ポンドは長距離飛行のために燃料を多く積む場合)。しかし、サンノゼに着陸する際は7万5000ポンド未満の重量になっており、それはログを見ても明らかだと主張[16]。米連邦地裁判事ジェレミー・フォーゲルはこれについて2001年6月、エリソンのジェット機を適用免除としたが、空港の規則そのものは否定しなかった[17]

自宅[編集]

エリソンはカリフォルニア州ウッドサイド (Woodside) の2億ドルの土地に、人造湖と耐震補強された日本建築風の家を完成させた。2004年と2005年には、マリブ(Malibu)に12件以上の不動産を購入した(総額1億8000万ドル以上)。エリソンがマリブのCarbon Beachに5区画を跨いで建てた家(6500万ドル)は全米史上最も高価な個人宅だったが、後にロン・パールマンに抜かれている[18]。2010年、ロードアイランド州ニューポートの古い邸宅 Astor's Beechwood Mansion を1050万ドルで購入した。 2010年、京都府東山南禅寺の何有荘をクリスティーズの仲介で購入した(オークション開始価格80億円)。

2012年6月、エリソンは、キャッスル&クックが所有していたハワイラナイ島の土地をすべて金額未公開にて購入した。これにより、島の土地の98%はラリー・エリソンの持ち分となり、残る2%が国有地となる[19][20]。エリソンはこの島を持続可能な開発のモデルとして有機農場などとして開発し、作物を日本などに輸出する構想を持っている[21]

寄付[編集]

エリソンはオラクル株約10億ドル分を売却した件でインサイダー取引の疑いをかけられたが、疑惑については否定し、1億ドルを自身の設立した慈善団体に寄付した。判事はエリソンの裁判費用2400万ドルをオラクルが肩代わりすることを認めなかった。エリソンの弁護士は、もともとエリソンが裁判費用を支払う予定だったと主張したが、それは罪を認めたとも受け取れる。このとき、オラクル社はスタンフォード大学の教授2名を社外取締役に任命してインサイダー取引だったかどうかを調査させ、潔白だという調査結果を出させているが、エリソンはスタンフォード大学に寄付をしていた[22][23]

アメリカ同時多発テロ事件の際には、米連邦政府に全国的なIDデータベースのソフトウェアを寄付することを申し出た。これは様々な憶測を呼び、物議を醸した[24][25]

脚注[編集]

  1. ^ a b Oracle's Ellison to be paid salary of $1 in fiscal 2010
  2. ^ a b c d Larry Ellison topic page Forbes.com. Accessed April 2010.
  3. ^ オラクルの円柱 シリコンバレー見聞録(土屋直)
  4. ^ 日本を晴れ舞台に選んだOracle NC 後藤弘茂のWeekly海外ニュース
  5. ^ ちえの和WEBページ:コンピュータ偉人伝ラリー・エリソン
  6. ^ Sun社のCEO、辞職の俳句:ギークとhaikuの深い関係2010年3月22日閲覧
  7. ^ “ハワイで島購入の米オラクルCEO、今度は航空会社を買収”. ロイター. (2013年2月27日). http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE91R01N20130228?feedType=RSS&feedName=oddlyEnoughNews 2013年2月27日閲覧。 
  8. ^ Definitive Proxy Statement
  9. ^ 2008 CEO Compensation for Lawrence J. Ellison, Equilar
  10. ^ Here We Go Again: Oracle’s Ellison Gets More Options
  11. ^ 1
  12. ^ 1アメリカ合衆国ドル=95円として換算する
  13. ^ Gates loses title as world's richest man CNET News.com
  14. ^ IMDB bio
  15. ^ Larry Ellison's most important merger”. San Francisco Chronicle (2004年1月14日). 2009年10月29日閲覧。
  16. ^ SFGate.com:Ellison Sues Over Airport Rule On Noise at Night / He wants right to land his jet anytime, 2000-01-07, accessed 2010-03-11.
  17. ^ SFGate.com:Judge clears Ellison for landing at night / Curfew left intact at San Jose airport, 2001-06-16, accessed 2010-03-11.
  18. ^ Ron's $70 Million Sale
  19. ^ Lagos, Maria (2012年6月27日). “Larry Ellison Buys Lanai”. Maui Time. http://www.mauitime.com/Articles-News-i-2012-06-28-76830.113117-Larry-Ellison-Buys-Lanai-While-Kihei-Residents-Say-No-To-Outlet-Malls.html 
  20. ^ Taylor, Chris (2012年6月20日). “Larry Ellison Buys Sixth Largest Hawaiian Island”. Mashable. 2012年10月5日閲覧。
  21. ^ 「ラナイ島を持続可能性のモデルに」、米オラクルCEOが夢語る | 世界のこぼれ話 | Reuters 2012年 10月 5日 12:33 JST
  22. ^ In Re Oracle Corp. Derivative Litigation (824 A.2d 917 (2003))
  23. ^ 株主・経営者の利害対立局面における非業務執行役員(監査役など)の役割 大杉謙一(中央大学法科大学院教授)
  24. ^ The Oracle of National ID Cards”. Wired Magazine. 2010年7月17日閲覧。
  25. ^ Oracleのエリソン氏、NetSUiteのIPO収益を慈善事業へ ITmedia

参考文献[編集]

  • Leibovich, Mark. (October 30, 2000). "The Outsider, His Business and His Billions". Washington Post, p. A01.
  • Symonds, Matthew, 2003. Softwar: An Intimate Portrait of Larry Ellison and Oracle. Simon & Schuster. With commentary by Ellison. [1]
  • Anushree Dalwadi , 2007. Software:Research: (Central oracle support Engineer):(SIS)India.
  • The Difference Between God and Larry Ellison: Inside Oracle Corporation [2] and Symonds (2003).
  • Larry Ellison: Database Genius of Oracle. Craig Peters [3]
  • Everyone Else Must Fail. Karen Southwick [4]
  • The Oracle of Oracle. Florence M. Stone [5]
  • Larry Ellison, Sheer Nerve. Daniel Ehrenhaft. [6]

外部リンク[編集]

いずれも英文