恋愛小説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

恋愛小説れんあいしょうせつ)は、男女間もしくは同性間での恋愛を主題とした小説のこと。

古典的な恋愛小説としては、スタンダール作『赤と黒』、ジェーン・オースティン作『高慢と偏見』、エミリー・ブロンテ作『嵐が丘』、シャーロット・ブロンテ作『ジェイン・エア』、ゲーテ作『若きウェルテルの悩み』、ツルゲーネフ作『初恋』などが挙げられる。

純文学とみなされる作品も少なくないが、通俗的なものはロマンス小説 (romance novel) と称されることもある。ロマンス小説は、若者同士のどこにでもありそうな恋愛体験や事件をテーマにした小説であったり、純愛を強調した空想的なストーリーであったりすることも多い。ジュブナイルヤングアダルト向けの作品が多く、ありきたりなパターン、結末に終始することが多いため、ロマンス小説(または恋愛小説)といった場合、暗に安っぽいという揶揄を含んでいることがある。

そうした小説を、若い女性のひと夏の恋、海外体験、避暑地シンデレラ・ストーリーといったパターンにはめて、消費される文学として次々に生み出し、それを1つの出版のスタイルにまでしたものもある。ハーレクイン・ロマンといわれるものがそれで、カナダの出版社Harlequin Enterprises Limited(日本法人: 株式会社ハーレクイン)が発売した一連のペーパーバック本やその翻訳書が挙げられる。作家としては、バーバラ・カートランドなどがいる。また、それに類似する出版物をも含むことがある。

また、ジュブナイルの分野では、主に少女向けとして集英社コバルト文庫など、専門の文庫レーベルを刊行している出版社もある。オリジナル作品が多いが少女漫画アニメ小説化もあり、さらに文庫が漫画・アニメの原作となる場合もある。

関連項目[編集]