アイランドエアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイランドエアー
IATA
WP
ICAO
MKU
コールサイン
MOKU
設立日 1980年 (Princeville 航空として)
ハブ空港 ホノルル国際空港[1]
カフルイ空港
マイレージサービス Cloud 9
保有機材数 13機
就航地 8都市
親会社 Hawaii Island Air, Inc.
本拠地 ハワイ州ホノルル市
代表者 Les Murashige (COO
Leslie Kaneshiro (CFO

アイランドエアー(Hawaii Island Air, Inc.)は、アメリカ合衆国ハワイ州ホノルルを拠点とする航空会社[2][3]

概要[編集]

ハワイの島々の間でプロペラ機による旅客業務を行っている。コンチネンタル航空ハワイアン航空ユナイテッド航空との間でコードシェア便を運航し、共通のマイレージサービスを提供している。また、アロハ航空とも、同社が旅客路線運航を停止する2008年3月31日までマイレージサービス提携を行っていた。

1980年コロラド州の企業により創設、当初はプリンスヴィル航空という名称でDHC-6を8機を所有し、ホノルル国際空港とプリンスヴィル空港(カウアイ島)を結ぶ路線を運航していた。

1987年、アロハ航空グループに売却され、アロハ・アイランドエアーAloha IslandAirと名称変更。アロハ航空がボーイング737で運航できないコミューター路線を運航していた。1992年、アイランド・エアーIsland Airという名称を商標登録1995年には、連邦航空局の許認可を受け、DHC-8を導入。

2003年12月、Gavarnie Holding, LLCがアロハ航空グループからの同社の買収を発表、2004年5月11日に買収が完了、ハワイ州第3位の独立航空会社となり、社名がHawaii Island Air, Incとなった(航空会社名としてはアイランドエアーという呼称を継続)。

2009年現在、ホノルル国際空港リフエ空港(カウアイ島)、モロカイ空港モロカイ島)、ラナイ空港ラナイ島)、カフルイ空港カパルア空港(ともにマウイ島)、コナ国際空港ヒロ国際空港(ともにハワイ島)の8空港に就航している[4]

2013年2月27日、同社便も就航しているラナイ島の98%の土地を個人所有している、オラクルCEOラリー・エリソンが同社を買収したことが発表された[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Directory: World Airlines”. Flight International: p. 95. (2007年4月3日) 
  2. ^ "Contact Information." Island Air. Retrieved on May 20, 2009.
  3. ^ "Honolulu CDP, HI." U.S. Census Bureau. Retrieved on May 21, 2009.
  4. ^ Route Map”. Island Air. 2009年10月1日閲覧。
  5. ^ “ハワイで島購入の米オラクルCEO、今度は航空会社を買収”. ロイター. (2013年2月27日). http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE91R01N20130228?feedType=RSS&feedName=oddlyEnoughNews 2013年2月27日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]