アンペックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンペックス
Ampex Corporation
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
500 Broadway Redwood City, CA
設立 1944年
代表者

代表取締役社長兼CEO

ゴードン・ストリックランド
テンプレートを表示
アンペックス・ジャパン株式会社
Ampex Japan Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
143-0006
東京都大田区平和島6-1-1 TRC B棟1F
設立 1959年9月18日
代表者 代表取締役社長 柳生田一範
資本金 1億円
特記事項:設立当初の社名は、日本アンペックス株式会社
テンプレートを表示

アンペックス英語:Ampex)は、1944年に設立されたアメリカ合衆国のエレクトロニクス会社である。名前のAMPEXは頭文字で、その創設者であるAlexander M. Poniatoffの頭文字であるA.M.Pと、ExcellenceのExを組み合わせたもの。日本ではアムペックスという呼称も使われるが、日本語公式サイトを始めとするアンペックスが一般的である。1944年にカリフォルニア州サン・カルロスに設立された。

起源[編集]

アンペックス本社
Ampex Portable Tape Recorder
Ampex ATR-102 Tape Recorder

1947年に映画、ラジオの大スターだったビング・クロスビーがアンペックスの主要な投資家になった。当時社員はわずか6人。クロスビーは、会社がオーディオエンジニアのジャック・マリンによって開発されたプロトタイプのオープンリールテープレコーダーの商用版を生産することを希望する。マリンのテープレコーダーの原型は、クロスビーが第二次世界大戦終わりにアメリカ陸軍の通信隊にいる間にドイツで得た、改良型のドイツ式マグネトフォンレコーダーであった。

クロスビーは生放送をひどく嫌っており、1946年にNBCネットワークでのショーを録音して放送するよう頼んだがネットワーク側が音声品質の劣化を理由に拒絶、クロスビーはほぼ1年の間ショーの放送を断念したが、クロスビーは1947年6月にマリンのテープレコーダーのプロトタイプを聞いた時すぐに新技術の可能性を理解し、マリンに彼のラジオ番組のテスト録音を準備するよう依頼した。テストの成功放送後NBCはクロスビーのショーの録音許可に同意したので、アンペックス社が商用モデルをマリンのプロトタイプから開発できるように、クロスビーはすぐにマリンをチーフエンジニアに任命し、50,000ドルをアンペックスに投資した。

プロフェッショナル放送用機材[編集]

1956年2インチテープを使用するビデオテープレコーダー Ampex VRX-1000 を発表。同年CBCが実用化導入。1961年ヘリカルスキャン方式を開発。1963年にビデオの編集技術 EDITEC を発表。1976年に放送用の1インチビデオテープレコーダーを発表(当初独自規格、のちにソニーの規格と統合して公式化)、1981年にビデオ特殊効果装置ADO(Ampex Digital Optics)を発表。放送用ビデオ機材の大手メーカーでもあり、日本国内でもSONYと並んで多くのプロフェッショナルな映像編集スタジオに導入された実績がある。

テレビゲーム[編集]

同社は世界で初めてのテレビゲーム事業成功と関係が深い。と言っても世界初のテレビゲームを作ったのでもなく、世界初のテレビゲームに協力したのでもない。世界で初めてのテレビゲーム事業に成功したノーラン・ブッシュネル、そして仲間のテッド・ダブニー、ダニー・ブライアン、ブッシュネルの後輩アラン・アルコーンは皆アタリ社の前に同社で働いており、同社が機器研究・開発に使用していたデジタル機器が、ビデオゲーム技術にも役立ったのである。これらの詳細については「コンピュータースペース」や「アタリ (企業)」を参照。

日本での合弁[編集]

  • 1964年(昭和39年)、東芝との合弁で東芝アンペックス株式会社が設立され、VTR 機器等のライセンス生産を行っていた。しかし1982年(昭和57年)9月、業績不振を理由として解散全造船に加盟する労働組合分会は組合つぶしであると主張して争議となり、社会問題化する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]