Ansari X Prize

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
優勝賞金1,000万ドルの贈呈式(2004年11月6日)

Ansari X Prize(アンサリ・エックスプライズ)は、Xプライズ財団によって運営され、民間による最初の有人弾道宇宙飛行を競うコンテストの名称である。

2004年アメリカで開催され、規定の条件をクリアしたチームに賞金1,000万ドル(約10億5000万円)が与えられた。

X PRIZE Foundationは、月着陸船の開発を目指した「Lunar Lander Challenge」(賞金総額は200万ドル)、軌道エレベータ技術を競う「Space Elevator Games」といったコンテストを実施している。

概要[編集]

元々はエックスプライズ財団を率いるピーター・ディアマンディス会長が、同様の趣旨で1996年にX PRIZE(エックスプライズ)という名称で立ち上げたものだが、資産家のとアミール・アンサリとアニューシャ・アンサリがエックスプライズ基金に資金の提供を申し出た為、その名を冠してアンサリ・エックスプライズとなった。

世界中の各地から26チームが参加して行われたコンテストの結果は、2004年10月4日(米国時間)に規定の条件を最初にクリアして高度100kmの有人宇宙飛行に初成功したスペースシップワン (SpaceShipOne) が賞金の1,000万ドルを獲得した。⇒詳細はスペースシップワンの項目、および外部リンクを参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]