宇宙医学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

宇宙医学(うちゅういがく、英語:space medicine)とは宇宙空間宇宙飛行下の諸条件が人体に及ぼす影響を解明し、その適性、順応、保護などを研究する学問。生理学的、心理学的研究が行われる。ロケット打ち上げや降下の際の加速度放射線宇宙線)、強い光線、高・低温からの人体の保護、宇宙船内での酸素濃度や気圧の変化、無重力状態下の生活と人体への影響、生活周期の乱れや孤独感、不安感などの精神的負荷など、研究内容は多岐にわたる。スペースシャトル宇宙ステーション内での人為的活動を行なう際に、健康維持の方法を考察する。今後の宇宙開発の重要テーマでもある。

かつては、初期のクラーク作品に見られるように、宇宙の無重力空間に人間が進出したら重力に起因する様々な健康上の問題から解放され、長寿にもなるだろうという意見があったが、実際に有人ロケットが打ち上げられ、百日単位で宇宙に滞在する人間が出るようになると、様々な弊害が出ることが判明した。宇宙空間では重力がないため、重い体重を支える必要のない骨からカルシウムが溶け出したり(長期間生活すると止まるという説あり)、負荷がかからないため筋力が弱まって地上に降りると立つことも困難になるなどの現象が起きたのである。そのため、宇宙進出にあたっては、宇宙空間の特性に応じた医学が必要となった。

関連作品[編集]

  • マレイ・ラインスター「メド・シップシリーズ」 - ハヤカワ文庫SFから、「禁断の世界」「祖父たちの戦争」「惑星封鎖命令」の3冊が1984年-86年に刊行されている。

関連項目[編集]