スペースシップツー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スペースシップツー

SS2 and VMS Eve.jpg

スケールド・コンポジッツ モデル339 スペースシップツー (Model 339 SpaceShipTwo, SS2) は、開発中の宇宙旅行者向けの弾道飛行スペースプレーンである。スケールド・コンポジッツと、リチャード・ブランソンヴァージン・グループによるジョイントベンチャーであるスペースシップ・カンパニー英語版 により、Tier 1bプログラムの一部として開発されている。

宇宙航空会社のヴァージン・ギャラクティックは、民間宇宙飛行サービスを提供するために、この宇宙機を5機編成で運用する予定である[1]。同社は、20万米ドルで予約を受け付けている。同社が2013年8月に明らかにした情報によれば、625人が既に飛行を契約しているとのこと[2]。世界で最初の搭乗者100人はファウンダーと呼ばれ、日本人平松庚三稲波紀明ら3名である。ファウンダー以外では、山崎大地らが宇宙飛行を行う予定である。日本に於ける公式代理店はクラブツーリズムである。


設計[編集]

Trajectoire-White-Knight.png

世界初の民間宇宙船スペースシップワンは、ポール・アレンが出資し、スケールド・コンポジッツが実施したTier Oneプログラムの一部として開発された。スペースシップツーはその技術の一部を基に作られている。スペースシップ・カンパニーはポール・アレンのモハーヴェ・エアロスペース・ベンチャーズからライセンスを受けている。

スペースシップツーは、8人の乗員(6人の乗客と2人のパイロット)を乗せることができる。飛行軌道の遠地点はおよそ高度110 km (68マイル)の熱圏内である。これはスペースシップワンの目標高度であるカーマン・ラインよりも10 km (6マイル)高い(もっとも、スペースシップワンの最後のフライトは112 kmに達している)。スペースシップツーは母機であるホワイトナイトツーから、高度15,200 m (50,000フィート)で発射され、1基のハイブリッドロケットにより4,200 km/h (2,600 mph) の速度に達する。客室は長さ3.66 m(12フィート)、直径2.28 m(7.5フィート)である。[3] 翼長は8.23 m(27フィート)、全長は18.29 m (60フィート)、尾翼の高さは4.57 m(15フィート)である。

開発[編集]

2009年12月7日、カリフォルニア州モハーヴェ宇宙港にて1号機VSSエンタープライズ英語版が公開され、2010年3月22日には母機ホワイトナイトツーに吊るされて初飛行を行った[4]

2010年10月10日に最初の有人滑空飛行試験を行い、その後、2012年8月までに22回の滑空飛行試験を行った。2012年12月19日に初めてハイブリッドロケットエンジンを機体に搭載して本番に近い形での滑空試験を行った[5]

2013年4月29日に初めてロケットエンジンを噴射しての飛行試験を実施。噴射時間は16秒間、高度16.7kmに到達、マッハ1.2を記録した[6]

2014年1月17日の滑空飛行試験後に母機のホワイトナイトツーの主翼に亀裂が発見された。またロケットエンジンの変更等により6ヶ月以上にわたって試験飛行が実施されなかった。2014年7月29日に滑空飛行試験が再開されたが、有人宇宙飛行試験、商用利用開始時期は未定[7]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]