チャールズ・シモニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ヨーロッパ風の表記法に従い、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いシモニ・カーロイと表記することもあります。
チャールズ・シモニー
チャールズ・シモニー
生誕 1948年9月10日(66歳)
ハンガリー ブダペスト
国籍 ハンガリーの旗 ハンガリー
著名な実績 Microsoft Office

チャールズ・シモニーCharles Simonyi, ハンガリー語: シモニ・カーロイ Simonyi Károly [ˈʃimoɲi ˈkɑːroj], 1948年9月10日 - )は、ハンガリーブダペスト生まれのプログラマー。Intentional Software 社長最高経営責任者。2007年3月時点の純資産は10億ドル[1]

ハンガリーにコンピュータが数台しかなかった高校生当時、電気工学教授だった父親のシモニ・カーロイの計らいで、コンピュータ技師の補助の仕事をする機会を得た。最初に取り組んだコンピューターはソビエト連邦Ural 2。彼は1966年高校を卒業するまでに自分のコンパイラを完成させた。その経験をもとにコペンハーゲンで職に就き、1968年デンマークを後にする。アメリカ合衆国にあるカリフォルニア大学バークレー校数学を専攻し、1972年に理学士号を取得する。

1972年から1980年までパロアルト研究所に勤務し、1974年バトラー・ランプソンと共に世界初の WYSIWYG ワープロ Bravo を開発する。1977年、博士論文でグループでのソフトウェア開発手法として「メタプログラミング」の概念を提唱し、スタンフォード大学計算機科学Ph.D. を取得。1981年マイクロソフト社に転職し、Microsoft ExcelMicrosoft Multiplan)や Microsoft Word を開発した。その過程で、変数の命名法の一つであるハンガリアン記法を考案する。アプリケーション開発責任者やチーフアーキテクトを務め、マイクロソフトリサーチインテンショナルプログラミングの研究に従事したのち2002年に退社。同年8月、インテンショナルプログラミングの概念を採用したソフトウェア会社、Intentional Software 社を立ち上げる。

慈善活動にも関わり、1995年オックスフォード大学に寄付し、Charles Simonyi Professor of the Public Understanding of Science(科学啓蒙のためのチャールズ・シモニー教授職)が設置された。2004年1月には5000万米ドルを投じ、科学や芸術活動を支援する財団 Charles Simonyi Fund for Arts and Sciences を設立した。2005年にはプリンストン高等研究所に2500万米ドルの寄付を行った。

また、シモニーは13歳のモスクワ旅行の際パベル・ポポビッチ宇宙飛行士に出会い、以来宇宙旅行を夢見ていた[2]。そして2007年4月7日ロシア宇宙船ソユーズTMA-10により宇宙へ向かい、国際宇宙ステーション(ISS)での滞在後帰還した。これにより ISS を訪れた5人目の民間宇宙旅行者となった。またハンガリー人としては2人目の宇宙飛行士でもある。さらに2009年3月26日ソユーズTMA-14で2度目の宇宙旅行を行い、2回の宇宙旅行を経験した唯一の人物となった。旅行代金は、一度目は2100万ドル、二度目は3500万ドル程度と自身が語っている。[3]

ヘリコプターの操縦ができる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ #891 Charles Simonyi” (英語). フォーブス (2007年3月8日). 2007年7月4日閲覧。
  2. ^ Wright, Jerry (2006年11月30日). “Spaceflight Participant Charles Simonyi (PDF)” (英語). アメリカ航空宇宙局. 2007年8月3日閲覧。
  3. ^ シモニー氏、宇宙旅行は3500万ドル - sorae.jp 2009年3月6日。