エリック・シュミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリック・エマーソン・シュミット
Eric Emerson Schmidt
生誕 1955年4月27日(59歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントンD.C.
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 ソフトウェア技術者
給料 125万US㌦(2012年時点)[1]
純資産 増加69億US㌦(2012年時点)[2]
肩書き Google会長
配偶者 ウェンディ・シュミット
子供 2人
公式サイト
Google.com - Eric Schmidt

エリック・エマーソン・シュミット(Eric Emerson Schmidt, 1955年4月27日[3] - )はアメリカ合衆国技術者で、Google 社の元CEOカーネギーメロン大学[4]プリンストン大学[5]理事も務めている。字句解析器生成プログラム lex の共同開発者でもある。ドイツ系アメリカ人

経歴[編集]

ワシントンD.C.生まれ[6]。1976年にプリンストン大学で電気工学の理学士号を、1979年1982年カリフォルニア大学バークレー校で電気工学の修士号と計算機科学の博士号をそれぞれ取得した。

パロアルト研究所コンピュータサイエンス研究所や米ベル研究所、米ザイログ社を経て1983年にソフトウェアマネージャーとして米サン・マイクロシステムズ社に入社。Java の開発とインターネット戦略の立案を導き、後に最高技術責任者と執行役員を歴任した。

1997年からノベル社の最高経営責任者を務め、重要な経営戦略や技術開発の中心的な役割を果たした。2001年3月にGoogleの会長に就任。同年7月にノベル社の最高経営責任者を辞職し[7]、同年8月米 Google 社の最高経営責任者に着任[8]。以来ラリー・ペイジセルゲイ・ブリンの二人と“三頭政治”として経営を行っている[9]

2006年2月、世界で最も成功したインターネット検索エンジン会社の戦略開発に関する功績が認められ、全米技術アカデミーの会員に選出される[10]。同年8月には米アップル社の取締役に選任されている[11]

2009年8月3日、GoogleがAndroidChrome OSなどの開発を通じて、アップル社の主要事業と競合するようになってきたことを理由に、アップル社取締役を退任することが発表された。[12][13]

2011年1月20日、Googleが2010年度第4四半期の営業成績とともに、2011年4月4日よりラリー・ペイジがCEOに就任し、エリック・シュミットは会長となることを発表[14]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Reuters (2012年4月21日). “Google ex-CEO Eric Schmidt's salary rises to $1.25 million from $1”. The Times of India (San Francisco). http://timesofindia.indiatimes.com/business/international-business/Google-ex-CEO-Eric-Schmidts-salary-rises-to-1-25-million-from-1/articleshow/12785676.cms 2012年4月21日閲覧。 
  2. ^ Reuters (2012年4月21日). “Google ex-CEO Eric Schmidt's salary rises to $1.25 million from $1”. The Times of India (San Francisco). http://timesofindia.indiatimes.com/business/international-business/Google-ex-CEO-Eric-Schmidts-salary-rises-to-1-25-million-from-1/articleshow/12785676.cms 2012年4月21日閲覧。 
  3. ^ Manyika, James (2008年9月). “Google’s view on the future of business: An interview with CEO Eric Schmidt” (英語). The McKinsey Quarterly. 2009年8月6日閲覧。
  4. ^ Thomas, Teresa (2009年4月13日). “April 13: Google Chairman, CEO Eric Schmidt To Give Keynote Address at Carnegie Mellon Commencement, May 17” (英語). カーネギーメロン大学. 2009年8月6日閲覧。
  5. ^ Princeton University Board of Trustees” (英語). プリンストン大学 (2006年5月24日). 2009年8月6日閲覧。
  6. ^ Eric Schmidt PhD Oral History (PDF)” (英語). The Computerworld Honors Program (2000年1月18日). 2007年3月18日閲覧。
  7. ^ 米ノベル、米ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズの買収を完了”. ASCII24 (2001年7月13日). 2007年2月15日閲覧。
  8. ^ GoogleのCEOにEric Schmidt氏(前Novell社CEO)が就任”. INTERNET Watch (2001年8月7日). 2007年8月14日閲覧。
  9. ^ Amendment No. 9 to Form S-1 Registration Statement Under The Securities Act of 1933” (英語). 証券取引委員会 (2004年8月18日). 2007年2月15日閲覧。
  10. ^ National Academy of Engineering Elects 76 Members and Nine Foreign Associates” (英語). National-Academies.org (2006年2月10日). 2007年2月15日閲覧。
  11. ^ Google CEOのエリック・シュミット博士、アップルの取締役に就任”. アップル (2006年8月31日). 2007年2月15日閲覧。
  12. ^ Dr. Eric Schmidt Resigns from Apple’s Board of Directors www.apple.com 2009年8月3日
  13. ^ Google会長エリック・シュミット、アップル取締役を退任 engadget.com 2009年8月4日
  14. ^ Google Announces Fourth Quarter and Fiscal Year 2010 Results and Management Changes

外部リンク[編集]