ロバート・W・アーウィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロバート・ウォーカー・アーウィン(Robert Walker Irwin、1844年1月7日 - 1925年1月5日)は、アメリカ合衆国の実業家。ベンジャミン・フランクリンの直系子孫である[1]。「日布移民条約」に基づいて日本がハワイ王国に対して行った官約移民の具体的交渉を担当し、1885年(明治18年)から1894年(明治27年)まで計26回、約29,000人の日本人労働者のハワイ渡航に関わった[2]。日本における国際結婚の適用第一号としても知られる[3]

略歴[編集]

デンマーク駐在アメリカ合衆国代理大使であったウィリアム・W・アーウィンの子としてコペンハーゲンに生まれた。1866年(慶応2年)末、アメリカの郵便船舶会社パシフィック・メイル・スティームシップの横浜駐在代理人として来日し、1872年(明治5年)ごろよりアメリカの貿易商社ウォルシュ・ホールの貿易業務に携わるようになる。この時の縁から1876年(明治9年)7月より三井物産の相談役に就任、井上馨益田孝らと密接な関係を築いた[2][3]1880年(明治13年)、横浜に駐留していたハワイ王国の総領事官が一時帰国のため不在となり、同国総領事代理を務め、1881年(明治14年)6月に正式にハワイ王国総領事官に就任、1885年(明治18年)1月、駐日ハワイ王国代理公使、1886年(明治19年)9月、同弁理公使、同移民事務局特派委員などを歴任した。官約移民制度の実現と実行に深く関与し、官約移民制度が廃止された以降は台湾製糖株式会社の発足に関わるなどした。

ハワイへの労働移民を集めることで莫大な富を築いたことなどから、「移民帝王」などと呼ばれる[2]

アーウィンは避暑地として伊香保(群馬県渋川市)に別邸を持ち、この建物は現存する。この縁で渋川市(旧伊香保町)とハワイ郡が姉妹都市縁組を行っている[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 外務省
  2. ^ a b c 中嶋
  3. ^ a b 山田
  4. ^ ハワイ王国公使別邸を公開します”. 渋川市. 2013年9月22日閲覧。

参考文献[編集]

書籍
  • 中嶋弓子 『ハワイ・さまよえる楽園』 東京書籍、1993年、p.138-139。ISBN 4-487-75396-1
第1次桂内閣期の外債募集
  • 伏見岳人「国家財政統合者としての内閣総理大臣―第一次内閣期の桂太郎(明治三四〜三九年)」国家学会雑誌120-11・12、2007年12月
  • 池上和夫「外債募集と北清事変賠償金―明治三四・三五年度財政計画をめぐって」神奈川大学経済学会・商経論争16-2、1980年11月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]