益田孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ますだ たかし
益田 孝
益田孝
生誕 1848年11月12日
日本の旗 日本 新潟県佐渡市
死没 1938年12月28日(満90歳没)
職業 実業家
益田孝

益田 孝(ますだ たかし、嘉永元年10月17日1848年11月12日) - 昭和13年(1938年12月28日)は、日本実業家。草創期の日本経済を動かし、三井財閥を支えた実業家である。明治維新後世界初の総合商社三井物産の設立に関わり、日本経済新聞の前身である中外物価新報を創刊した。茶人としても高名で鈍翁と号し、「千利休以来の大茶人」と称された。男爵

経歴[編集]

現在の新潟県佐渡市相川に生まれる。幼名は徳之進。父の鷹之助は箱館奉行を務めた後、江戸に赴任。孝も江戸に出て、ヘボン塾(現・明治学院大学)に学び、麻布善福寺に置かれていたアメリカ公使館に勤務、ハリスから英語を学ぶ。文久3年(1863年)、フランスに派遣された父とともにヨーロッパを訪れている。ヨーロッパから帰国後は幕府陸軍に入隊。騎兵畑を歩み、慶応3年(1867年)6月15日には旗本となり、慶応4年(1868年)1月には騎兵頭並に昇進した[1]

明治維新後は横浜の貿易商館に勤務、明治5年(1872年)に井上馨の勧めで大蔵省に入り、造幣権頭となり大阪へ。明治7年(1874年)には、英語力を買われ井上が設立した先収会社では東京本店頭取(副社長)に就任。明治9年(1876年)には中外物価新報を創刊。同年、先収会社を改組して三井物産設立と共に同社の初代総轄(社長)に就任する。三井物産では綿糸、綿布、生糸、石炭、米など様々な物品を取扱い、明治後期には日本の貿易総額の2割ほどを占める大商社に育て上げた。

三井物産が設立されてからは、渋沢栄一と共に益田の幕府騎兵隊時代の同期生の矢野二郎商法講習所所長)を支援したため、物産は多くの一橋大学出身者が優勢を占めた。三井内部では、工業化路線を重視した中上川彦次郎に対して商業化路線を重視したとされている(但し、後述の三井鉱山の設立や團琢磨を重用したように工業化路線を軽視したわけではなかった)[2]。さらに、三井財閥総帥であった中上川の死後実権を握ると、経営方針の中で、中上川により築き上げられた三井内の慶應義塾出身者を中心とする学閥を排除することを表明し、中上川の後継者と目されていた朝吹英二を退任させ、三井財閥総帥には團琢磨を、三井銀行には早川千吉郎を充てた[3]

また、工部省から三池炭鉱の払下げを受け、明治22年(1889年)に「三池炭鉱社」(後の三井鉱山)を設立、團を事務長に据えた。明治33年(1900年)に台湾製糖設立。大正2年(1913年)、辞任。

数寄者として[編集]

明治中期頃から茶道をたしなみ明治39年(1906年)には小田原市板橋に別邸掃雲台を造営し数多くの茶席を建てた。このことが後に近代茶人らが小田原・箱根へ集まる初めとなっている。近代小田原三茶人の1人としても知られる。

趣味の茶器収集も有名であった。「鈍翁」の号は、彼が収集した茶器の1つ「鈍太郎」(表千家6世家元・原叟宗左の製作)に由来する。墓所は護国寺にある。

弟で実業家の益田英作野々村仁清作の色絵金銀菱文茶碗(重要文化財)などに代表される収集家である。また、共に箱根強羅の別荘地開発に深く関わった。大正15年(1926年)には慶應義塾大学医学部に寄附を行い、食養研究所が設立された[4]

系譜[編集]

関連文献[編集]

  • 「自叙益田孝翁伝」 (長井実編、中公文庫) 口述筆記を元にしている
  • 白崎秀雄 「鈍翁・益田孝」〈上・下〉 (新潮社、新版中公文庫)
  • 松永秀夫 「益田孝天人録 横浜で実学を修め三井物産の誕生へ」(新人物往来社、2005年)
  • 小川恭一 「寛政以後旗本家百科事典」東洋書林  1998年

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小川 2514頁
  2. ^ 『メガバンク学閥人脈』(山口日太郎、新風社、2006年7月) P120、P126
  3. ^ 『メガバンク学閥人脈』(山口日太郎) P124
  4. ^ 慶應義塾大学医学部食養研究所変遷史
  5. ^ 『二代芸者 : 紅灯情話』 安藤せん子著 (新栄社, 1913)
  6. ^ 探墓巡礼顕彰会-歴史研究会連携団体による墓碑調査プロジェクト-(鶴見総持寺調査)
  7. ^ 『明治美人伝』長谷川時雨

外部リンク[編集]


爵位
先代:
(益田鷹之助)
益田男爵家
初代:1918年11月26日 - 1938年12月28日
次代:
益田太郎