恩物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

恩物(おんぶつ、英語: Froebel Giftsドイツ語: Fröbelgaben)はフリードリッヒ・フレーベルが考案した一連の教材である。これはドイツのバット・ブランケンブルク(Bad Blankenburg)にフレーベルが設立した幼稚園Kindergarten、キンダーガルテン)で初めて用いられた。

概要[編集]

フレーベルはヨハン・ハインリッヒ・ペスタロッチが唱えた直観教育に傾倒し、教育の理想の根源を「生命の統一」であるとした。[1]そのため、幼年期に自由に遊ぶことを通して人間の本質のみならず、事物の本質を体得すること[1]の大切さを主張した。このため、個々の贈り物ドイツ語: Gabe[2]は、子ども自身が率先して活動できるような材料を子どもたちに提供するようデザインされている。この恩物は、1838年に創案された [1]

フレーベルが考案した恩物は第1恩物から第20恩物まで20種類あるが、日本では一般的に、第1恩物から第10恩物までを「恩物」、第11恩物から第20恩物までを「手技工作」と呼んで区別している。[3][4]具体的には以下のようなもので構成される[3][4]

名称 相当する教材(恩物) 名称 相当する教材(手技工作)
第1恩物 第11恩物 あけ
第2恩物 三体 第12恩物 縫う
第3恩物 立方体積み木 第13恩物 描く
第4恩物 直方体の積み木 第14恩物 組む・編む・織る
第5恩物 立方体と三角柱の積み木 第15恩物 を折る
第6恩物 立方体と直方体の積み木 第16恩物 紙を切る
第7恩物 正方形三角形の色板 第17恩物 細工
第8恩物 5種類の木の 第18恩物 厚紙細工
第9恩物 金属製の 第19恩物 遊び
第10恩物 豆または小石の 第20恩物 粘土遊び

これら20種類の恩物には、それぞれ意義や目的が示されている。

恩物としての球[編集]

フレーベルは球を「自然界における完全なる理想形」と考え、第1恩物に選んだ。このように考えた理由として、

  1. 球は世界中の国で遊具として広く用いられていること
  2. 球は丸いのでよく転がることから、乳幼児の運動に適していること
  3. 自然界において、地球太陽などの象徴となること
  4. 円満な人格など、人間精神の理想となること
  5. 滑らかで均整の取れた形であり、古来からそのを見い出されてきたこと

などを挙げている。[5]

第1恩物としての球は、幼稚園に入園する前の乳幼児の使用を想定し、の6の柔らかなである。現代の日本においては、この鞠は毛糸製で、付きのものと紐なしのものがある。[6]

本来の第1恩物は、ゆりかごに吊るして使用し、その色や形に惹かれた乳児が触ったり握ったりすることを想定したものであった。しかし、現代は一般家庭で用いられることは稀であることから、幼稚園で導入される。[7]

評価[編集]

  • Ottilie de Liagreは1844年のフレーベルへの手紙の中で、「恩物のおかげで子どもたちは生き生きと自由に遊ぶ力を得ているようだが、人々は恩物を機械的で決まりきったものにしてしまうこともできる」と述べている。
  • ヨアヒム・リープシュナー(Joachim Liebschner)は著書 『子どもの仕事:フレーベル式教育理論と実践における自由と指導(A Child's Work: Freedom and Guidance in Froebel's Educational Theory andPractice)』の中で、

「フレーベルに付き従った幼稚園教諭がいかにして恩物を結果的に誤用してきたかを理解することは、フレーベルが恩物によって何を達成すべきと期待していたのかを考える上で重要である。彼は(第一に)子どもたちの遊び場で教育的な補助具として恩物が力を発揮すると考察したのだ。次に、ヒト生命の連続性について子どもたちが自然に学ぶだろうと考え、最後には大人と子どもの関係を恩物で遊ぶことで築いていくだろう、と考えたのである。

Joachim Liebschner, A Child's Work: Freedom and Guidance in Froebel's Educational Theory and Practice, p.82

と語っている。

「数年間、私は小さな幼稚園のの前に座っていた・・・、そして遊んだ・・・、立方体で、で、そして三角形で。これらは滑らかなカエデの木でできたブロックだった・・・。すべて今日でも私の指先に残っている。」[9]

現代の教育における利用[編集]

恩物は今でも韓国日本早期教育において人気が根強い。

日本では、1876年明治9年)に初めて幼稚園が開設[10]されて以来、長きに渡って教育現場で用いられている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 玉成保育専門学校幼児保育研究会、1964、9-10ページ
  2. ^ この贈り物とは「から人間・子どもたちへの贈り物」という意味である。
  3. ^ a b フレーベルの恩物(2009年12月7日閲覧。)
  4. ^ a b 玉成保育専門学校幼児保育研究会、1964、10-11ページ
  5. ^ 玉成保育専門学校幼児保育研究会、1964、13-16ページ
  6. ^ 玉成保育専門学校幼児保育研究会、1964、10,13ページ
  7. ^ 玉成保育専門学校幼児保育研究会、1964、14-15ページ
  8. ^ Alofsin, Anthony (1993). Frank Lloyd Wright--the Lost Years, 1910-1922: A Study of Influence. シカゴ大学出版. p. 359. ISBN 0-226-01366-9. 
  9. ^ Hersey, George (2000). Architecture and Geometry in the Age of the Baroque. シカゴ大学出版. p. 205. ISBN 0-226-32783-3. 
  10. ^ 東京女子師範学校が設立。「幼稚園」と名乗ったものでは初めての開設であるが、幼稚園に相当する施設はそれ以前にもあった。詳しくは幼稚園#日本での歴史を参照。

参考文献[編集]

  • 玉成保育専門学校幼児保育研究会『フレーベルの恩物の理論とその実際』(フレーベル館、昭和39年9月29日、333ページ)

外部リンク[編集]