ベルナルド・ベルトルッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルナルド・ベルトルッチ
Bernardo Bertolucci
Bernardo Bertolucci
生年月日 1941年3月16日(73歳)
出生地 パルマ
国籍 イタリアの旗 イタリア
職業 映画監督、脚本家
活動期間 1962年 -
配偶者 Adriana Asti
Clare Peploe (1990-)

ベルナルド・ベルトルッチBernardo Bertolucci1941年3月16日 - )は、イタリアパルマ出身の映画監督。早くから詩人として才能を発揮。ローマ大学を中退後、『ソドムの市』等で知られるピエル・パオロ・パゾリーニの助監督を務め、1962年の監督処女作『殺し』がヴェネツィア国際映画祭で高く評価されたことから、世界的な映画監督としての道を歩みはじめる。

日本語では慣用的にベルトリッチと表記される場合もある。

解説[編集]

イタリア人ではあるが監督デビュー前からロベルト・ロッセリーニピエル・パオロ・パゾリーニ以外のイタリア人監督を認めないと公言しており、ジャン=リュック・ゴダールを始めとするヌーヴェルヴァーグの面々を同胞と見なしていた。

ラストタンゴ・イン・パリ』(1973年)は大胆な性描写で知られ、ポルノか芸術か、の二項対立の論議を生み出した。撮影にあたりベルトルッチは主演のマーロン・ブランドに対し、ブランド自身であることを求めたため、ブランドは「一瞬一瞬が暴行されているように感じた」と語ったという。ロケは映画撮影でその後に有名になるビルアケーム橋が使われた。

監督作『ラスト・エンペラー』、『シェルタリング・スカイ』、『リトル・ブッダ』は、東洋三部作と呼ばれる。『ラスト・エンペラー』(1987年)ではアカデミー賞作品賞、監督賞など計9部門を受賞した。本作において音楽も担当した坂本龍一が、満州映画協会理事長・甘粕正彦役を演じた。

撮影監督ヴィットリオ・ストラーロとのコンビで世に送り出した数々の作品、とくに前述の『ラスト・エンペラー』や、『暗殺の森』(1970年)、『1900年』(1976年)が国際的に評価を受けている。

監督作品[編集]

外部リンク[編集]