ルナ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルナ
La Luna
監督 ベルナルド・ベルトルッチ
脚本 ベルナルド・ベルトルッチ
ジュゼッペ・ベルトルッチ
クレア・ペプロー
ジョージ・マルコ(英訳)
原案 フランコ・アルカッリ
ベルナルド・ベルトルッチ
ジュゼッペ・ベルトルッチ
製作 ジョヴァンニ・ベルトルッチ
出演者 ジル・クレイバーグ
マシュー・バリー
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 ヴィットリオ・ストラーロ
編集 ガブリエラ・クリスティアーニ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1979年9月30日
日本の旗 1980年4月12日
上映時間 142分
製作国 イタリアの旗 イタリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 イタリア語
英語
テンプレートを表示

ルナ』(La Luna)は1979年イタリアアメリカ合作映画。

解説[編集]

父と死別した少年とその母の旅路を通して、親子の交流を描くヒューマンドラマ。

ストーリー[編集]

突然の事故で夫を失った世界的オペラ歌手カテリーナは、思春期を迎えた息子ジョーを伴ってニューヨークから公演先のイタリアへ移り住む。仕事にかまけて息子の誕生日を忘れていた母親に背を向けたジョーは、麻薬に手を染める。禁断症状に苦しむジョーを前になすすべのないカテリーナは、息子を胸に抱き、その股間へと手を伸ばす……。カテリーナはジョーを連れて車でドライブに出かけるが、途中でケンカして置きざりにされてしまう。再会したジョーに、カテリーナは実の父親の存在を話す。ジョーは、その男の職場を訪れると、帰宅する彼の後を尾行していく。男は、自分の母親と共に海辺の家に暮らしていた。ジョーは名を名乗らずに「あんたの息子は麻薬中毒で死んだ」と伝える……。

キャスト[編集]

役名 俳優
カテリーナ・シルヴェリ ジル・クレイバーグ
ジョー・シルヴェリ マシュー・バリー
ジュゼッペ トーマス・ミリアン
ジュゼッペの母 アリダ・ヴァリ

スタッフ[編集]

  • 監督:ベルナルド・ベルトルッチ
  • 製作:ジョヴァンニ・ベルトルッチ
  • 原案:フランコ・アルカッリ、ベルナルド・ベルトルッチ、ジュゼッペ・ベルトルッチ
  • 脚色:ジュゼッペ・ベルトルッチ、クレア・ペプロー、ベルナルド・ベルトルッチ
  • 英訳:ジョージ・マルコ
  • 音楽:エンニオ・モリコーネ
  • 撮影:ヴィットリオ・ストラーロ
  • 編集:ガブリエラ・クリスティアーニ
  • 衣装:リーナ・ネルリ・タヴィアーニ
  • 提供:フィクション・シネマトグラフィカS.P.A、20世紀フォックス

外部リンク[編集]