殺し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
殺し
La commare secca
監督 ベルナルド・ベルトルッチ
脚本 ベルナルド・ベルトルッチ
セルジオ・チッティ
原案 ピエル・パオロ・パゾリーニ
製作 アントニオ・チェルヴィ
音楽 ピエロ・ピッチオーニ
撮影 ジャンニ・ナルツィージ
編集 アドリアナ・スパダロ
配給 日本の旗 ケイブルホーグ
公開 イタリアの旗 1962年9月19日
日本の旗 1988年6月22日
上映時間 92分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

殺し』(原題: La commare secca)は、ベルナルド・ベルトルッチ監督が1962年に製作したイタリア映画

概要[編集]

当時21歳のベルトルッチが、ピエル・パオロ・パゾリーニの原案をもとに監督し、彼の処女作となった。本作はヴェネツィア国際映画祭で高く評価された。

ストーリー[編集]

ローマで起きた娼婦殺しの容疑者たちが取り調べを受ける。しかし、全員の証言が食い違う。

キャスト[編集]

  • フランチェスコ・ルイウ
  • ジャンカルロ・デ・ローザ
  • ヴィンチェンツォ・チッコラ
  • レナート・トロイアーニ
  • アルフレード・レッジ
  • アルヴァロ・デルコーレ
  • ロマーノ・ラバーテ
  • ロレンツァ・ベネデッティ
  • アレン・ミジェット
  • エミー・ロッチ

スタッフ[編集]

  • 監督:ベルナルド・ベルトルッチ
  • 製作:アントニオ・チェルヴィ
  • 脚本:ベルナルド・ベルトルッチ、セルジオ・チッティ
  • 原案:ピエル・パオロ・パゾリーニ
  • 撮影:ジャンニ・ナルツィージ
  • 音楽:ピエロ・ピッチオーニ
  • 編集:アドリアナ・スパダロ

外部リンク[編集]