カール・フォアマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・フォアマン
Carl Foreman
生年月日 1914年7月23日
没年月日 1984年6月26日(満69歳没)
出生地 イリノイ州シカゴ
死没地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 脚本家
映画プロデューサー
主な作品
戦場にかける橋
ナヴァロンの要塞

カール・フォアマン(Carl Foreman、1914年7月23日 - 1984年6月26日)は、アメリカ合衆国脚本家映画プロデューサー

来歴[編集]

1914年シカゴ生まれ。イリノイ大学に入学後、社会主義の信奉者となり共産党員となった。

大学卒業後、脚本家となるためハリウッドに移り住む。1941年から翌年にかけてフォアマンは3つの映画のシナリオを執筆したが、第二次世界大戦のため活動を中断。その後再び映画界に戻り、1949年マーク・ロブソン監督、カーク・ダグラス主演の『チャンピオン』の脚本で彼はアカデミー脚本賞にノミネートされ、一躍ハリウッドで注目される存在となった。

その後デヴィッド・リーン監督『戦場にかける橋』(1957年)で第30回アカデミー脚色賞を受賞。同作自体も作品賞ほか6部門で受賞を果たした。しかし公開当時は赤狩りによってフォアマンはノンクレジットとなっていた(後年に復活)。1961年にはJ・リー・トンプソン監督『ナヴァロンの要塞』、1972年にはリチャード・アッテンボロー監督『戦争と冒険』でふたたびアカデミー脚色賞にノミネートされた。

フォアマンが最後に手がけた作品は1980年公開のジェームズ・ゴールドストーン監督『世界崩壊の序曲』である。同じアカデミー脚色賞受賞者のスターリング・シリファントと組み脚本を担当したが、同作は記録的な興行的失敗となってしまった。

1984年ロサンゼルスにて脳腫瘍で死亡。69歳没。

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

ノミネート
1953年 アカデミー脚色賞:『真昼の決闘

ゴールデングローブ賞[編集]

ノミネート
1953年 脚本賞:『真昼の決闘

外部リンク[編集]