赤狩り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

赤狩り(あかがり、: Red Scare)とは、政府が国内の共産党員およびそのシンパ(sympathizer:同調者、支持者)を、公職を代表とする職などから追放すること。第二次世界大戦後の冷戦を背景に、主にアメリカとその友好国である西側諸国で行われた。

概要[編集]

ローゼンバーグ事件に代表される共産主義者による深刻な諜報活動に加え、1946年からの東欧における、また1949年中国大陸における国共内戦の末の共産主義政権の成立、1948年から1949年にかけてのベルリン封鎖、および1950年から1953年朝鮮戦争におけるソビエト連邦中華人民共和国からの圧迫により高まった緊張に対して増大する懸念に合わせたものである。この場合の「」は共産党およびその支持者を指す。日本語の名称である赤狩りに対応する英語の名称Red Scareは"共産主義の恐怖"の意味であり、増大していた共産主義者の活動に対する強い懸念を示している。

連合国の占領下の日本においてマッカーサーの指令で行われたそれは、レッドパージの項を参照。

日本では赤狩り全般に対応する英語として「レッド・パージ(Red purge)」を使う場合もある。

マッカーシズム[編集]

マッカーシーと非米活動委員会[編集]

ジョセフ・マッカーシー

マッカーシズムは、第二次世界大戦後の冷戦初期、1948年頃より1950年代前半にかけて行われたアメリカにおける共産党員、および共産党シンパと見られる人々の排除の動きを指す。

1953年より上院政府活動委員会常設調査小委員会の委員長を務め、下院の下院非米活動委員会とともに率先して「赤狩り」を進めた共和党右派のジョセフ・マッカーシー上院議員の名を取って名づけられた。マッカーシーに協力した代表的な政治家は、リチャード・ニクソンロナルド・レーガンであり、後にこの2人を熱烈に支持したのが、新自由主義の経済学者であるミルトン・フリードマンである。

影響[編集]

マッカーシーらに「共産主義者」や「ソ連スパイ」、もしくは「その同調者」だと糾弾されたのは、アメリカ政府関係者やアメリカ陸軍関係者だけでなく、ハリウッド芸能関係者や映画監督、作家。さらにはアメリカの影響が強い同盟国であるカナダ人やイギリス人、日本人などの外国人にまで及び、「赤狩り」の影響は西側諸国全体に行き渡ることになる。

なかでも影響が大きかったのが国務省において東アジア外交を担当していたチャイナ・ハンズと呼ばれる外交官だった。当時中国について豊富な知見を有した外交官達の大半が、国共内戦において中国国民党が中国共産党に敗北した責任を問われて免職された。その結果、国務省の東アジア局から専門家が一掃され、外交政策は硬直化した。

その穴を埋めたのは欧州専門の外交官達で、彼らの多くは日本や東南アジア諸国などの同盟国はおろか、中華民国政府統治下の中国大陸にも一度も足を運んだことが無かった。この「アジア専門家の空白」が、後にアメリカをしてアジア外交を誤らせ、泥沼のベトナム戦争にアメリカを引きずり込んだ遠因となったとバーバラ・W・タックマンデービッド・ハルバースタムはその著書に書いている。

しかし、「共産主義者」の追放という大義名分を笠に着たマッカーシー議員や、その右腕となった若手検察官ロイ・コーンなどによる、偽の「共産主義者リスト」の提出に代表される様な様々な偽証や事実の歪曲や、容疑者に対する自白や協力者の告発、密告の強要までを取り入れた強引な手法が、マスコミや野党である民主党から大きな反感を買うことになる。

また、チャールズ・チャップリンをはじめ優れたハリウッド関係者も多数追放となった。このため、後に大統領となるジョン・F・ケネディなどの多くの民主党員も赤狩りを強く支持したにもかかわらず、現在においてもハリウッドは共和党不信が強く、共和党政府または保守勢力に批判的な作品(『華氏911』や『グッドナイト&グッドラック』など)を多く製作するようになり、民主党支持者が多数を占める一因となった。

終焉[編集]

エドワード・R・マロー

当初はマッカーシーの強硬な姿勢が国民から大きな支持を受けたものの、マスコミをはじめ政府、軍部内にマッカーシーに対する批判が広がる中、1954年3月9日には、ジャーナリストエドワード・R・マローにより、自らがホストを務めるCBSドキュメンタリー番組「See it Now」の特別番組内で、違法な手法で「赤狩り」を進めるマッカーシーに対する批判キャンペーンを行ったことを皮切りに、国民の間にも広くマッカーシーに対する批判が広がる。

その様な中で政府、軍部内にもマッカーシーに対する批判が広がり、同年の12月2日に、上院は65対22でマッカーシーに対して「上院に不名誉と不評判をもたらすよう行動した」として事実上の不信任を突きつけ、ここに「マッカーシズム=アメリカにおける赤狩り」は終焉を迎えることになる。

なお、上院の譴責決議がなされた年に、ハーバード大学である演説者が「そこいらの大学と違ってハーバードからはアルジャー・ヒス(ソ連のスパイという事が判明)やジョー・マッカーシーのような人物を出していないのが自慢だ」という発言をしたのに対し、その後大統領になるジョン・F・ケネディは「偉大なアメリカの愛国者と売国奴の名をよくも一緒くたにできたものだ」と激怒しマッカーシーを擁護した。

その後の経過[編集]

マッカーシズムが吹き荒れた中で、自らが標的となることに対する恐怖によって、アメリカ国内におけるマスコミの報道や表現の自由に自主規制がかかったことや、同じ理由から告発や密告が相次いだことなどから、多くの人々に対して大きなダメージを与えた。また、第二次世界大戦前後を通じてアメリカが掲げた「自由主義民主主義の国」という言葉に対し、国内外から多くの疑問が呈されたが、この事件は最終的に自浄作用によって終焉を迎えた。

しかしながら、マッカーシーによって「共産主義者」や「ソ連のスパイ」と指摘されたものの中には、フランクリン・ルーズベルト大統領の特別顧問であったロークリン・カーリーや、国務長官補佐のハリー・デクスター・ホワイト、カナダの外交官であるエドガートン・ハーバート・ノーマン 、アニー・リー・モスなど、冷戦後に公開されたベノナなどの機密文書などによって、実際にソ連のスパイや共産主義者であったことが証明された者もいた。

旧ソ連の崩壊を経て旧KGBの情報公開が進み、こうしたことが明らかになるにつれ、マッカーシーの名誉回復と再評価を目指す人物も現れてきている(中西輝政など)。

告発・密告者[編集]

ロイ・コーン

容疑者[編集]

レッドパージ[編集]

レッドパージ(Red purge)は、第二次世界大戦後の1950年当時、アメリカ軍を中心とした連合国軍占領下の日本においてマッカーサーGHQ総司令官の指令により、共産党員とシンパ(同調者)が公職企業から次々に追放された動き。1万を超える人々がを失ったと言われる。なお、アメリカ本国での共産主義者追放を指す場合には「レッド・パージ」とは言わない。

考えられる原因[編集]

赤狩りを取り上げた作品[編集]

関連項目[編集]

人物[編集]

その他[編集]


  1. ^ 下山事件では他殺か自殺かの結論を公式発表しないまま、捜査は打ち切られた。三鷹事件では国鉄労働組合員11人が逮捕・起訴され、裁判では10人の共産党員に無罪判決が出て1人の非共産党員に死刑判決が確定したが、有罪が確定した1人(獄中で病死)についても冤罪疑惑が指摘されている。松川事件では国鉄労働組合員10人と東芝松川工場労働組合員10人の計20人が逮捕・起訴されたが、裁判ではアリバイが成立して全員の無罪判決が確定した。