サラ・ポーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サラ・ポーリー
Sarah Polley
Sarah Polley
2009年撮影
生年月日 1979年1月8日(35歳)
出生地 トロント
国籍 カナダの旗 カナダ
配偶者 デヴィッド・ワーンズビー(2003年 - 2008年)
David Sandomierski (2011年-)
主な作品
スウィート ヒアアフター
死ぬまでにしたい10のこと
ドーン・オブ・ザ・デッド

サラ・ポーリーSarah Polley, 1979年1月8日 - )は、カナダ映画監督脚本家女優

来歴[編集]

生い立ち[編集]

オンタリオ州トロントにて、イギリス出身で俳優の父親と俳優兼キャスティングプロデューサーの母親(1990年にガンで亡くなっている)との間に5人兄弟の末っ子として生まれる[1][2][3]

キャリア[編集]

4歳のときから子役として活躍し、1986年の『クリスマスに届いた愛』で映画デビューする。その後カナダのテレビで活躍。1997年のアトム・エゴヤンの『スウィート ヒアアフター』で注目されるようになる。その後ハリウッド映画等にも出演しているが、インデペンデント映画への出演が多い。

女優としてだけでなく1999年から監督業にも進出しており、2006年の初長編映画『アウェイ・フロム・ハー君を想う』では、監督および脚本を担当し、カナダの脚本家組合が主催する脚本賞の映画部門最優秀脚本賞のほか、2007年度のロサンゼルス映画批評家協会賞のニュー・ジェネレーション賞、ニューヨーク映画批評家協会賞の新人監督賞を受賞した。また、第80回アカデミー賞脚色賞にもノミネートされた。

私生活[編集]

2003年に長年の恋人で、映画やテレビで編集の仕事をしているデヴィッド・ワーンズビー(David Wharnsby)と結婚したが2008年に離婚[4]

反戦活動に熱心で、カナダの人気ドラマ『アボンリーへの道』で主人公セーラ役を演じた際、社会運動への傾倒が原因となり、後半からフランスへ留学するという設定で出演機会がほとんどなくなったことがある。デモで警官と衝突して歯を折ったこともあるという[5][6]

2011年8月23日、トロント大学法学専攻博士課程に在籍する男子学生と再婚し、同時に妊娠3ヵ月であることを発表した。2012年に娘が生まれている[7]

主な作品[編集]

出演[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1986 クリスマスに届いた愛
One Magic Christmas
モリー・モナハン
1987 ビッグタウン
The Big Town
クリスティ
1989 バロン
The Adventures of Baron Munchausen
サリー
1990 丘の家のジェーン
Lantern Hill
ジョディ
1990-1994 アボンリーへの道
Road to Avonlea
サラ テレビシリーズ、65エピソード
1994 エキゾチカ
Exotica
トレイシー・ブラウン
1997 スウィート ヒアアフター
The Sweet Hereafter
ニコル
ハンギング・ガーデン
The Hanging Garden
ローズマリー
1999 写真家の女たち
Guinevere
ハーパー・スローン
イグジステンズ
eXistenZ
メルル
go
Go
ロンナ
2000 悪魔の呼ぶ海へ
The Weight of Water
マレン
めぐり逢う大地
The Claim
ホープ・バーン
2003 Re:プレイ
The I Inside
クレア
死ぬまでにしたい10のこと
My Life Without Me
アン
LUCK ラック
Luck
マーガレット
2004 ドーン・オブ・ザ・デッド
Dawn of the Dead
アナ
シュガー
Sugar
妊娠しているドラッグの売人
2005 アメリカ、家族のいる風景
Don't Come Knockin
スカイ
あなたになら言える秘密のこと
La Vida secreta de las palabras
ハンナ
ベオウルフ
Beowulf & Grendel
セルマ
2009 ミスター・ノーバディ
Mr. Nobody
エリーズ
スプライス
Splice
エルサ

監督[編集]

公開年 邦題
原題
2006 アウェイ・フロム・ハー君を想う
Away from Her
兼脚本
2011 テイク・ディス・ワルツ
Take This Waltz
兼脚本・製作
2012 物語る私たち
Stories We Tell

脚注[編集]

  1. ^ Sarah Polley Biography (1979–)”. Filmreference.com. 2010年3月27日閲覧。
  2. ^ Brian D. Johnson. “Polley, Sarah”. Thecanadianencyclopedia.com. 2010年3月27日閲覧。
  3. ^ The Polley dynasty was born in Kingston; Diane Polley, the mother of actor and director Sarah Polley, grew up in the Limestone City. She used to put plays on in her backyard, attaching theatre curtains to the clothesline — The Whig Standard — Ontario, CA”. Thewhig.com (1990年1月10日). 2010年8月1日閲覧。
  4. ^ http://www.imdb.com/name/nm0001631/bio
  5. ^ Toronto Life: Woman on the Verge - Page 4
  6. ^ http://www.thecanadianencyclopedia.com/index.cfm?PgNm=TCE&Params=M1ARTM0011399
  7. ^ http://www.imdb.com/name/nm0001631/bio

外部リンク[編集]