スウィート ヒアアフター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スウィート ヒアアフター
The Sweet Hereafter
監督 アトム・エゴヤン
脚本 アトム・エゴヤン
原作 ラッセル・バンクス
この世を離れて
製作 アトム・エゴヤン
カメーラ・フリーバーグ
製作総指揮 ロバート・ラントス
アンドラス・ハモリ
出演者 イアン・ホルム
サラ・ポーリー
音楽 マイケル・ダンナ
撮影 ポール・サロッシー
編集 スーザン・シプトン
製作会社 エゴ・フィルム・アーツ
配給 日本の旗 KUZUIエンタープライズ
公開 カナダの旗 1997年10月10日
日本の旗 1998年8月25日
上映時間 112分
製作国 カナダの旗 カナダ
言語 英語
製作費 CAD 5,000,000
興行収入 $3,263,585[1]
テンプレートを表示

スウィート ヒアアフター』(The Sweet Hereafter)は1997年に制作されたカナダの映画アトム・エゴヤン監督・脚本。ラッセル・バンクスの小説『この世を離れて』(1991年)が原作である。カンヌ国際映画祭にて審査員特別グランプリを受賞した。また、ジニー賞では作品賞、監督賞、撮影賞を受賞している。

ストーリー[編集]

カナダの小さな田舎町で、子供達を乗せたスクールバスが転落し、多数の子供が死亡するという事故が起こった。街にやってきた弁護士のミッチェルは犠牲者の親達を説得し、教育当局に対して集団訴訟を起こす準備を進めていた。しかし、唯一の生存者であり、事故の後遺症車椅子生活を強いられている15歳のニコールの証言で、事態は思わぬ方向に進んでゆく。

キャスト[編集]

備考[編集]

  • 原作者のラッセル・バンクスは街の医者としてカメオ出演している。
  • 原作ではニューヨーク北部が舞台だが、映画ではカナダが舞台となっている。

脚注[編集]

  1. ^ The Sweet Hereafter”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]