戦場にかける橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
戦場にかける橋
The Bridge on The River Kwai
舞台となったクウェー川鉄橋
(2004年撮影)
監督 デヴィッド・リーン
脚本 カール・フォアマン
マイケル・ウィルソン
原作 ピエール・ブール『戦場にかける橋』(1952年)[1]
製作 サム・スピーゲル
出演者 ウィリアム・ホールデン
アレック・ギネス
ジャック・ホーキンス
早川雪洲
ジェームズ・ドナルド
音楽 マルコム・アーノルド
主題歌 クワイ河マーチ
撮影 ジャック・ヒルデヤード
編集 ピーター・テイラー
製作会社 ホライズン・ピクチャーズ(en)
配給 コロムビア映画
公開 イギリスの旗 1957年10月2日
アメリカ合衆国の旗 1957年12月18日
日本の旗 1957年12月22日
上映時間 161分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語日本語タイ語
製作費 300万ドル
興行収入 2720万ドル
次作 戦場にかける橋2/クワイ河からの生還
テンプレートを表示

戦場にかける橋』(せんじょうにかけるはし、The Bridge on The River Kwai)は、1957年公開の合作映画第30回アカデミー賞作品賞受賞作品。題名の「戦場にかける橋」とは、タイ王国クウェー川に架かるクウェー川鉄橋を指す(位置情報)。

製作会社はコロムビア映画で、監督はデヴィッド・リーン。フランスの小説家ピエール・ブールの『戦場にかける橋』(Le Pont de la rivière Kwaï(fr) / The Bridge over the River Kwai(en))を原作にリーンらが脚色。

1997年に合衆国・国立フィルム保存委員会がアメリカ国立フィルム登録簿に新規登録した作品の1つである。

概要[編集]

第二次世界大戦の只中である1943年のタイとビルマの国境付近にある捕虜収容所を舞台に、日本軍捕虜となったイギリス軍兵士らと、彼らを強制的に泰緬鉄道建設に動員しようとする日本人大佐との対立と交流を通じ極限状態における人間の尊厳と名誉、戦争の惨さを表現した戦争映画。劇中に登場するイギリス軍兵士への数々の懲罰は、原作者のブールが実際に体験したものであるとされる。

舞台となった鉄橋が架かる川の旧来の名称はメークロン川であったが、この映画によって「クワイ川」が著名となったために、クウェー・ヤイ川と改名され、クウェー川鉄橋は公開後半世紀経過した現在でも観光名所となっている。

また、劇中で演奏される『クワイ河マーチ』(ボギー大佐)も世界各国で幅広く演奏される、数ある映画音楽の中でも最も親しまれている作品の1つである。

作中で日本軍兵士が持っているのは当時の日本軍制式銃器ではなく、いずれもイギリスのリー・エンフィールド小銃やヴィッカース重機関銃ばかりであるため、考証の面では注意が必要である。

2006年DVD『戦場にかける橋 アルティメット・コレクション』が発売された。特典映像として、製作に関するドキュメンタリーやフォト・ギャラリー、オリジナルの予告編が収録されている。また、日本語吹替音声が新規に収録されている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD ゴールデン洋画劇場
シアーズ中佐 ウィリアム・ホールデン 安原義人 近藤洋介
ニコルソン大佐 アレック・ギネス 堀勝之祐 久米明
ウォーデン少佐 ジャック・ホーキンス 佐々木梅治 安部徹
軍医クリプトン ジェームズ・ドナルド 森田順平 日下武史
グリーン大佐 アンドレ・モレル 真木恭介
ジョイス ジェフリー・ホーン 鉄野正豊 井上真樹夫
斉藤大佐 早川雪洲 石田太郎 鈴木瑞穂
兼松大尉 ヘンリー大川
三浦中尉 勝本圭一郎

ストーリー[編集]

オープニング~斎藤大佐[編集]

第2次世界大戦下において当初日本の同盟国であったタイ王国と、日本軍の占領下におかれたイギリスの植民地ビルマの国境付近に、日本軍管轄の捕虜収容所があった。「第十六捕虜収容所」と呼ばれるその場所では、日本軍と対峙する連合国軍の1国であるアメリカ海軍中佐であるシアーズを初め、捕虜となったアメリカ軍兵士が連日過酷な労役に従事していた。日本軍兵士に買収を試みるなど幾度となく脱出を図ったシアーズだが、ある日ニコルスン大佐が率いるイギリス軍捕虜一隊が収容所に移送されてきた。

隊が整列すると収容所の中から、所長である斉藤大佐が現れた。斉藤によると、「収容所付近にある泰緬鉄道を、バンコクラングーン間を結ぶ物とするクウェー川の橋を建設するためにイギリス軍捕虜を召集した」とのことである。また、有刺鉄線や監視塔が無いとはいえ「孤島のジャングルから脱走することは不可能だ」と忠告した。さらに「将校も兵士同様の労役を義務付けられている」と説明した斉藤に、大佐であるニコルスンは「ジュネーブ協定に反する」と申し立てたが受け入れられなかった。

ニコルスンとシアーズ~将校会議[編集]

ある雨の日、ニコルスンは収容所の中でシアーズと知り合う。シアーズは海軍の出身で、船を戦闘で失ったのち泳いで岸まで辿り着いた。収容所にいた他国の兵士はマラリアや赤痢、脚気といった病気や飢え、過労、銃弾での負傷や自殺などで大勢が命を落とした。そして彼もまた何かの病気を患っているらしい。

その夜7時に開かれた将校会議で、脱走について話し合われた。ニコルスンは、孤島のジャングルからの脱出は不可能であると主張。一方、捕虜生活の長いシアーズは仮に脱出を断念しても最終的には捕虜として死ぬしかないと述べ、いざという時には脱走も辞さない構えを見せた。しかし軍律を遵守するニコルスンは、シンガポールにおいて司令部から降伏を命じられたことを打ち明け、脱走は軍律に反するとし、兵隊の意欲を奪わないために建設作業の指揮は日本軍ではなく自らが率いるイギリス軍が行うと確認した。

労役の強要~シアーズの脱走[編集]

翌朝、斉藤はイギリス軍兵士たちに、技師である三浦中尉の指揮下で5月12日までに橋の建設を終える命令を下した。「将校も労役に参加する義務がある」と述べた斉藤に、ニコルスンは「将校の労役は禁ずる」とするジュネーブ協定の条文を見せて再び抗議。しかし斉藤は、「敗者の掟は無価値である」としてそれを退けた。それでも頑なに労役を拒否するニコルスンに斎藤は、3つ数えるまでに作業場へ向かわねば機関銃を発射すると宣告。3つ目を数えようとしたその時、軍医であるクリプトンが収容所から飛び出し「非武装の者を射殺するのが日本人か」と斉藤を非難。斉藤は宿舎の奥へと姿を隠した。

射殺こそ免れたクリプトンら将校一同であったが、機関銃の銃口が向けられたまま炎天下を直立不動で延々と立たされた。意識を失う将校がいる中を日没まで立ち続けたニコルスンらであったが、斉藤の命令により将校全員が営倉に監禁されることになった。この暴挙に、捕虜となった兵士は大挙して大声を上げ抗議。すると宿舎の中から日本兵に肩を抱かれ、意識を失ったニコルスンが現れた。

抗議の首謀者である彼は「オーブン」と呼ばれる、最も日照りの強い重営倉に監禁された。その夜、シアーズは仲間2人と収容所を脱走。仲間は日本兵に発見され射殺された。シアーズも、一発の銃声とともに川底に姿を消した。

建設の遅れ~面会[編集]

架橋の建設現場では、三浦中尉による技術指導が稚拙であることと、英軍兵士らによるサボタージュが原因で予定の半分ほどしか工事が進んでいなかった。また、シアーズらによる脱走が発覚したことも斉藤を苛立たせた。

一隊の隊長として斉藤の元を訪れたクリプトンに対し彼は、「建設期限まで時間がないため何としてでもニコルスンら将校を建設作業に従事させたい」と要求し、「応じなければ病院に収容されている患者を建設現場に派遣する」と言った。クリプトンは斉藤から5分間だけニコルスンとの面会を許可され、彼に斉藤の計画を伝えた。ニコルスンの体調が気がかりであるうえに、「患者を建設現場に送るわけにはいかない」と、ニコルスンに計画への賛同を勧めたクリプトンであったが、「斉藤の要求は『脅迫』であり、自分にもジュネーブ協定を遵守する主義がある」として、ニコルスンは頑なに労役を拒んだ。

クリプトンはその旨を斉藤に伝えると同時に、「ニコルスンへの厳しい待遇は非人道的であり、万が一ニコルスンが死亡すれば殺人と同罪である」と主張した。しかし斉藤は、「死亡したとしても責任の所在はニコルスン自身にある」として受け入れなかった。

生き延びたシアーズ~夕食にて[編集]

命を落としたと思われていたシアーズだが奇跡的に一命を取り留めていた。だが、携帯していた水筒の中身は既に尽き、灼熱の太陽の下をただ当ても無く彷徨い続けていた。すると、シアーズはある小さな集落を発見した。安心したのか彼はその場に倒れ込み、集落の人々に保護された。

そのころ収容所では斉藤が、一向に捗らない建設工事の指揮者である三浦中尉を激しく叱責していた。収容所の前に整列させたイギリス軍兵士らの前に立った斉藤は、「建設工事が進展しないのは将校が労役に参加しないからである」とイギリス軍を責める一方、工事指導の稚拙な三浦にも非があることを認め、その解任を発表した。そのうえで明日からは自身が工事の指揮を執ると述べた。しかし斉藤が指揮者となった翌日以降も順調に工事が進むことはなかった。

ある夜、斉藤は夕食の場にニコルスンを呼び出した。斉藤はコンビーフウィスキーを振舞うも、ニコルスンはこれを拒んだ。自らの生い立ちを淡々と語り始める斉藤にニコルスンは、「貴方のこれまでの身勝手な行動に関する報告書を作る」と迫った。しかし斉藤は、「工事期限が12週間後に迫っており何としても人手が欲しい」と強調。それでもニコルスンは将校の労役を拒否し、お互いの主張を妥協することはなかった。

「万が一工事期限に間に合わなければ、捕虜を全員殺したうえで自らも命を絶たねばならない」と告白する斉藤にニコルスンは、「日本人よりもイギリス人の指揮官の方が遥かに捕虜の士気を高めることができる」と言ってのけた。激高する斉藤であったが、自らの指揮下で工事が進んでいない故「イギリス人は負けておきながら強情で誇りを持たないから嫌いだ」と罵倒するしかなかった。

ニコルスンの勝利~視察[編集]

小さな集落に辿り着いたシアーズは、さらに安全な場所を求めて楽園のようであったその集落を去ることにした。木造の船に乗り意気揚々と漕ぎ出したシアーズであったが、瓶に入った水が底を突いたため仕方なく川の水を飲んで腹痛を引き起こすなど脱出は難航した。

一方、捕虜収容所では、ニコルスンが斉藤に呼び出された。3月10日の陸軍記念日を迎えるにあたって、その日をイギリス軍の祝日とし、ニコルスンを含めた将校全員を宿舎に帰すという恩赦まで与えるというのだ。さらに、将校は労役に就かなくてもよいとのこと。どうしても工事期限までに橋を完成させたい斉藤は、ニコルスンに恩赦を伝える手段をとったのだ。宿舎から出てきたニコルスンの表情から彼の「勝利」を悟った捕虜たちは一斉に彼の元に群がり狂喜した。その陰に隠れ、自らに与えられた任務を遂行するために、下の立場の者にひれ伏さざるを得ないという屈辱を味わった斎藤は咽び泣くしかなかった。

かくしてニコルスンによる建設現場の視察が始まった。しかし、伍長が部下の人数すら把握できていないなど、長期間に亘って染み付いていた気の緩みは捕虜たちから軍人としての誇りを奪い、建設工事のサボタージュを大きく助長していた。ニコルスンの思惑通り、イギリス軍の将校は揃って橋の建設に関する知識を豊富に持っており活発な意見交換がなされた。その中でニコルスンは橋の建設の目的を、日本軍にイギリス軍の知識と能率を見せつけるのと共に、捕虜たちに兵士としての誇りを取り戻させることに定めた。

日本軍との会議~ウォーデンの計画[編集]

数日経ったある日、日英両国の将校による会議が開かれた。その中でイギリス軍は、「日本軍がこれまで行ってきた工事では建設予定地の地面が軟らか過ぎるため完成後いずれ橋が崩落する」と述べた。さらに、「作業の分担をすることで労働力の大幅な改善が見込める」など積極的に意見し工事の主導権を自らの手中に収めた。

一方、脱出を試みたシアーズは、まだイギリス軍の支配下にあった地域にある軍病院に保護され、悠々自適の生活を送っていた。そこに、316部隊所属のウォーデン少佐が現れた。彼はかつて鉄道で働いていたシアーズに「話を聞きたい」と申し出た。「既に情報局に話をした」と拒むシアーズであったが、最終的に少佐の説得に応じ、本部を訪れることにした。

翌日、シアーズはウォーデンに会うためジャングルにある316部隊の本部を訪問。そこは、いわゆる決死隊の本格的な訓練所でもあった。そこでシアーズはウォーデンから、橋の完成後に予想される日本軍のイギリス領インド帝国への進軍を阻止するために、落下傘で降下させた兵士に鉄橋の地上爆破をさせる作戦を打ち明けられた。現地に行った者がいない316部隊にとってシアーズは道案内役に最適であったのだ。

「命からがら脱出した戦地に再び戻るなど悪い冗談だ」とシアーズは拒んだが、既にアメリカ海軍からシアーズの一時転籍許可の電報が出されていた。そこでシアーズは、「実は自分は二等水兵であり、船を沈められた時に共に助かった中佐が日本兵に射殺されたため、後の待遇も考えてその服を奪い、身分を偽った」のだという。シアーズは収容されたイギリス軍病院の好待遇にすっかり慣れきっていたが、ウォーデンの元にはシアーズが二等水兵であるとわかる履歴書が届いていた。ウォーデンは、「収容所から脱出した英雄が階級を詐称していたことが明るみに出るのは海軍にとっても不利益であり、爆破作戦に参加すれば少佐としての待遇をシアーズに約束する」とした。かくしてシアーズは志願兵として作戦に参加することとなった。

新しい橋の工事~作戦変更[編集]

クワイ河ではニコルスンらの指揮の下、着々と新しい橋が建設されていた。食事などの待遇は改善されたものの、以前より労働量が増えたことをクリプトンは疑問に思っていた。「日本軍への利益を提供するどころかイギリス軍への反逆行為に当たるのではないか」と。しかしニコルスンは、「軍隊の士気が高まったことや兵士が健康を取り戻したこと、さらに橋の完成はイギリス軍の評判を高め後世まで伝えられる栄光をもたらす」と主張した。

一方、316部隊では降下作戦に参加する4人目のメンバーを選出している最中であった。ウォーデン、シアーズ、チャップマンに次いで、水泳の名人であるジョイスが参加することとなった。シアーズは降下の体験がないため訓練の必要があったが、時間の都合上受けることができなかった。しかも降下の際に負傷する確率も極めて高く、運を天に任せて飛ぶしかないということも聞かされた。

そしてイギリス軍機による降下作戦が始まった。シアーズ、ウォーデン、ジョイスは無事着陸したがチャップマンは大木に激突し死亡した。キャンプ地となる村で暮らしている案内役のヤイによると、シアーズが通ったことのあるルートは日本兵の見張りがいるため別のルートを通らねばならないらしい。しかも村の近くには敵が大勢おり、ジャングルで一夜を過ごさねばならないとのこと。ヤイの話す言葉もわからないシアーズは、自分が作戦に参加していることに疑問を感じている旨を明かした。しかしウォーデンは、常に予期せぬ出来事に対処しなければならないと説明するしかなかった。

過酷なジャングル~工事の遅延と人手不足[編集]

再び進行を開始したウォーデンらであったが、炎天下のジャングルで先が見えないことや、厄介なヒルの存在により作戦は困難を極めていた。休憩地点でジョイスが、携帯ラジオの調子が悪いと困っていると、苛立ったウォーデンが「捨ててしまえ」と言ってそれを蹴飛ばした。すると、そのラジオから、「ラジオ東京」の音声が流れてきた。

ラジオから流れる暗号を解読したジョイスによると、イギリス軍は新しい橋を建設中であり、5月12日までに完成させた後13日に初めての列車を通過させる予定らしい。さらにイギリス軍本部から橋の爆破命令と「その成功を祈る」主旨の激励が寄せられた。ヤイの話によると12日の夕方には現地に到着するらしい。希望を見出した3人の士気は自然と高まった。

時を同じくして工事現場では、兵士たちが過労により次々と病院へと送り込まれており深刻な人手不足に悩まされていた。そして、工事も予定より大幅に遅れを見せていた。ニコルスンは仕方なく、患者の中から比較的傷の軽いものに軽作業を任せることにした。

敵との遭遇~偵察[編集]

シアーズらはルートの途中にある川でしばしの休息を取っていた。そこに、複数人の日本兵が現れた。シアーズ、ウォーデン、ジョイスの3人は一斉に彼らを射殺した。しかし日本兵が1人逃げたためウォーデンとジョイスが後を追った。追跡したジョイスは日本兵に遭遇。しかし、恐れをなしたジョイスは硬直。そこにウォーデンが駆け付け日本兵を刺殺した。しかしその時ウォーデンは左足を負傷してしまう。その後も進行で大幅に遅れをとるウォーデンであったが、仲間の助けもありなんとか目的地まで辿り着いた。丘から見下ろすと捕虜のイギリス軍兵士らにより見事な橋が架けられていた。

シアーズらが遠くから建設現場を偵察をすると、日本軍とイギリス軍が友好的に橋の建設を記念する旨の看板を設置していた。シアーズらは、橋の爆破についての作戦を練り始めた。橋脚の下3フィートの地点に爆弾を設置。下流に仕掛けた点火箱に電線で繋いで爆破させるという。点火箱の設置場所を思案した結果、川の反対側に仕掛けることにした。点火した者は命懸けで泳いで戻らねばならないため、水泳の得意なジョイスがその役割を志願した。ウォーデンとヤイもジョイスの補佐をすることとなった。足の不自由なウォーデンは万が一のために迫撃砲を備え、二人を援護することにした。かくして爆破計画が実行に移された。

感慨~爆弾の設置~ニコルスンのスピーチ[編集]

その日の夕刻、ニコルスンと斉藤は完成まもない橋の上にいた。苦心の末に完成させた橋を照らす夕陽の美しさに両者とも感慨に浸っていた。そしてニコルスンは、明日で入隊して28年を迎えることを打ち明け、28年間の人生を振り返った。「28年の月日の中で本国にいたのはせいぜい10ヶ月。しかし、その中でインドという国を好きになった。しかし人生が終わりに近づいているのがわかる。そして時々自問する。自分の人生は誰かにとって有意義なものであったかと。でもその自問も今夜で終わりだ」と。

その頃シアーズとジョイスらは、カモフラージュのため墨を全身に黒く塗り、爆弾とともに川を下って橋脚まで辿り着き、橋を爆破すべく爆弾の大掛かりな仕掛けに取り組み始めた。

ニコルスンは、橋の完成を祝った催しの中でスピーチをした。橋ができたことで兵士らを新しい収容所に移すことができること、斉藤所長の計らいで傷病兵は特別に汽車で移動できるようになったこと、また、「陸の孤島のジャングルという僻地で苦難を乗り越え大事業を成し遂げたことは、捕虜となり誇りを失っていた兵士たちに名誉を取り戻し、敗北を勝利に変えることができた」ということを話した。そしてスピーチの終了後、一同は高らかにイギリス国歌を歌い上げた。

橋の下の異変~任務完了[編集]

橋脚に爆弾を仕掛け終えたシアーズらは、点火箱を設置しに下流へと下った。点火箱の確認を終えた後、シアーズとヤイはジョイスを残し向こう岸まで泳いでいって夜を明かした。シアーズとヤイは目を覚ますと、川の水位が下がっていること気付いた。そしてジョイスの手元では電線が剥き出しになっていた。さらに遠くから見ていたウォーデンは爆薬まで目で確認できた。ジョイスが電線を隠すためにひたすら砂を撒き続けていると一発の銃声が聞こえた。橋の完成を祝して斉藤ら日本兵が橋の上を行進、初めて通過する列車を迎え入れようとしていた。ニコルスンと斉藤は最後の点検のため橋の上を歩いていた。クリプトンは局外者でありたいとして丘の上からそれを見守っていた。

そして山の向こうから初めて通過する予定の列車の汽笛が鳴った。ニコルスンが橋の下に目をやると本来あるはずのない縄のようなものが見えた。それを異変と気づいた彼は斉藤と共に橋を降り河を下っていった。すると、一本の木に縄が垂れ下がっているのを見つけた。その縄を辿っていくと大きな石に巻きつけられていた縄は急に重くなった。斉藤に助けを求めようとしたその時、ジョイスが斉藤を背中から刺し殺した。ニコルスンはその場でジョイスを取り押さえた。ジョイスは「自分はイギリス軍兵士である。決死隊の命令で橋を爆破しに来た」と言った。驚愕したニコルスンは慌てて端にいる兵士らに援軍を要請した。

シアーズが飛び出すと日英両軍は一斉に射撃を開始。ジョイスは流れ弾に当たり絶命。向こう岸にいたヤイも射殺された。かつて収容所で共に時間を過ごしたシアーズが銃弾を浴びながらも自分を睨んでくるのを見てニコルスンは愕然とした。「自分は何のために橋を建設したのだ・・・」。

さらにウォーデンの援護射撃を喰らったニコルスンは意識が朦朧となり、点火箱のスイッチの上に倒れこんだ。丁度その時、列車が橋を通過しようとしていた。結末は最悪の事態であった。橋の爆発により日英双方の兵士、シアーズ、ヤイ、さらには列車の乗客までが犠牲になった。ウォーデンは「仲間を捕虜にしないためにはこれしか手段がなかった」と言い訳するしかなかった。

丘から降りてきたクリプトンは爆破後の悲惨な光景を目の当たりにして「馬鹿げている。信じられない」と嘆くだけであった。そして、河には「1943年、ニコルスン隊長の下、イギリス軍一同が橋を設計・建設」と書かれた看板がただ空しく浮かぶばかりであった。

受賞/ノミネート[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ピエール・ブール著『戦場にかける橋』(1952年) - 原題:Le Pont de la rivière Kwaï(fr) / The Bridge over the River Kwai(en)

外部リンク[編集]