戦場にかける橋2/クワイ河からの生還

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
戦場にかける橋2/クワイ河からの生還
Return from the River Kwai
監督 アンドリュー・V・マクラグレン
脚本 サルゴン・タミミ
ポール・マイヤーズバーグ
原作 ジョーン・ブレア
クレイ・ブレア・Jr
製作 カート・アンガー
製作総指揮 ダニエル・アンガー
出演者 エドワード・フォックス
仲代達矢
ジョージ・タケイ
ティモシー・ボトムズ
クリストファー・ペン
音楽 ラロ・シフリン
撮影 アーサー・ウースター
編集 アラン・ストラカン
配給 (海外)ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 イギリスの旗 1989年4月7日
日本の旗 1989年10月14日
上映時間 101分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

戦場にかける橋2/クワイ河からの生還』(せんじょうにかけるはし2 クワイがわからのせいかん 原題:Return from the River Kwai)は、1989年制作のイギリス戦争映画。日本からも仲代達矢らが出演している。

原題・邦題共に1957年の映画『戦場にかける橋』(原題:The Bridge on The River Kwai)の続編であるかのようなタイトルだが、実際には無関係の作品である。その為、「戦場にかける橋」の権利元から商標侵害について訴訟を受け、アメリカ合衆国での上映は行われなかった[1]

あらすじ[編集]

日本軍タイビルマ戦線で捕虜となった連合軍兵士たちを動員して造らせたクウェー川鉄橋が爆破された。

日本政府は国内の労働力不足を補うため、生き残った捕虜たちを日本本土へ護送しようとしていた。それを知った捕虜たちは奇襲攻撃などで抵抗を試みるが、ことごとく失敗に終わり、多くの犠牲者を出してしまう。

そしてついに、サイゴンから日本本土へと輸送船で送られる事になった彼等だが、1人逃れたアメリカ空軍のクロフォード中尉、そして船中ではオーストラリア海軍のハント中佐とイギリス軍のベンフォード少佐が反撃の機会をうかがっていた…。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ベンフォード少佐 エドワード・フォックス 小林勝彦
原田少佐 仲代達矢 仲代達矢
田中中尉 ジョージ・タケイ 緒方賢一
ミラー水兵 ティモシー・ボトムズ
クロフォード中尉 クリストファー・ペン
ハント中佐 ニック・テイト
グレイソン大佐 デンホルム・エリオット
小沢大佐 高橋悦史
山下憲兵中尉 長森雅人

脚注[編集]

  1. ^ Tri-Star Pictures, Inc. v. Leisure Time Productions, BV, 749 F. Supp. 1243 (S.D.N.Y 1990)”. 2015年3月23日閲覧。

外部リンク[編集]