クイズ・ショウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クイズ・ショウ
Quiz Show
監督 ロバート・レッドフォード
脚本 ポール・アタナシオ
原作 リチャード・N・グッドウィン
製作 ロバート・レッドフォード
マイケル・ジェイコブス
ジュリアン・クレイニン
マイケル・ノジク
製作総指揮 フレデリック・ゾロ
リチャード・ドレイファス
ジュディス・ジェイムズ
出演者 レイフ・ファインズ
ジョン・タトゥーロ
ロブ・モロー
音楽 マーク・アイシャム
撮影 ミヒャエル・バルハウス
編集 ステュー・リンダー
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年9月14日
日本の旗 1995年3月25日
上映時間 133分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $24,822,619[1] アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

クイズ・ショウ』(Quiz Show)は1994年制作のアメリカ映画。1950年代に実在したNBCの人気テレビ番組『21(トウェンティワン)』をめぐるスキャンダルを、ロバート・レッドフォードが監督して映画化した。原作者はリチャード・グッドウィン(Richard N. Goodwin)[2]であり、映画にはディックとして登場する。

物語[編集]

1950年代後半、アメリカではテレビが勢いを増し、民衆は裕福な生活を渇望している時代だった。高額賞金で国民的人気のクイズ番組「21(トウェンティワン)」で連勝中のユダヤ人、ハービー・ステンペル(ジョン・タトゥーロ)は、華のないその容姿からスポンサーである製薬会社から疎まれており、番組制作会社のプロデューサー、ダンとアルはハービーに代わるヒーローとして、クリスチャンで容貌、教養、家柄において文句のない白人大学講師(週給86ドルと薄給)、チャールズ・ヴァン・ドーレン(レイフ・ファインズ)に目を付ける。ダンとアルはクイズの問題と解答を教えようとチャールズに持ちかけるが、フェアに戦いたいとチャールズは断る。

最近「21」の視聴率が横ばいなのは、常勝のハービーが視聴者に飽きられているのが原因かとプロデューサーも感じ始め、放送局(NBC)社長からもチャンピオン交代の暗黙の指示が。プロデューサーはハービーをレストランに招き、次回の出演で間違えるように指示する。「1955年のアカデミー作品賞は?」厳重に本番直前まで金庫に保管されているはずの問題を、プロデューサーはハービーに伝えた。現在の賞金7万ドルで手を打つことを強要されたのだ。家に帰りやらせで敗退することを承諾したことを妻に打ち明けると、猛反対されてハービーはプロデューサーの指示に従わない決意をした。

しかし対決の日、敗退を迫られていたハービーはためらいながらもわざと誤答し、チャールズへの問題はオーディションの時に出された彼の知っているものだった。ついにチャンピオンが交代した。優勝賞金2万ドルを獲得し、やらせの嫌な後味が残るものの、教育水準向上の一助になると言いくるめられたチャールズは、その後も不正を続けて行く。容姿端麗の独身の白人男性がチャンピオンに変わったことで、番組の視聴率は鰻登り、ついにはNBCはトップに躍り出る。一方冷遇され憤慨したハービーは「21」の八百長を大陪審に告発するものの、なぜか封印されてしまう。

たまたまその封印の新聞記事を読んだ立法管理小委員会の捜査官、ディック・グッドウィン(ロブ・モロー)は封印ということに不思議を感じ、テレビ局の不正を裁こうとニューヨークに向かい、調査に乗り出す。ハービーにはユダヤ人なのによくハーバード大学を出られたなと驚かれる。やがて、コロンビア大学教授になったチャールズの人柄とヴァン・ドーレン一家の知性に魅力を感じ始め、妻から「あなたはユダヤ人のアンクル・トムよ」「チャールズが出ないのはハムレットのいない『ハムレット』」となじられる。ダンらはハービーの精神状態が問題だったという。ハービーも答を教えてもらったことがあると告白。しかし、録画を確認していて、八百長を証明する新たな証人と確かな証拠が見つかる。チャールズは15週目の対戦でチャンピオンの座を降りる。ディックはチャールズが笑っていたといって八百長だという。

全米放送史上空前の一大スキャンダルに発展する。立法委員会に証人喚問されたハービーがリハーサルもあったと八百長を告白。全米のマスコミが注目する中、チャールズはピューリッツァー賞詩人の父と話し、喚問されていないのに聴問会に証人として出席して不正を認める声明を発表する。ダンたち製作陣は解雇されたが、チャールズの態度は1名を除く裁判官から感動したといわれるが、大学からは辞任を勧告される。ディックは「テレビは勝ち残る」といって、暗澹たる思いに包まれる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ハービー・ステンペル ジョン・タトゥーロ 福田信昭
ディック・グッドウィン ロブ・モロー 牛山茂
チャールズ・ヴァン・ドーレン レイフ・ファインズ 宮本充
マーク・ヴァン・ドーレン(チャールズの父) ポール・スコフィールド 大木民夫
ダン・エンライト(NBCプロデューサー) デヴィッド・ペイマー 秋元羊介
アル・フリードマン(NBCプロデューサー) ハンク・アザリア 田中正彦
ジャック・バリー(「21」司会者) クリストファー・マクドナルド 大塚芳忠
ドロシー(チャールズの母) エリザベス・ウィルソン
サンドラ(ディックの妻) ミラ・ソルヴィノ 田中敦子
トビー(ハービーの妻) ジョアン・カルロ 佐藤しのぶ
デイブ・ギャロウェイ(人気番組「トゥデイ」司会者) バリー・レヴィンソン 藤本譲
製薬会社社長 マーティン・スコセッシ
NBC社長 アラン・リッチ 今西正男
経理人 グリフィン・ダン 喜多川拓郎

受賞とノミネート[編集]

エピソード[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Quiz Show (1994)”. Box Office Mojo. 2010年4月11日閲覧。
  2. ^ 映画の最後に明かされるが、後にホワイトハウスのスピーチライターとなり、ケネディやジョンソン大統領に仕える。

外部リンク[編集]