ゼロ・ダーク・サーティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼロ・ダーク・サーティ
Zero Dark Thirty
監督 キャスリン・ビグロー
脚本 マーク・ボール
製作 マーク・ボール
キャスリン・ビグロー
ミーガン・エリソン
製作総指揮 コリン・ウィルソン
グレッグ・シャピロ
テッド・シッパー
出演者 ジェシカ・チャステイン
ジェイソン・クラーク
ジョエル・エドガートン
音楽 アレクサンドル・デスプラ
撮影 グレイグ・フレイザー英語版
編集 ウィリアム・ゴールデンバーグ
ディラン・ティチェナー
製作会社 アンナプルナ・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年12月19日
日本の旗 2013年2月15日
上映時間 157分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[2]
興行収入 $108,720,716[3]
テンプレートを表示

ゼロ・ダーク・サーティ』(Zero Dark Thirty)は、ウサーマ・ビン・ラーディンの捕獲・殺害ミッションに挑む特殊部隊を描いた2012年アメリカ合衆国アクションサスペンス映画

ストーリー[編集]

若き女性CIA分析官マヤが、アルカーイダによるテロ、親しい同僚女性の殺害、理解のない上司など、様々な障害や困難にもくじけることなく、粘り強い調査分析を続け、ウサーマ・ビン・ラーディンを追いつめるまでを描く。

キャスト[編集]

製作[編集]

タイトル[編集]

ワーキングタイトルは『For God and Country』であった[6]。正式タイトルの『Zero Dark Thirty』はティーザー予告編が公開された際に公式に確認された[7]。ビグローによると、タイトルは軍事用語で午前0時30分を指す[8][9]

撮影[編集]

撮影はインドチャンディーガルで行われた。チャンディーガルの一部はパキスタンのラホールと2011年5月に実際にビン・ラーディンが発見・殺害されたアボッターバードとして撮られた[10]。インドをパキスタンとして描いたことに対して、右派系ヒンドゥー教徒から抗議を受けたと報じられた[11][12]

音楽[編集]

映画音楽作曲のため、アレクサンドル・デスプラが雇われた[13]。音楽はロンドン交響楽団が演奏し、サウンドトラックアルバムは2012年12月19日に発売された[14]

登場人物のモデル[編集]

  • アフガニスタンの自爆テロで死んだジェシカのモデルは、アルカイダの専門家だったジェニファー・マシューズ。CIAの無能な上司ブラッドリーは、当時パキスタン基地の主任だったジョナサン・バンクスをもとにしていると言われている[誰によって?]
  • 主人公のマヤのモデルはハッキリせず、「マヤのモデルは男性。襲撃作戦を指揮したのも彼だ」というジャーナリストのピーター・バージェンの意見や、「マヤのような単独行動をとれるものは存在せず、複数の捜査官のエピソードを組み合わせたもの」という元CIA分析官のナダ・バコシュの意見もある。また、元SEALs隊員のマット・ビソネットは、自伝の中で「ビン・ラディン暗殺の中心にいたのは女性。ジェンという名の捜査官がモデルだろう」と見解を述べているが、いずれも確証はなく、 国家機密の公開が許可される2061年までは、国家秘密とされている。

[15]

評価[編集]

政治的論争[編集]

党派間の論争[編集]

党派的な政治的論争は撮影が始まる前から既に沸き起こっていた[16]。オバマ政権の反対派たちは、『ゼロ・ダーク・サーティ』の公開予定日は11月の大統領選挙の1ヶ月前の10月であり、ラーディン殺害指令を国民に思い出させ、オバマ再選を支援するものであると主張している[17][18]。ソニーは公開予定日に政治的要因があることを否定し、アクション・スリラー映画を公開するのに最適であったために選んだと述べた。さらに本作の脚本家は「大統領は映画には登場しない。彼は全く居ない」と付け加えた[19]。映画批評家受けを考慮した配給のコロンビア映画は、2012年末から2013年初頭公開への変更を検討した。その後、限定公開日は2012年12月19日に決まった[6][20][21][22][23]。拡大公開日は、クリスマス期間の他作品との競合を避け、アカデミー賞に近くなるように2013年1月11日に変更された[24]。限定公開後、作中の拷問の描写を巡って論争が起こった後、『ニューヨーク・タイムズ』のフランク・ブルーニ英語版は「一部の保守主義者が恐れた親オバマ的プロパガンダとは程遠い」と結論を下した[25]

機密情報問題[編集]

映画のためにリサーチをしていたビグローたちはアメリカ合衆国大統領のバラク・オバマから作戦の詳細を記した重要情報へのアクセス権を得たと報じられ、国家安全保障を危険にさらすと非難されたが[26]、ビグロー側はこれを否定した[27][28]

拷問描写に対する論争[編集]

2012年12月19日、ウサーマ・ビン・ラーディンの所在を割り出すためCIAが拷問を用いたという印象を与えるとしてダイアン・ファインスタインら米有力上院議員がソニー・ピクチャーズに抗議した[29]

映画評論家の反応[編集]

2012年12月24日時点でRotten Tomatoesでは85件のレビューで支持率は93%、平均点8.6/10[30]Metacriticでは28件で加重平均値は95/100となっている[31]

受賞とノミネート[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ ZERO DARK THIRTY (15)”. British Board of Film Classification (2012年11月28日). 2012年11月28日閲覧。
  2. ^ Producer Siblings Megan and David Ellison Betting Big on Holiday Box Office; The Hollywood Reporter; December 5, 2012
  3. ^ Zero Dark Thirty (2012)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年4月16日閲覧。
  4. ^ a b “Bin Laden Film’s Focus Is Facts, Not Flash”. New York Times. (2012年11月23日). http://www.nytimes.com/2012/11/24/movies/zero-dark-thirty-by-kathryn-bigelow-focuses-on-facts.html?_r=0 
  5. ^ Gandolfini will Play Leon Panetta in Zero Dark Thirty, EW gets the Exclusive
  6. ^ a b No conspiracy: New documents explain Pentagon, CIA cooperation on 'Zero Dark Thirty'; Entertainment Weekly; August 28, 2012
  7. ^ Bin Laden movie trailer is out; filmmakers are talking; azcentral.com; August 6, 2012
  8. ^ http://en.wiktionary.org/wiki/oh_dark_thirty
  9. ^ Breznican, Anthony (2012年8月6日). “FIRST LOOK: Obama not in 'Zero Dark Thirty' thriller about hunt for Osama bin Laden -- EXCLUSIVE”. Inside Movies (エンターテインメント・ウィークリー). http://insidemovies.ew.com/2012/08/06/zero-dark-thirty-first-look/ 2012年11月8日閲覧。 
  10. ^ “Chandigarh turns Lahore”. The Times of India. (2012年3月3日). http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hollywood/news-interviews/Chandigarh-turns-Lahore/articleshow/12110731.cms 
  11. ^ “VHP, Shiv Sena protest against Osama film”. The Times of India. (2012年3月3日). http://timesofindia.indiatimes.com/city/chandigarh/VHP-Shiv-Sena-protest-against-Osama-film/articleshow/12118796.cms 
  12. ^ “Hindus protest against Bin Laden film that portrays Pakistan on Indian soil”. ロンドン. (2012年3月2日). http://www.guardian.co.uk/world/2012/mar/02/protest-bin-laden-film-pakistan-india 
  13. ^ “Alexandre Desplat to Score Kathryn Bigelow's 'Zero Dark Thirty'”. Film Music Reporter. http://filmmusicreporter.com/2012/09/15/alexandre-desplat-to-score-kathryn-bigelows-zero-dark-thirty-1 2012年11月7日閲覧。 
  14. ^ ‘Zero Dark Thirty’ Soundtrack Details”. Film Music Reporter (2012年12月10日). 2012年12月14日閲覧。
  15. ^ 「映画になった奇跡の実話」 鉄人ノンフィクション編集部
  16. ^ Obama not in 'Zero Dark Thirty' thriller about hunt for Osama bin Laden; Entertainment Weekly; August 6, 2012
  17. ^ Glenn Greenwald (2012年5月23日). “WH leaks for propaganda film”. Salon. オリジナル2012年5月24日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/67tYMTV9h 2012年5月24日閲覧。 
  18. ^ “Barack Obama campaigns in Hollywood style”. The Times of India. (2012年5月2日). http://timesofindia.indiatimes.com/life-style/people/Barack-Obama-campaigns-in-Hollywood-style/articleshow/12950189.cms 2012年5月24日閲覧。 
  19. ^ First look at the Osama bin Laden movie; CNN; August 7, 2012
  20. ^ Hudson, John (2012年5月17日). “Is Harvey Weinstein Plotting an October Surprise for Obama?”. The Atlantic Wire. http://www.theatlanticwire.com/politics/2012/05/harvey-weinstein-plotting-october-surprise-obama/52469 2012年5月24日閲覧。 
  21. ^ Government communicated with "Zero Dark Thirty" makers; Chicago Tribune; August 29, 2012
  22. ^ Bin Laden Movie Gets Pushed Back; IGN Entertainment; October 20, 2011
  23. ^ Release Date of Bin Laden Film May Change; New York Times; October 19, 2011
  24. ^ Shaw, Lucas (2012年11月1日). “Kathryn Bigelow's 'Zero Dark Thirty' wide release delayed”. Chicago Tribune. 2012年11月2日閲覧。
  25. ^ Bruni, Frank (2012年12月8日). “Bin Laden, Torture and Hollywood”. The New York Times. 2012年12月10日閲覧。
  26. ^ Cieply, Michael (2012年1月6日). “Film About the Hunt for Bin Laden Leads to a Pentagon Investigation”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2012/01/07/movies/film-on-bin-laden-hunt-leads-to-pentagon-investigation.html?_r=1&ref=petertking 
  27. ^ Child, Ben (2011年8月11日). “Kathryn Bigelow denies White House favouritism over Bin Laden film”. The Guardian (ロンドン). http://www.guardian.co.uk/film/2011/aug/11/kathryn-bigelow-bin-laden-film 
  28. ^ キャスリン・ビグロー監督、新作のためオバマ政権から極秘情報を入手か?声明を公表”. シネマトゥデイ (2011年8月13日). 2012年5月7日閲覧。
  29. ^ ソニー・ピクチャーズを非難=ビンラディン映画「不正確」-米有力議員”. ワシントン時事 (2012年12月20日). 2012年12月20日閲覧。
  30. ^ Zero Dark Thirty - Rotten Tomatoes”. 2012年12月24日閲覧。
  31. ^ Zero Dark Thirty - Metacritic”. 2012年12月24日閲覧。

外部リンク[編集]