ユナイテッド93

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユナイテッド93
United 93
監督 ポール・グリーングラス
脚本 ポール・グリーングラス
製作 ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
ポール・グリーングラス
ロイド・レヴィン
製作総指揮 ライザ・チェイシン
デブラ・ヘイワード
音楽 ジョン・パウエル
撮影 バリー・アクロイド
編集 クレア・ダグラス
リチャード・ピアソン
クリストファー・ラウズ
製作会社 ワーキング・タイトル
スタジオカナル
SKEエンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年4月28日
日本の旗 2006年8月12日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000[1]
興行収入 $76,286,096[1]
テンプレートを表示

ユナイテッド93』(United 93)は、2006年アメリカ映画2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロハイジャックされた4機のうち、唯一目標に達しなかったユナイテッド航空93便の離陸から墜落までの機内の様子や、地上の航空関係者たちのやりとりを描いたノンフィクション映画である。

あらすじ[編集]

2001年9月11日、ニューアーク国際空港サンフランシスコ国際空港行き「ユナイテッド93便」が朝の離陸ラッシュに巻き込まれ予定時刻を30分程遅れて出発しようとしていた頃、ハイジャックされたアメリカン航空11便、ユナイテッド航空175便がニューヨークワールドトレードセンターに激突し、アメリカン航空77便がバージニア州アーリントン郡アメリカ国防総省に墜落した。ユナイテッド93便の操縦室もテロリストに占拠され、他機での自爆テロを知った乗客達はテロリストに立ち向かうことを決断する[2][3]

キャスト[編集]

乗務員[編集]

テロリスト[編集]

乗客[編集]

日本語吹替[編集]

役名 俳優 日本語吹替
DVD版 テレビ東京
ジェイソン・M・ダール機長 J・J・ジョンソン 仲野裕 伊藤和晃
ロレイン・G・ベイ ナンシー・マクダニル 塩田朋子
サンドラ・ブラッドショー トリッシュ・ゲイツ 吉田美保 小林さやか
シーシー・ライルズ オパル・アラディン 紗川じゅん
デボラ・ウェルシュ ポリー・アダムス 定岡小百合
ズィアド・ジャッラーフ ハリド・アブダラ 佐々木睦
サイード・アル=ガムディー ルイス・アルサマリ 丸山壮史
ベン・スライニー 筈見純 津嘉山正種
ロバート・マール大佐 グレッグ・ヘンリー 佐々木敏
  • 地上波初回放送:2008年11月20日、テレビ東京「木曜洋画劇場」40周年記念放送。

製作[編集]

出演者は無名俳優が中心に選ばれた。また、リアリティを追求するために、パイロットや客室乗務員役にはその職業の経験者を起用。また、空港との無線等には、事件当時の実際の音声が一部使用されている。映画を作製するにあたり、ほぼすべての遺族と連絡をとり了解を得た。また何人かの俳優が自身が演じる役をより深く理解するため、遺族のもとを直接訪れた。

監督をはじめとする製作スタッフは犠牲者の遺族や関係機関へ入念な取材を行った。また管制官や一部の出演者は、当日に現場で勤務していた本人が演じているという[4]

スタッフ[編集]

補足[編集]

  • カメラワークは安定せず、まるで観客が自身も93便の一員であるかのような視点で話が進行する。故に相当の臨場感をかもし出している。
  • リアリティ追求のため当時の誤報、情報の錯綜もすべて再現してある。
  • この映画のテロリストの標的はアメリカ合衆国議会議事堂であったことを明確にしているシーンがある。
  • テレビ映画エアポート ユナイテッド93』(Flight 93)という作品が存在するが、本作とは無関係である。

脚注[編集]

  1. ^ a b United 93 (2006)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月6日閲覧。
  2. ^ 作品情報シネマトゥデイ
  3. ^ 作品情報MovieWalker
  4. ^ 解説allcinema

関連項目[編集]

外部リンク[編集]