ワーキング・タイトル・フィルムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Working Title Films
企業形態 番組制作会社
業種 映画製作
設立 1983年
本部

メアリルボーン

イギリスの旗 イギリスロンドン
拠点数 アイルランド
カリフォルニア州ロサンゼルス
代表者等 ティム・ビーヴァン
サラ・ラドクリフ
エリック・フェルナー
ライザ・チェイシン
デブラ・ヘイワード
ナターシャ・ワートン
株主 ポリグラム(1991年 - 1999年)
ユニバーサル・ピクチャーズ(2000年 - 現在)
子会社 WT2 Productions
Working Title Television
Studio98
ウェブサイト workingtitlefilms.com

ワーキング・タイトル・フィルムズWorking Title Films)は、イギリスロンドンを拠点とする映画製作会社である。1983年にティム・ビーヴァンサラ・ラドクリフによって設立された。2011年現在は、ビーヴァンとエリック・フェルナーが共同で所有している。

会社概要[編集]

ワーキング・タイトル・フィルムズは1983年にプロデューサーのティム・ビーヴァンサラ・ラドクリフが設立した。1992年、ポリグラムがワーキング・タイトルの後援企業となった。ラドクリフがワーキング・タイトルを離れた後、自主映画のプロデューサーであるエリック・フェルナーが入社した[1]。会社はポリグラムロンドン拠点の製作会社であるポリグラム・フィルムド・エンターテインメントのために多数の映画を製作した。アングロダッチ系映画スタジオであるポリグラム・フィルムズはメジャー・ハリウッドと競いあうようになった。1999年、ポリグラムはシーグラムに買収され、MCAミュージック・エンターテインメントと合併し、ユニバーサルミュージックを形成した。ポリグラム・フィルムは合併し、1999年にユニバーサル・ピクチャーズに買収された。

ワーキング・タイトルは最高3500万ドルの予算内であらゆる映画の製作を許可されているが、実際にはまずスタジオ幹部のビーヴァンとフェルナーが親会社のNBCユニバーサルに相談する[2]。ワーキング・タイトルはロンドンを拠点とし、少数の従業員を雇っている。また同社はロサンゼルスアイルランドにもオフィスを構えている。

WT2プロダクションズ[編集]

1999年、ビーヴァンとフェルナーはワーキング・タイトル2・プロダクションズ(通称: WT2)という名の子会社を立ち上げた。同社はナターシャ・ワートンが運営する自主映画の製作会社であり、これまでに『リトル・ダンサー』、『ショーン・オブ・ザ・デッド』、『チャンピオン 明日へのタイトルマッチ』などを製作した[1]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]