ボーン・スプレマシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボーン・スプレマシー
The Bourne Supremacy
監督 ポール・グリーングラス
脚本 トニー・ギルロイ
ブライアン・ヘルゲランド
原作 ロバート・ラドラム
『殺戮のオデッセイ』
製作 パトリック・クローリー
フランク・マーシャル
ポール・L・サンドバーグ
製作総指揮 ダグ・リーマン
マット・ジャクソン
ヘンリー・モリソン
ティエリー・ポトク
ジェフリー・M・ワイナー
出演者 マット・デイモン
音楽 ジョン・パウエル
撮影 オリヴァー・ウッド
編集 リチャード・ピアソン
クリストファー・ラウズ
製作会社 ケネディ/マーシャル
ラドラム・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年7月15日
日本の旗 2005年2月11日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $75,000,000[1]
興行収入 $288,500,217[1] 世界の旗
$176,241,941[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
前作 ボーン・アイデンティティー
次作 ボーン・アルティメイタム
テンプレートを表示

ボーン・スプレマシー』(: The Bourne Supremacy)は、2004年公開のアメリカ映画。『ボーン・アイデンティティー』の続編。ロバート・ラドラムのベストセラーとなったスパイ・スリラー小説『殺戮のオデッセイ』の映画化。続編は『ボーン・アルティメイタム

概要[編集]

北アメリカでは2004年7月15日にプレミア上映されたのち、7月23日に3165館で公開され、週末興行成績で初登場1位になり、トップ10内には7週間いた。日本では翌2005年2月11日に日劇1系列ほかで公開され、全国週末興行成績では初登場3位となり、同日封切り作品のなかではトップの成績となった。

北アメリカ内での興行収入は1億7千万ドルを超え、2004年公開作品中8位である。

あらすじ[編集]

前作から2年。CIAのパメラ・ランディは、ベルリンである事件の調査を行っていたが、何者かの襲撃を受け、調査チームの一人が死亡。時を同じくして、ボーンたちにも危険が迫る。人目を避けてインドゴアで暮らしていたジェイソン・ボーンと恋人のマリーに刺客が迫り、マリーは殺されてしまう。ボーンはCIAが自分を始末しようとしていると推測してCIAを追い、CIAのパメラは現場に残されたボーンの指紋から襲撃犯はボーンだと考えボーンを追う。そしてベルリンとモスクワを舞台に、次第に「トレッドストーン計画」に隠された真実が明らかになっていく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト・
テレビ朝日版
日本テレビ版
ジェイソン・ボーン マット・デイモン 平田広明 中村繁之
マリー・クルーツ フランカ・ポテンテ 湯屋敦子 山崎美貴
パメラ・ランディ ジョアン・アレン 小山茉美 塩田朋子
キリル カール・アーバン 根本泰彦 津田健次郎
アレクサンダー・コンクリン クリス・クーパー 菅生隆之 野沢那智
ワード・アボット ブライアン・コックス 糸博 瑳川哲朗
ニコレット"ニッキー"・パーソンズ ジュリア・スタイルズ 沢海陽子 本田貴子
マーティン・マーシャル次官 トーマス・アラナ 田原アルノ 納谷六朗
ダニー・ゾーン ガブリエル・マン 宮本充 成田剣
トム・クローニン トム・ギャロップ 古澤徹 佐久田修
テディ ジョン・ベッドフォード・ロイド 仲野裕
グレツコフ カレル・ローデン 内田直哉 金尾哲夫
ジャーダ マートン・チョーカシュ 内田直哉
キム ミシェル・モナハン 田村聖子
ジョン・ネビンス ティム・グリフィン 樫井笙人
  • ソフト・テレビ朝日版
その他声の出演:浅井清己花輪英司渡辺英雄加藤将之
テレビ朝日版追加キャスト:志村知幸永木貴依子川端麻衣
日本語版制作スタッフ:演出:神尾千春、翻訳:栗原とみ子、調整:菊池悟史、制作:本田哲浩、ブロードメディア・スタジオ
初回放送:2012年9月30日、日曜洋画劇場
テレビ朝日にて放映された際には、ボーン、キリル、グレツコフの一部のロシア語の台詞の吹き替えがソフト版のキャストで追加収録された。また、ホテル・ブレッカーの従業員などソフト版では原語音声が流用されていた部分も新たに日本語に吹き替えられた。
  • 日本テレビ版
その他声の出演:佐古真弓谷昌樹星野貴紀藤原美央子奥田啓人斉藤次郎をはり万造加藤悦子四宮豪
初回放送:2007年11月9日、金曜ロードショー

脚注[編集]

  1. ^ a b c The Bourne Supremacy (2004)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月6日閲覧。

外部リンク[編集]