ボーンシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボーンシリーズ
The Bourne Series
監督 ダグ・リーマン(1作目)
ポール・グリーングラス(2-3作目)
トニー・ギルロイ(4作目)
脚本 トニー・ギルロイ(1-4作目)
ウィリアム・ブレイク・ヘロン(1作目)
ブライアン・ヘルゲランド(2作目)
スコット・Z・バーンズ(3作目)
ジョージ・ノルフィ(3作目)
ダン・ギルロイ(4作目)
原案 トニー・ギルロイ(3-4作目)
原作 ロバート・ラドラム(1-4作目)
製作 パトリック・クロウリー(1-4作目)
フランク・マーシャル(2-4作目)
ポール・L・サンドバーグ(2-3作目)
製作総指揮 ロバート・ラドラム(1作目)
フランク・マーシャル(1作目)
ダグ・リーマン(2-3作目)
出演者 マット・デイモン
ジュリア・スタイルズ
ジョアン・アレン
クリス・クーパー
ブライアン・コックス
デヴィッド・ストラザーン
フランカ・ポテンテ
音楽 ジョン・パウエル(1-3作目)
ジェームズ・ニュートン・ハワード(4作目)
主題歌 モービーエクストリーム・ウェイズ
撮影 オリヴァー・ウッド(1-3作目)
ロバート・エルスウィット(4作目)
編集 サー・クライン(1作目)
リチャード・ピアソン(2作目)
クリストファー・ラウズ(2-3作目)
ジョン・ギルロイ(4作目)
製作会社 ザ・ケネディ/マーシャル・カンパニー
ラドラム・エンターテインメント
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 2002年 - 継続中
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ボーン』シリーズは、作家のロバート・ラドラムが創造した、心因性健忘に苦しむ[1]架空の元CIA暗殺者ジェイソン・ボーンを主役としたスパイ映画である。脚本はそれぞれ、ラドラムの3冊の小説を原作としており、ジェイソン・ボーンを演じるのはマット・デイモンである。第1作『ボーン・アイデンティティー』(2002年)はダグ・リーマン、第2作『ボーン・スプレマシー』(2004年)と第3作『ボーン・アルティメイタム』(2007年)はポール・グリーングラスが監督し、第4作『ボーン・レガシー』はトニー・ギルロイが監督し、4作品すべての脚本にギルロイが参加している。本シリーズはCGIを用いたものが増えた近年のアクション映画とは対象的にリアリズムを重視していることで有名である[2]

製作[編集]

ダグ・リーマン監督は高校生のときに読んで以来、ロバート・ラドラムの『暗殺者』のファンであったと述べており、リーマンが『スウィンガーズ』を作り終えた頃に、小説の映画化を企画しようと決めた。ワーナー・ブラザーズからの本への権利を手に入れて2年以上の後、脚本家のトニー・ギルロイと更に1年に渡って脚本を開発し、映画は2年間の製作活動に直面した[3]。リーマンは最終的にマット・デイモンをボーン役にキャスティングする以前、ラッセル・クロウシルヴェスター・スタローンを含む広範囲にわたる俳優と接触した[4]。撮影の合間にも脚本の書き直しが何度も行われ、リーマンは絶えずユニバーサルの幹部と言い争い、製作は難航した[5]

2003年6月、ユニバーサルはイギリスのポール・グリーングラスが続編の『ボーン・スプレマシー』を監督すると発表した[6]。グリーングラスは3作目『ボーン・アルティメイタム』も監督した。

作品[編集]

ボーン・アイデンティティー[編集]

地中海上に浮かぶ男性が漁船によって救助される。男は背中に2つの弾痕を負い、さらに記憶を失っており、唯一の手掛かりは皮膚の下に埋め込んであったマイクロカプセルが示すスイス銀行の口座番号であった。さっそく男は銀行へ向かい、番号が示す貸金庫を開けるとそこで自分の顔写真が貼られたパリ在住の「ジェイソン・ボーン」名義を始めとした、それぞれ名前の違う6個の偽造パスポート、大量の札束、そして一丁の銃を見つけた。ボーンの正体は、亡国の政治家のウァムボージー暗殺任務に失敗したCIAの暗殺者・通称「トレッドストーン」の一人であり、その生存に気付いた当局は、証拠隠滅の為にボーンを葬ろうと暗殺者達を送り込む。 が、それより早く、スイス到着後に警官を叩きのめした事で警官に追われていたボーンは、アメリカ領事館へ追ってきた警察官の訴えから、領事館で捕らえられそうになる。 その場で、領事館の職員を倒した事から、駐在の海兵隊に追われて、何とか領事館からの脱出に成功する。 そこへ偶然居合わせたマリー・クルーツに金を支払いパリまでの同行を頼み、追跡を振り切る。 その道中でやがて2人は惹かれ合い、ともにボーンの記憶を取り戻そうとするが、今度はCIAから送りこまれたトレッドストーン達に追われる事となる。

ボーン・スプレマシー[編集]

あの逃亡劇から2年後。ボーンはインドゴアでマリーと静かに暮らしていたが、街を一人で歩いている時に、不審な男を見かけ、自分への刺客だと直感する。 危険を感じたボーンは、マリーと合流するが、その直後に男の襲撃を受け、マリーを殺されてしまう。 CIAの仕業と考えたボーンは復讐の為に動き始める。 その過程で、様々な情報を得た事で、断片的に記憶を取り戻したボーンは真実を告げるために、一人の少女を捜し求めてロシアへ赴く。

ボーン・アルティメイタム[編集]

マリーを殺した男への復讐を果たしてから半年後、ロシアでの傷を癒したボーンは、トレッドストーン計画の首謀者を捜し出し、決着をつけようと動き出す。 その手始めとして、新聞にトレッドストーン計画と、ジェイソン・ボーンについての記事を書いた、イギリスの新聞記者、サイモン・ロスとの接触を試みたところ、すでにトレッドストーン計画は終了しており、新たにブラックブライアー作戦が進行していて、そうなったのはボーン自身がきっかけとなった事を聞かされる。 ブラックブライアー作戦は、トップシークレットであり、その存在を知っているサイモン・ロスを、CIAのニューヨーク支局が危険人物と判断し、逮捕の指示を出していて、ボーンと接触したところへ、CIAの局員が、サイモン・ロスを逮捕しようと現れる。 それを悟ったボーンは、彼を守りながら逃走しようとするが、パニックを起こしてしまったロスが、ボーンの指示に従わなかった為、ついにブラックブライアーによって生み出された暗殺者に殺害されてしまった。 手がかりを失ったボーンは、ロスの遺留品から糸をたぐり始めて行くが、その先で思わぬ協力者を得る。

ボーン・レガシー[編集]

ユニバーサル・ピクチャーズは元々、『ボーン・アルティメイタム』がシリーズ最終作とするつもりであったが、2008年10月までに別の映画の企画を進行させていた[7]。『ボーン・アルティメイタム』の共同脚本のジョージ・ノルフィは、ロバート・ラドラムの小説のどれも原作にせず、4作目の脚本を書くことになっていた[7]。ノルフィは2009年9月に『アジャストメント』を監督するため、ジョシュア・ゼトゥマーが8月までに脚本家として雇われた[8]。2009年11月、マット・デイモンは、脚本は承認されておらず、自分は撮影が2011年中頃に開始されることを望むと述べた[9]。翌月、デイモンはポール・グリーングラス抜きでは新たな『ボーン』には参加しないと発言した(グリーングラスは11月下旬、監督に復帰しないと決めたと表明していた)[10]。2010年1月、デイモンは「私たちがそれをやるとしてもあと5年後になると思われ、その前に別の俳優と別の監督による前日譚があるだろう」と発言した[11]

しかしながら、2010年6月にトニー・ギルロイが2012年に公開を目指して脚本を書いていると報じられた[12]。10月29日、ユニバーサルは『ザ・ボーン・レガシー』の公開日を2012年8月3日と発表した[13]

2010年10月11日、ボーンが『ザ・ボーン・レガシー』に登場しないと報じられた[14]。ギルロイによると、『レガシー』はリブートや前日譚の類ではなく、シリーズと同一世界でボーンのような新キャラクターが活躍するスピンオフのような作品になると言う。また、ギルロイはデイモンやグリーングラスが今後復帰するのを除外していないと述べた[15]

2011年2月24日、『レガシー』の候補俳優が明らかとなった。リストには、ジェイク・ジレンホールトビー・マグワイアジョシュ・ハートネットギャレット・ヘドランドミヒャエル・ファスベンダーアレックス・ペティファーポール・ダノテイラー・キッチュケラン・ラッツベンジャミン・ウォーカーオスカー・アイザックルーク・エヴァンズマイケル・ピットクリス・エヴァンスドミニク・クーパージョエル・エドガートンが含まれていた[16][17][18]。3月24日、スタジオはエドガートン、クーパー、ヘドランド、L・エヴァンズのスクリーンテストをしていた[19]。2011年4月2日、『ラティーノ・レビュー』は、ジェレミー・レナーが主演になる可能性があると報じた[20]

キャストとキャラクター[編集]

キャラクター名 作品名
ボーン・アイデンティティー ボーン・スプレマシー ボーン・アルティメイタム ボーン・レガシー
ジェイソン・ボーン/デヴィッド・ウェッブ マット・デイモン マット・デイモン
(写真カメオ)
ニッキー ジュリア・スタイルズ
マリー・クルーツ フランカ・ポテンテ (フラッシュバック)
アレキサンダー・コンクリン クリス・クーパー (フラッシュバック)
ウォード・アボット ブライアン・コックス (フラッシュバック)
ダニー・ゾーン ガブリエル・マン
プロフェッサー クライヴ・オーウェン (フラッシュバック)
ニクワナ・ウァムボージー アドウェール・アキノエ=アグバエ アドウェール・アキノエ=アグバエ
(写真カメオ)
パメラ・ランディ ジョアン・アレン
トム・クローニン トム・ギャロップ
キリル カール・アーバン
ジャーダ マートン・チョーカシュ
ノア・ヴォーゼン デヴィッド・ストラザーン
マーティン・クルーツ ダニエル・ブリュール
エズラ・クレイマー スコット・グレン
サイモン・ロス パディ・コンシダイン
デッシュ ジョーイ・アンサー
バズ エドガー・ラミレス
アルバート・ハーシュ博士 アルバート・フィニー
レイ・ウィルズ コーリイ・ジョンソン
アーロン・クロス/ケネス・キットソン ジェレミー・レナー
マルタ・シェアリング レイチェル・ワイズ
エリック・バイヤー エドワード・ノートン
トルソ ステイシー・キーチ
ナンバー3 オスカー・アイザック

評価[編集]

『ボーン』シリーズは批評面と商業面の両方で成功した。第3作目『アルティメイタム』はアカデミー賞編集賞音響賞音響編集賞を受賞した[21]。また、『スプレマシー』と『アルティメイタム』はエンパイア賞の作品賞を受賞した[22][23]

興行収入[編集]

作品名 公開日 興行収入 興行収入順位 製作費 興収と製作費の差 参照
北米 北米外 全世界 北米歴代 全世界歴代
ボーン・アイデンティティー 2002年6月14日 $121,661,683 $92,372,541 $214,034,224 #296 #352 $60,000,000 $154,034,224 [24]
ボーン・スプレマシー 2004年7月23日 $176,241,941 $112,500,000 $288,741,941 #134 #231 $75,000,000 $213,741,941 [25][26]
ボーン・アルティメイタム 2007年8月3日 $227,471,070 $215,353,068 $442,824,138 #69 #95 $110,000,000 $332,824,138 [27]
ボーン・レガシー 2012年8月10日 $69,581,000 $28,100,000 $97,681,000 #860 $125,000,000 [28]
合計 $594,955,694 $448,083,885 $1,043,039,579 $370,000,000

批評家の反応[編集]

作品名 Rotten Tomatoes Metacritic
Overall Cream of the Crop
ボーン・アイデンティティー 83% (178 reviews)[29] 83% (36 reviews)[30] 68% (38 reviews)[31]
ボーン・スプレマシー 81% (179 reviews)[32] 74% (38 reviews)[33] 73% (39 reviews)[34]
ボーン・アルティメイタム 93% (223 reviews)[35] 97% (38 reviews)[36] 85% (38 reviews)[37]
ボーン・レガシー 55% (183 reviews)[38] 50% (16 reviews)[39] 61% (42 reviews)[40]
Average Ratings 78% 77% 75

参考文献[編集]

  1. ^ Bruce Bennett (2008年5月28日). “Jason Bourne Takes His Case to MoMA”. New York Sun. 2009年9月10日閲覧。
  2. ^ Gregory Kirschling (2007年4月17日). “The Bourne Ultimatum”. Entertainment Weekly. EW.com. 2008年10月20日閲覧。
  3. ^ The Bourne Identity DVD commentary featuring Doug Liman [2003]
  4. ^ Hanrahan, Denise. “Interview with Doug Liman”. BBC.co.uk. 2007年3月14日閲覧。
  5. ^ King, Tom. “Bourne to be Wild”. Wall Street Journal. 2007年3月12日閲覧。
  6. ^ Bourne Again”. Entertainment Weekly (2003年6月24日). 2009年2月24日閲覧。
  7. ^ a b Michael Fleming (2008年10月16日). “Universal moves ahead with 'Bourne'”. Variety (Reed Business Information). http://www.variety.com/article/VR1117994152.html 2008年10月20日閲覧。 
  8. ^ Kit, Borys (2009年8月21日). “Script is 'Bourne' again”. The Hollywood Reporter: pp. 1, 25. オリジナル2009年8月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090826104551/http://www.hollywoodreporter.com/hr/content_display/news/e3iebbbd387ec9a77d489a5bea8b66f6c31 2009年11月14日閲覧。 
  9. ^ “Exclusive Matt Damon Interview”. totalfilm.com. (2009年11月12日). p. 6. http://www.totalfilm.com/features/exclusive-matt-damon-interview/page:6 2009年11月22日閲覧。 
  10. ^ Sperling, Nicole (2009年12月4日). “Matt Damon on 'Bourne 4': 'I wouldn't do it without Paul Greengrass'”. Entertainment Weekly. 2009年12月5日閲覧。
  11. ^ Chris Hewitt (2010年2月1日). “Will The Next Bourne Be A Prequel?”. Empire. http://www.empireonline.com/news/story.asp?NID=26881 2010年6月30日閲覧。 
  12. ^ Nicole Sperling (2010年6月9日). “Tony Gilroy penning a fourth 'Bourne' script”. Entertainment Weekly. http://hollywoodinsider.ew.com/2010/06/09/tony-gilroy-penning-fourth-bourne-script/ 2010年6月30日閲覧。 
  13. ^ Universal Sets Release Dates Through 2013” (2010年10月29日). 2010年10月29日閲覧。
  14. ^ No Matt Damon in Bourne Legacy”. [1] (2010年10月11日). 2010年10月11日閲覧。
  15. ^ Matt Damon Won't Star In 4th 'Bourne'; Tony Gilroy Introducing New Assassin; Why Damon Could Be Jason Bourne Again”. Deadline Hollywood (2010年10月19日). 2010年10月19日閲覧。
  16. ^ Mike Fleming. “Tony Gilroy Casts Net For 'Bourne' Spinoff”. 2011年2月25日閲覧。
  17. ^ Jamie Williams. “The Latest Bourne Legacy Contender: Chris Evans”. 2011年3月2日閲覧。
  18. ^ Howard Stark in the running for the lead in the Bourne Legacy?
  19. ^ 'Bourne Legacy' Update: Who'll Test?
  20. ^ Exclusive: Bourne Legacy Offer To Go Out To...
  21. ^ 80th Academy Awards Winners
  22. ^ Empire Awards 2005.
  23. ^ Empire Awards 2008
  24. ^ The Bourne Identity (2002)”. Box Office Mojo. Box Office Mojo, LLC. 2008年4月1日閲覧。
  25. ^ The Bourne Supremacy (2004)”. Box Office Mojo. Box Office Mojo, LLC. 2008年4月1日閲覧。
  26. ^ The Bourne Supremacy (2004) International Gross”. The Numbers Box Office Data. Nash Information Services, LLC. (2009年11月27日). 2011年5月11日閲覧。
  27. ^ The Bourne Ultimatum (2007)”. Box Office Mojo. Box Office Mojo, LLC. 2008年4月1日閲覧。
  28. ^ The Bourne Legacy (2012)”. Box Office Mojo. Box Office Mojo, LLC.. 2012年8月14日閲覧。
  29. ^ The Bourne Identity”. Rotten Tomatoes. IGN Entertainment, Inc. 2008年4月1日閲覧。
  30. ^ The Bourne Identity (Cream of the Crop)”. Rotten Tomatoes. IGN Entertainment, Inc. 2008年4月1日閲覧。
  31. ^ The Bourne Identity”. Metacritic. CNET Networks, Inc. 2008年4月1日閲覧。
  32. ^ The Bourne Supremacy”. Rotten Tomatoes. IGN Entertainment, Inc. 2008年4月1日閲覧。
  33. ^ The Bourne Supremacy (Cream of the Crop)”. Rotten Tomatoes. IGN Entertainment, Inc. 2008年4月1日閲覧。
  34. ^ The Bourne Supremacy”. Metacritic. CNET Networks, Inc. 2008年4月1日閲覧。
  35. ^ The Bourne Ultimatum”. Rotten Tomatoes. IGN Entertainment, Inc. 2008年4月1日閲覧。
  36. ^ The Bourne Ultimatum (Cream of the Crop)”. Rotten Tomatoes. IGN Entertainment, Inc. 2009年1月25日閲覧。
  37. ^ The Bourne Ultimatum”. Metacritic. CNET Networks, Inc. 2008年4月1日閲覧。
  38. ^ The Bourne Legacy”. Rotten Tomatoes. Flixter. 2012年8月14日閲覧。
  39. ^ The Bourne Legacy (Cream of the Crop)”. Rotten Tomatoes. Flixter. 2012年8月14日閲覧。
  40. ^ The Bourne Legacy”. Metacritic. CBS. 2012年8月14日閲覧。

外部リンク[編集]