ポール・グリーングラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・グリーングラス
Paul Greengrass
Paul Greengrass
生年月日 1955年8月13日(58歳)
出生地 イギリスの旗 イギリス イングランドの旗 イングランド サリー チーム
職業 映画監督脚本家

ポール・グリーングラスPaul Greengrass1955年8月13日 - )はイギリス作家映画監督イングランドサリーのチーム(現在のサットン・ロンドン特別区)出身。

調査専門のジャーナリストとしてキャリアをスタート。87年にピーター・ライトと共著した『スパイ・キャッチャー』がベストセラーとなる。ドキュメンタリーやテレビドラマ等の監督を務めた後、1998年に『ヴァージン・フライト』で映画監督デビュー。

2002年第52回ベルリン国際映画祭で、血の日曜日事件を描いた『ブラディ・サンデー』が金熊賞を受賞した。2004年には『ボーン・アイデンティティー』の続編、『ボーン・スプレマシー』を手がけ、アクション映画も撮れる多才ぶりを発揮。2007年には『ボーン』シリーズの完結編『ボーン・アルティメイタム』を手掛けた。

2006年の『ユナイテッド93』で、同時多発テロでハイジャックされたユナイテッド航空93便の機内を描き、映画は絶賛と共に物議を醸した。グリーングラス自身は、その年の第79回アカデミー賞アカデミー監督賞にノミネートされ、英国アカデミー賞では監督賞を受賞した。

主な演出法は、手持ちカメラでの撮影が多く、リアリティがある。また、アクションシーンではカット割りが非常に多いのが特徴。

フィルモグラフィ[編集]

外部リンク[編集]