フィリップ・カウフマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ・カウフマン
Philip Kaufman
生年月日 1936年10月23日(77歳)
出生地 シカゴ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 Rose Kaufman (1958-)

フィリップ・カウフマンPhilip Kaufman, 1936年10月23日 - )は、アメリカ合衆国シカゴ生まれの映画監督脚本家

略歴[編集]

シカゴ大学、またハーバード大学ロー・スクールにおいて学んだ。作家志望だったが芽が出ず、郵便配達など様々な仕事をしたり、家族と共にヨーロッパを放浪したりした。その頃、作家のヘンリー・ミラーと彼の愛人であったアナイス・ニンに出会っている。この出会いにインスピレーションを得て、後に映画『ヘンリー&ジューン』を制作している。

帰国後、映画監督になることを志し、自作の小説を映画化したデビュー作である1965年の『Goldstein』がカンヌ国際映画祭で賞を受賞。1983年には『ライトスタッフ』で脚本家協会賞、監督協会賞を受賞した。その後も『存在の耐えられない軽さ』などの話題作を次々と制作していった。

他にもカウフマンは、インディ・ジョーンズ・シリーズの1作目『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』に「原案」としてクレジットされている。ジョージ・ルーカスがインディ・ジョーンズのキャラクターを創造し、カウフマンは数週間かけてストーリーと契約の箱(聖櫃)の追跡の案を提供した。しかし、クリント・イーストウッドがカウフマンを『アウトロー』の監督に雇ったため、プロジェクトは中断してしまった[1]。監督としてサインした『アウトロー』だったが、後に監督はイーストウッドに交代となり、脚色の仕事にとどまった。

監督[編集]

脚本[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Hearn, p.112-115

外部リンク[編集]