存在の耐えられない軽さ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

存在の耐えられない軽さ』(そんざいのたえられないかるさ、チェコ語: Nesnesitelná lehkost bytí, フランス語: l'Insoutenable légèreté de l'être )は、チェコ出身でフランスに亡命した作家ミラン・クンデラ1984年に発表した小説。

冷戦下のチェコスロヴァキアを舞台に、1968年に起こったプラハの春を題材にした恋愛小説である。フランスで発表され、世界的なベストセラーとなった。フィリップ・カウフマン監督によって1987年映画化された。

参考文献[編集]

映画[編集]