イングマール・ベルイマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イングマール・ベルイマン
Ingmar Bergman
Ingmar Bergman
野いちご』撮影中のベルイマン(1957年)
生年月日 1918年7月14日
没年月日 2007年7月30日(満89歳没)
出生地 ウプサラ
死没地 フォーレー
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
職業 映画監督
脚本家
舞台演出家
活動期間 1944年 - 2005年
配偶者 Else Fisher (1943-1945)
Ellen Lundström (1945-1950)
Gun Grut (1951-1959)
Käbi Laretei (1959-1969)
Ingrid von Rosen (1971-1995)

イングマール・ベルイマンIngmar Bergman, 1918年7月14日 - 2007年7月30日)は、スウェーデン映画監督脚本家舞台演出家。スウェーデンを代表する世界的な映画監督として知られる。日本ではイングマール・ベルイマンと表記されるが、インマル・バリマンの方がスウェーデン語の原語により近い発音となる[1]

「神の沈黙」、「愛と憎悪」、「生と死」などを主要なモチーフに、映画史に残る数多くの名作を発表した[2]

生涯[編集]

イングマール・ベルイマンは1918年7月14日ウプサラストックホルムから60km)で生まれた。ベルイマン家は16世紀まで辿れる名家であり、先祖の多くもそうだったように父は牧師であった。兄のダーグは外交官、姉のマルガレータは小説家である。

1944年アルフ・シェーベルイ監督の『もだえ』の脚本を手がけた後に、1945年の『危機』で映画監督としてデビュー。その後、数本の低予算映画の中で自らのスタイルを模索し、1950年の『夏の遊び』の頃から映画監督ベルイマンとしてのスタイルを確立した。1952年の『不良少女モニカ』でフランスヌーヴェル・ヴァーグの作家たちに賞賛され、続く1955年の『夏の夜は三たび微笑む』ではカンヌ国際映画祭の特設賞である「詩的ユーモア賞」(仏語:Prix de l'humour poétique)を受賞。スウェーデン国内のみならず、国際的に評価されるようになる。

1950年代後半にベルイマンは、『第七の封印』や『野いちご』、『処女の泉』といった作品で、世界的な映画監督としての名声を不動のものにする。そして、1960年代に『鏡の中にある如く』、『冬の光』、『沈黙』の三作品、いわゆる「神の沈黙」三部作と呼ばれる映画を発表、こちらも高い評価を得る。また、「神の沈黙」三部作以降は主に愛人であった女優リヴ・ウルマンを主役に据えて、人間の本質に迫る数多くの良質の作品を演出した。1965年チャールズ・チャップリンと共にエラスムス賞を受賞。

1982年に5時間超の大作『ファニーとアレクサンデル』を撮影後、「映画を撮る愉しみを充分に味わい尽くした」として映画監督業から引退。その後は以前から映画製作と並行して手がけていたスウェーデン王立劇場での舞台演劇に専念、舞台演出家兼脚本家としての活動を続けた。ただし、『愛の風景』(1992年)、『日曜日のピュ』(1994年)、『不実の愛、かくも燃え』(2000年)など、自伝的作品を中心に脚本家として映画製作にも携わった。

2003年に突如として、20年ぶりの監督作品『サラバンド』を発表。この映画はベルイマンにとって最初で最後となるデジタルHD撮影による作品であり、監督としての健在ぶりをアピールした。

2007年、フォーロー島(ゴトランド島の北の島)にて死去。89歳だった。

監督としての特徴[編集]

一般的に、イングマール・ベルイマンは20世紀を代表する映画監督の一人とみなされている。2002年に『Sight & Sound』が行ったアンケート調査によれば、ベルイマンは映画監督が選ぶ映画監督ランキングで第8位にランクインした[3]デンマークの映画監督であるビレ・アウグストは、黒澤明フェデリコ・フェリーニに並ぶ三大映画監督として、ベルイマンの名前を挙げている[4]ウディ・アレン[5]クシシュトフ・キェシロフスキなど、ベルイマンに影響を受けたと告白する映画監督は枚挙に暇がない。

『第七の封印』や『沈黙』のような、形而上学的とも言われる代表作から難解な作家とも評されるが、一方で(時に難解なテーマを伴ってはいても全体的には)わかりやすい作品も多い。また、女性を主役に据えた作品が多いのも特徴である。ベルイマンは正式な結婚を少なくとも5度行っており、そのような自身の女性遍歴を反映したかのような作品も数多く見られる。

ベルイマンの映画は舞台劇的と評されることが多いが、ベルイマン本人はあるインタビューの中で、自作の映画『ある結婚の風景』を舞台化するときに、構成やセリフのほとんどを書き換えなければならなかった例を挙げて、映画と舞台は別物であると訴えている[6]。ちなみに演劇では主にウィリアム・シェイクスピアアウグスト・ストリンドベリを好んで取り上げ、自らの劇団を率いて日本で大胆な解釈に基づく『ハムレット』とストリンドベリの『令嬢ジュリー』、三島由紀夫の『サド侯爵夫人』を上演したこともある。

主な作品[編集]

脚本のみ[編集]

主な受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ 大辞泉』の「ベルイマン」の項目より
  3. ^ Sight & Sound、“The Directors' Top Ten Directors”、2002年。(参照:2009年9月11日)
  4. ^ BBC NEWS、“Film director Bergman dies at 89”、2007年7月30日。(参照:2009年9月11日)
  5. ^ Richard Corliss、“Woody Allen on Ingmar Bergman”、2007年8月1日。(参照:2009年9月11日)
  6. ^ 「……映画用のシナリオを舞台用の台本にアレンジしたのですが、結局シナリオからはセリフを五つもらっただけだし、舞台化そのものも失敗作に終わりました。」G・ウィリアム・ジョーンズ編/三木宮彦訳「ベルイマンは語る」青土社 p142 5行目

関連書籍[編集]

  • イングマール・ベルイマン著、木原武一訳『ベルイマン自伝』、新潮社、1989年1月、ISBN 978-4105210014
  • 小松弘著『ベルイマン』、清水書院、2000年11月、ISBN 978-4389411664
  • G・ウィリアム・ジョーンズ編/三木宮彦訳『ベルイマンは語る』青土社、1990年4月2日、ISBN 978-4791750713

外部リンク[編集]