第56回アカデミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第56回アカデミー賞は1984年4月9日に発表・授賞式が行われた。司会はジョニー・カーソン

受賞結果一覧[編集]

式典[編集]

ロサンゼルスのドロシー・チャンドラー・パビリオンで行われた授賞式は3時間40分を超える長いものとなった。結果は、ジェームズ・L・ブルックスの初監督作品『愛と追憶の日々』が主要5部門を受賞した。技術関連部門では宇宙飛行士を目指す男たちを描いた『ライトスタッフ』が、芸術関連部門ではスウェーデン映画の『ファニーとアレクサンデル』が健闘した。

候補と受賞の一覧[編集]

太字は受賞である。 また、以下での人名表記は

  1. 作品の日本語公式情報およびAMPAS公式サイトの日本版とWOWOWによる授賞式放送での表記に準ずる。
  2. 見当たらない場合はデータベースサイトなどを参考。
  3. それでもない場合は英語表記のままとする。

作品賞[編集]

監督賞[編集]

主演男優賞[編集]

主演女優賞[編集]

助演男優賞[編集]

助演女優賞[編集]

脚本賞[編集]

脚色賞[編集]

撮影賞[編集]

編集賞[編集]

美術賞[編集]

衣装デザイン賞[編集]

作曲賞[編集]

音楽賞[編集]

歌曲賞[編集]

録音賞[編集]

音響編集賞[編集]

外国語映画賞[編集]

長編ドキュメンタリー映画賞[編集]

  • Children of Darkness - Richard Kotuk、Ara Chekmayan
  • First Contact – ボブ・コノリー、ロビン・アンダーソン
  • He Makes Me Feel Like Dancin' - エミール・アルドリーノ
  • Seeing Red – ジム・クライン、ジュリー・レイチャート
  • The Profession of Arms – マイケル・ブライアンズ、Tina Viljoen

短編ドキュメンタリー映画賞[編集]

  • Flamenco at 5:15 – シンシア・スコット、アダム・シマンスキー
  • Ihr zent frei – デア・ブロクマン、イレーネ・ランディス
  • In the Nuclear Shadow: What Can the Children Tell Us? – ヴィヴィアン・ヴァートン=ロウ、Eric Thiermann
  • Sewing Woman – アーサー・ドン
  • Spaces: The Architecture of Paul Rudolph - Bob Eisenhardt

短編アニメ映画賞[編集]

  • Mickey's Christmas Carol - バーニー・マティンソン
  • Sound of Sunshine - Sound of Rain - Eda Godel Hallinan
  • Sundae in New York – ジミー・ピッカー

短編実写映画賞[編集]

  • Boys and Girls – ジャニス・L・プラット
  • Goodie-Two-Shoes – イアン・エムズ
  • Overnight Sensatio – ジョン・ブルーム