エミール・アルドリーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エミール・アルドリーノ (Emile Ardolino、1943年5月9日– 1993年11月20日)は、アメリカ合衆国の映画監督・プロデューサー。『ダーティ・ダンシング』や『天使にラブ・ソングを…』といった歌と踊りを用いた映画がよく知られている。

人物[編集]

クイーンズ区マスペス地区にて、イタリアからの移民の子として生まれる。父はエミールが6歳の時に54歳で亡くなった。

オフ・ブロードウェイで俳優として活動していたが、すぐさま製作側に移った。1967年、ガードナー・コンプトンとともにCompton-Ardolino Films を設立した[1]。 1970年から1980年まで 公共放送サービスで働き、 Dance in AmericaLive from Lincoln Centerといった歌や踊り、音楽を扱った番組で、エミー賞に17回ノミネートされ1回受賞した。

1983年He Makes Me Feel Like Dancin'アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞。1987年の『ダーティ・ダンシング』で商業的成功を収めた。

同性愛者であることを公表していたアルドリーノは、1993年AIDS合併症によって亡くなり、ニューヨークで両親の隣に埋葬された(彼の母親は、1975年に亡くなっている)。

遺作 『マコーレー・カルキン くるみ割り人形』(ジョージ・バランシンによるニューヨーク・シティ・バレエ団バージョンが元になっている)、『ジプシー』(ベット・ミドラー主演のテレビ映画)はいずれも没後に公開された。

受賞歴[編集]

主な監督作品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]