ジョン・ギャヴィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ギャヴィン
John Gavin
ジョン・ギャヴィンJohn Gavin
悲しみは空の彼方に』(1959年
本名 John Anthony Golenor Pablos
生年月日 1931年4月8日(84歳)
出生地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1956年 - 1981年
配偶者 Cecily Evans (1957 - 1965)
Constance Towers (1974 - )

ジョン・ギャヴィン (John Gavin, 1931年4月8日 - ) はアメリカ合衆国俳優、元在メキシコ・アメリカ合衆国大使 (1981年 - 1986年)。

略歴[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。父のヘラルド・ゴールナー (Herald Golenor) はアイルランド系、母のデリア・パブロス (Delia Pablos) はメキシコ人。ジョンの誕生後、父が名字をゴールナーからギャヴィン(Gavin)に変更している。スペイン語が堪能。

スタンフォード大学卒(ラテンアメリカ経済史を専攻)で、1952年から1955年の間はアメリカ海軍に服務している。

193cmの高身長と甘いマスクが買われ、ユニバーサル・ピクチャーズが「第二のロック・ハドソン」を期待して契約[1]し、1956年に『Behind the High Wall』でデビューする。

1971年映画俳優組合の代表に就任する(〜1973年)。

1981年ロナルド・レーガン大統領(当時)により在メキシコ米国大使に任命される(〜1986年)。

主な出演作品[編集]

エピソード[編集]

ショーン・コネリージェームズ・ボンド復帰作として知られる1971年の映画『007 ダイヤモンドは永遠に』に、ボンド役で出演することで契約まで交わしていたが、コネリーの復帰が決まったことで降板した。

参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Biography for John Gavin” (英語). Internet Movie Database. 2010年7月3日閲覧。

外部リンク[編集]