悲しみは空の彼方に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
悲しみは空の彼方に
Imitation of Life
予告編より
監督 ダグラス・サーク
脚本 エレノア・グリフィン
アラン・スコット
原作 ファニー・ハースト
製作 ロス・ハンター
出演者 ラナ・ターナー
ジョン・ギャヴィン
サンドラ・ディー
音楽 フランク・スキナー
主題歌 「Imitation of Life」
サミー・フェイン(作曲)
ポール・フランシス・ウェブスター(作詞)
アール・グラント(唄)
撮影 ラッセル・メティ
編集 ミルトン・カラス
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 ユニバーサル日本支社
公開 アメリカ合衆国の旗 1959年4月17日
日本の旗 1959年5月26日
上映時間 125分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 約2,000,000ドル
興行収入 6,417,807ドル(北米配収)
テンプレートを表示

悲しみは空の彼方に』(かなしみはそらのかなたに、原題:英語: Imitation of Life)は、1959年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。

1934年にも映画化されている(日本語題『模倣の人生』、ジョン・M・スタール監督、クローデット・コルベール主演)ファニー・ハーストの小説の再映画化であり、ダグラス・サークが監督、主演はラナ・ターナーである。ダグラス・サーク監督の米国における最後の監督作品となった。

ニューヨークのコニー・アイランドを舞台に、黒人差別の実態と資本主義を謳歌するアメリカ社会を取り上げた作品である。

1984年(昭和59年)、スイスの映画作家ダニエル・シュミットがサークの同年当時の姿と足跡を追うドキュメンタリー映画人生の幻影』を監督している[1]。同作の原題は、フランス語で Mirage de la Vie といい、本作『悲しみは空の彼方に』のフランス語圏での公開タイトルと同一である[1]

ストーリー[編集]

真夏のニューヨーク・コニーアイランドの海岸で主人公の女優の卵・ローラ(ラナ・ターナー)は途中ではぐれてしまった娘・スージー(サンドラ・ディー)の居場所を探していたところ、アニー・ジョンソン(サラ・ジェーンの母:ファニタ・ムーア)の元でサラ・ジェーン(スーザン・コーナー)と遊んでいたスージーを見つける。無事にスージーを見つけたローラはそこでアニー親子から貧困生活の惨状を聞き、彼女自身もそれほど余裕はなかったが、アニーをスージーの養育係として雇うことにする。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

映画賞受賞・ノミネーション[編集]

ギャラリー[編集]

関連事項[編集]

[編集]

外部リンク[編集]