ダグラス・サーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダグラス・サーク
Douglas Sirk
本名 Hans Detlef Sierck
ハンス・デトレフ・ジールク
生年月日 1897年4月26日
没年月日 1987年1月14日(満89歳没)
出生地 ハンブルク
死没地 ルガーノ
国籍 ドイツの旗 ドイツ

ダグラス・サーク(Douglas Sirk, 本名:Hans Detlef Sierck, 1897年4月26日 - 1987年1月14日)は、ドイツ出身の映画監督ハリウッドでも活躍した。

略歴[編集]

デンマーク人の両親の元、ハンブルクに生まれ、ドイツとデンマークで育つ。ヴァイマル共和政の元で舞台監督としてキャリアをスタートさせ、1934年にはウーファーで映画製作にも携わる。しかし妻がユダヤ人だったため、ナチスの弾圧を逃れ1937年にドイツを離れアメリカへ亡命。

1942年にはハリウッドで反ナチ映画『Hitler's Madman』を監督。しばらく下積みが続いた後、1952年から1958年まではユニバーサル映画メロドラマを連作。その他西部劇なども監督した。

1970年代にドイツに戻り、1987年にスイスで没した。

1955年(昭和30年)9月10日には、来日している。

余談[編集]

彼の作品の再評価により、1980年のカンヌ国際映画祭では審査委員長に選ばれる予定であったが、依頼の電文が手違いでカーク・ダグラスに送られてしまい、その年の審査委員長になることはできなかった。[1]

主な監督作品[編集]

  • 第九交響楽 Schlußakkord (1935)
  • 思ひ出の曲 Das Hofkonzert (1936)
  • 世界の涯てに Zu neuen Ufern (1936)
  • 南の誘惑 La Habanera (1937)
  • 眠りの館 'Sleep, My Love (1948) (シネクラブ上映)
  • ぼくの彼女はどこ? Has Anybody Seen My Gal? (1952)
  • 異教徒の旗印 Sign of the Pagan (1954)
  • 心のともしび Magnificent Obsession (1954)
  • アパッチの怒り Taza, Son of Cochise (1954)
  • 自由の旗風 Captain Lightfoot (1955)
  • 天はすべて許し給う All That Heaven Allows (1955) (シネクラブ上映)※ビデオタイトルは「天が許し給うすべて」「天の許し給うものすべて」
  • 大空の凱歌 Battle Hymn (1956)
  • 風と共に散る Written on the Wind (1956)
  • 間奏曲 Interlude (1957)
  • 翼に賭ける命 The Tarnished Angel (1957)
  • 愛する時と死する時 A Time to Love and A Time to Die (1958)
  • 悲しみは空の彼方に Imitation of Life (1959)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『映画 果てしなきベストテン』(山田宏一、草思社、2013年)p387

日本語文献[編集]

  • 『サーク・オン・サーク』、ジョン・ハリデイによるインタヴュー集、明石政紀訳、Infas パブリケーションズ、2006

外部リンク[編集]

ダグラス・サーク - インターネット・ムービー・データベース(英語)