ラナ・ターナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラナ・ターナー
Lana Turner
ラナ・ターナーLana Turner
本名 Julia Jean Mildred Frances Turner
生年月日 1921年2月8日
没年月日 1995年6月29日(満74歳没)
出生地 アイダホ州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 アーティ・ショー (1940)
Stephen Crane (1942–1943)
Stephen Crane (1943–1944)
Henry J. Topping (1948–1952)
Lex Barker (1953–1957)
Fred May (1960–1962)
Robert Eaton (1965–1969)
Ronald Dante (1969–1972)

ラナ・ターナー(Lana Turner,1921年2月8日 - 1995年6月29日)はアメリカ合衆国アイダホ州出身の女優。タイトなセーターでグラマーさを強調したセクシー女優。「セーター・ガール」という愛称でスターになった。

来歴[編集]

本名はJulia Jean Turner(ジュリア・シェーン・ターナー)。養父母の元で育つなど家庭環境は複雑だった。15歳の時にハリウッドのアイスクリーム・パーラーで見出され(と言われているが真相は不明)メトロ・ゴールドウィン・メイヤーと契約。1937年から端役で映画に出始め、徐々に頭角を現してゆく。第二次世界大戦中には最も人気のあるピンナップ・ガールだった。1946年、『郵便配達は二度ベルを鳴らす』に出演、愛人をそそのかして自分の夫を殺させる悪女を演じ、スターの座を不動のものにする。

プライベートでは7人の男性と結婚し、クラーク・ゲーブルタイロン・パワーハワード・ヒューズフランク・シナトラを初めとする多くのボーイフレンドを持ったことで有名。ショーン・コネリーとも愛人関係にあった。また1958年には、彼女の娘シェリル(二度目の夫との子)が当時のラナの愛人であったジョニー・ストンパナート(ギャングのボディ・ガードであり、ラナに暴力を振るっていた)を刺殺するという事件も起きており、スキャンダルの多い女優であった(当時のラナとジョニーは『L.A.コンフィデンシャル』の劇中に登場する。ラナ役はブレンダ・バーキが演じている)。事件はシェリルの正当防衛ということで無罪となり、事件後のラナは母ものメロドラマの主役として、イメージを転換した。8度の結婚と離婚を繰り返し、長い闘病生活の後死去。74歳没。

主な出演作品[編集]

外部リンク[編集]