ハワード・キール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハワード・キール
Howard Keel
ハワード・キールHoward Keel
アニーよ銃を取れ』の予告編
本名 Harry Clifford Keel
生年月日 1919年4月13日
没年月日 2004年11月7日(満85歳没)
出生地 イリノイ州ギレスピー
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1945-2002年
配偶者 Rosemary Cooper (1943-1948)
Helen Anderson (1949-1970)
Judy Keel (1970-2004)

ハワード・キールHoward Keel1919年4月13日2004年11月7日 )は、アメリカ合衆国ミュージカル俳優、俳優歌手

略歴[編集]

本名はハリー・クリフォード・キール(Harry Clifford Keel)。各出典には彼の本名を‘ハロルド・クリフォード・リーク(Harold Clifford Leek)’としている事があるが、これは誤りである。名の‘ハロルド’はデビュー当時に使っていた芸名で、姓の‘リーク’は映画会社の広報部が誤って広めたものである。趣味はゴルフで、70前半で回る腕前を持っていた(1951年当時)。

オスカー・ハマースタイン2世に認められ、ショウビジネス界入り。1947年ロジャース&ハマースタインによるミュージカル、『オクラホマ!』のロンドン公演で成功を収める。1949年ハリウッドに招かれ、翌年『アニーよ銃を取れ』に出演。ハンサムなルックスと193cmの長身、豊かなバリトン1950年代を代表するミュージカルスターとなる。しかしミュージカル映画の衰退に伴って、キャリアは低迷。1950年後半からはブロードウェイや地方の舞台を踏む傍ら、B級映画に出演していた。1981年になって、1978年から放映されていたテレビ番組ダラス』への出演依頼を受ける。この番組は13年間に渡って放送される人気番組となり、60代にして人気スターへと返り咲く。またこの番組の撮影と平行して、アメリカイギリスの各地でコンサートを行った。80歳を過ぎてもなおミュージカルの舞台に立ち続け、生涯に渡ってショウビジネスに携わった。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

  • The Small Voice (1948)
  • アニ―よ銃を取れ Annie Get Your Gun (1950)
  • Pagan Love Song (1950)
  • Three Guys Named Mike (1951)
  • ショウ・ボート Show Boat (1951)
  • Across the Wide Missouri (1951) (ナレーターのみ)
  • Texas Carnival (1951)
  • Callaway Went Thataway (1951)
  • Desperate Search (1952)
  • Lovely to Look At (1952)
  • Fast Company (1953)
  • 荒原の疾走 Ride, Vaquero! (1953)
  • カラミティ・ジェーン Calamity Jane (1953)
  • キス・ミー・ケイト Kiss Me Kate (1953)
  • ローズ・マリー Rose Marie (1954)
  • 掠奪された七人の花嫁 Seven Brides for Seven Brothers (1954)
  • 我が心に君深く Deep in My Heart (1954)
  • Jupiter's Darling (1955)
  • Kismet (1955)
  • 大洪水 Floods of Fear (1959)
  • 聖なる漁夫 The Big Fisherman (1959)
  • 機甲兵団 Armored Command (1960)
  • 人類SOS! The Day of the Triffids (1962)
  • The Man from Button Willow (1965) (アニメーション・主題歌のみ)
  • 渡り者 Waco (1966)
  • Red Tomahawk (1967)
  • 戦う幌馬車 The War Wagon (1967)
  • アリゾナの勇者 Arizona Bushwhackers (1968)
  • ザッツ・エンターテインメントPART3 That's Entertainment! III(1994)
  • My Father's House (2002)

舞台[編集]

テレビドラマ[編集]

外部リンク[編集]