エヴァ・ガードナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エヴァ・ガードナー
Ava Gardner
エヴァ・ガードナーAva Gardner
映画モガンボ(1953年)の一場面
生年月日 1922年12月24日
没年月日 1990年1月25日(満67歳没)
出生地 ノースカロライナ州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
著名な家族 ミッキー・ルーニー (1942-1943)
アーティ・ショー (1945-1946)
フランク・シナトラ (1951-1957)

エヴァ・ガ-ドナー(Ava Lavinia Gardner、1922年12月24日 - 1990年1月25日[1])は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州出身の女優[2]

プロフィール[編集]

貧しい農家の7人兄弟の末っ子に生まれる。母親のモリーはバプティスト派スコットランドアイルランド人イングランド人の混血、父親はカトリック派のアイルランド系アメリカ人とタスカローラ族インディアンの混血だった[3][4][5]。姉の夫が写真家であり、彼が撮ったエヴァの写真がきっかけで映画界入りした。デビューしたものの強い南部訛りが災いし、何年も目だったヒット作がなく、女優としては低迷していた。仕事といえばピンナップの撮影の方が多かった。

しかし、第二次世界大戦中の1942年に人気俳優ミッキー・ルーニーと結婚したことで、名前は知られるようになった。この結婚は長続きせず、1年半で離婚した。その後、ミュージシャンのアーティ・ショウと結婚するも、1年で離婚した。アーティーとの間に初めての子供を身ごもるも、所属映画会社社長の「子持ちの女優はスターになれない」との一言で中絶し、「夫より社長の言うことを聞くなんて!」と彼を嘆かせた[要出典]

大富豪のハワード・ヒューズや、ドミニカ共和国外交官プレイボーイとして知られたポルフィリオ・ルビロサとの交際も知られている。

身長が170センチメートル近くあり、顔立ちがエキゾチックであるため、ブロンドの女優がもてはやされるハリウッドでは異色の存在だった。既定路線の役柄でなく、ジプシーの役、黒人の役(当時黒人俳優は人種差別のため用いられることが少なかった)などが多かった。早くから、ファム・ファタール適材の女優として目立っていた。アメリカ映画協会(AFI)が1999年6月に選出したアメリカの「最も偉大なる女優50名」では第25位であった。

転機は1951年のミュージカル『ショウ・ボート』で、強烈な存在感を残し、一気にブレイクした。しかし、1960年代以降はその人気も衰えていった。

フランク・シナトラとは、交際時からスキャンダルとなった。ティーン向けの歌手から出発し、幼なじみのナンシーと結婚して3児の父になっていた彼は、当時歌手として低迷し、俳優としてもくすぶっていた。エヴァと交際するようになっても、カトリックであるシナトラの妻が離婚を承諾せず、いらだったエヴァは前夫アーティー・ショーに会ったりしていた。そのことに怒ったシナトラが、エヴァと電話で会話中に、彼女に聞こえるようにピストルを壁に向けて発射するという事件を起こした[要出典]。シナトラとは1951年に結婚[6]。1957年に離婚している。

次第にハリウッドの作品から遠ざかり、国外の作品に多く出演するようになった。後にスペインに住所を移している[要出典]。1990年に肺炎により死去した。

日本語訳された伝記に、ジェーン・エレン・ウェイン『エヴァ・ガードナー 美しすぎた女の一生』(矢沢聖子訳、講談社、1993年)がある。

その他[編集]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1944 恋愛聴診器
3 Men in White
ジェーン・ブラウン
1946 殺人者
The Killers
キティ・コリンズ
1947 自信売ります
The Hucksters
ジェーン
1948 ヴィナスの接吻
One Touch of Venus
ヴィナス
1949 賄賂
The Bribe
エリザベス
1951 パンドラ
Pandora and the Flying Dutchman
パンドラ・レイノルズ
ショウ・ボート
Show Boat
ジュリー
禁じられた過去
My Forbidden Past
バーバラ
1952 栄光の星の下に
Lone Star
マーサ・ロンダ
キリマンジャロの雪
The Snows of Kilimanjaro
シンシア・グリーン
1953 荒原の疾走
Ride, Vaquero!
コーデリア・キャメロン
モガンボ
Mogambo
エロイズ・Y・ケリー
円卓の騎士
Knights of the Round Table
グィネヴィア
1954 裸足の伯爵夫人
The Barefoot Contessa
マリア・ヴァルガス
1956 ボワニー分岐点
Bhowani Junction
ヴィクトリア・ジョーンズ
1957 潮風のいたづら
The Little Hut
レディ・スーザン・アシュロー
陽はまた昇る
The Sun Also Rises
レディ・ブラット・アシュレイ
1959 裸のマヤ
The Naked Maja
マリア
渚にて
On the Beach
モイラ・デヴィッドソン
1960 夜と昼の間
The Angel Wore Red
Soledad
1963 北京の55日
55 Days at Peking
ナタリー・イヴァノフ
1964 五月の七日間
Seven Days in May
エレノア・ホルブルック
イグアナの夜
The Night of the Iguana
マキシーン
1966 天地創造
The Bible: In the Beginning
サラ
1969 うたかたの恋
Mayerling
エリーザベト (オーストリア皇后)
1972 ロイ・ビーン
The Life and Times of Judge Roy Bean
リリー
1974 大地震
Earthquake
レミー・グラフ
1975 殺しの許可証
Permission to Kill
カティナ・ピーターセン
1976 青い鳥
The Blue Bird
カサンドラ・クロス
The Cassandra Crossing
ニコール・ドレスラー
1977 センチネル
The Sentinel
ミス・ローガン
1979 シティ・オン・ファイア
City on Fire
マギー・グレイソン
1980 大統領の誘拐
The Kidnapping of the President
ベス・リチャーズ
1985 長く熱い夜
The Long Hot Summer
ミニー・リトルジョン テレビ映画

参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Flint, Peter B. (1990年1月26日). “Ava Gardner Is Dead at 67; Often Played Femme Fatale” (英語). ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/1990/01/26/obituaries/ava-gardner-is-dead-at-67-often-played-femme-fatale.html 2009年6月28日閲覧。 
  2. ^ 名前の Ava についてはエヴァを参照のこと。
  3. ^ [1]
  4. ^ Ava Gardner 1940s, The Pop History Dig
  5. ^ Ava Gardner, TCM website
  6. ^ Frank Sinatra and Ava Gardner. AvaGardner.org .Retrieved 2007-01-04.
  7. ^ マガジンハウス刊「スタアの40年 平凡 週刊平凡 秘蔵写真集」より

外部リンク[編集]