ナイツブリッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナイツブリッジのハロッズ

ナイツブリッジKnightsbridge)はロンドンシティ・オブ・ウェストミンスターに属する地区。高級品を扱う店舗や高級百貨店・ハロッズなどが存在することで知られる。ロンドンのみならず世界でも有数の地価を誇っている。

名称の由来は現在地下水脈となっているウェストボーン川に架けれられていた橋の名による。1141年にはロンドン市民がこの橋においてマティルダ皇后と面会した記録が残されている。

歴史[編集]

ナイツブリッジは聖マーガレット小教区、聖マーティン小教区の一部(後の聖ジョージ・ハノヴァー・スクエア)が位置する村落であった。またこれらはケンジントンやチェルシーの小教区にも拡大した。そのため初期の頃から自治体に分かれていた[1]

エドワード1世の時代、ナイツブリッジの荘園はウエストミンスターの大修道院に属していた[2]。現在伏流水となっているウェストボーン川に架かる橋であるナイツ・ブリッジから名付けられた。1141年、ロンドン市民が神聖ローマ皇后マティルダにナイツ・ブリッジで会ったという記録が残っている[要出典]

1885年から1887年、イギリス極東の貿易が開始し、ナイツブリッジのハンプリーズ・ホールにて日本の伝統的村落に似せた日本文化展示が行なわれた。この展示は好評を博し、数か月のうちに25万名以上が訪れた[3]。日本の職人は慣習、文化、芸術を解説し、美しい民族衣装を身に着けていた。豊かな装飾を施し、ライトアップされた寺院、茶室での5時のお茶、日本の音楽やその他のエンターテイメント、日本の日常生活などが展示された[4]ウィリアム・S・ギルバートとその妻がこの展示を見て、『ミカド』の構想が思い浮かんだ[要出典]。ミカドがココに息子のナンキ・プーの行方を尋ねると、「外国へ行った」と言った後にナイツブリッジへ行ったと答えている[5]

主な施設[編集]

隣接地区[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.british-history.ac.uk/report.aspx?compid=45894
  2. ^ London, David Hughson, 1809
  3. ^ British history online, 'Knightsbridge Green Area: Scotch Corner and the High Road', Survey of London: volume 45: Knightsbridge (2000), pp. 79–88
  4. ^ An advertisement from the Illustrated London News, 3 January 1885, quoted in McLaughlin, para 10.
  5. ^ Arthur Sullivan with English text by W.S. Gilbert. “The Mikado: libretto of the Japanese comic opera in two acts”. 2012年8月18日閲覧。

外部リンク[編集]