ランバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ランバン (LANVIN) は、ジャンヌ・ランバンにより1889年に創業されたフランスファッションブランドである。バーバリーなどと並んで、現代服飾ブランドとしては最も歴史の長い部類に入るとされる。

2011年現在、デザインディレクターはアルベール・エルバスが務めており、さらにメンズウェアにおいてはルカ・オッセンドライバーと共同でデザインチームの指揮をとっている。

歴史[編集]

1889年パリのフォーブル・サントノーレ22番地にジャンヌ・ランバンが開業した帽子店を起源とする。ジャンヌが娘のために作ったドレスが話題を呼び、ランバンは親子服、さらにレディースファッションのブランドへと成長した。1920年代からメンズウェアの展開も開始されている。

日本での展開[編集]

メインブランドである「LANVIN」のほか、日本のアパレル企業とのライセンス契約により日本向けラインとして「LANVIN en Bleu」や「LANVIN COLLECTION」なども展開している。現在、ランバンがライセンスしているのは日本と韓国のみで、ランバンのCEOであるThierry Andrettaは数年のうちに契約を終了してすべてのライセンスビジネスをやめたいと発言しているが[1]、その一方で、イタリアの眼鏡メーカー「デリーゴ」、日本のクラウン製靴と相次いで新たにライセンス契約を締結している[2][3]

メインブランド商品については自社の日本法人が輸入取り扱いを担当するが、香水・コスメ類はブルーベル・ジャパンがライセンスを受けて生産・販売している。また、日本向けラインはラメール、ジョイックスコーポレーション、デサントなど国内企業が取り扱っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ "FT Business of Luxury: Licensing vs Collaboration" Financial Times 2011年7月
  2. ^ 「LANVIN(ランバン)、アイウェア・ライセンス契約を締結」 Fashionsnap
  3. ^ 「ランバン」ファショコン通信

関連項目[編集]